写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

南八甲田唯一の登山道

南八甲田登山道1


南八甲田の猿倉温泉から登山道は、野性的でけっこうハードですよ。急峻とか岩場とかじゃないですよ。自然がすきな人はかなり楽しめます。
 頂上をめざす目的の人はうんざりするそうですが。そういう人たちはピークハンターと言うそうです。「百名山」を次から次へと登って、一度行ったところはもうわかったかのような顔をして二度と行かないような人たち。山の頂上へ登山道を歩いただけなのに、征服(ピークハント)とかいうような言葉を嬉々として平気で使うような人たち。残念ながらこういう人たちはまだまだいます。僕もこの登山道で出会ったのです。「なんだ、この登山道は!」「少しは整備したらどうなんだ」「となりの秋田にはこんな登山道はありえないよ」とブツブツと文句ばかり言いながら歩いていました。
 不幸な人たちですね。
 薮漕ぎも残雪渡りも湧水による泥道も僕なら全ての自然とその変化、季節や年ごとの変容を楽しみたい。頂上へ行く道のものはすべて邪魔物ですか?なぎ倒して進むだけですか?頂上で見る風景だけあればいいのですか?だから山から何の恩恵も受けないのだ。無茶な行動をして遭難しないように祈るしかない不幸な人たちである。

 

南八甲田登山道2



南八甲田登山道3


続きはまた来週。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

スポンサーサイト
2005.09.30[Fri] Post 19:30  コメント:3  TB:0  登山道  Top▲

南八甲田の歩き方


南八甲田の黄瀬川には林道がある。この林道は一般車両は通行禁止になっている。賢明だと思う。この沢をたどると「日本の滝百選」にも載っている松見の滝がある。歩けば3時間半くらいかかる。それで観光客とか釣り人とかのなかには林道を解放しろという意見があるけれど、それはただのエゴというものだ。この林道は私企業が専有しているからよけいにそういう声が上がるのだけれど、それでも歩いて行くのは自由なのだから何も問題ないし、通行止めのおかげで自然が保全されているのだからそれでいいと思う。
 八甲田と白神の自然が奇跡的に残った理由には、大規模な林道がないこと(白神の青秋林道は反対運動で中止となった。)とスキー場の開発がなかったこと(西武-国土グループによる八甲田スキー場の開発も反対運動により中止)が非常に大きいと思う。このふたつの開発があったら今の白神と八甲田の自然はなかった。寸でのところで生き残ったのだ。
 追記。八甲田には(開発計画以前から)ロープウエー1本を使う山スキーコースとリフト1本のわずかなゲレンデがあります。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.29[Thu] Post 11:02  コメント:0  TB:0  山道  Top▲

ブナの森の歩き方

ブナの森


このコースは、赤沼への道。赤沼は蔦沼と比べて知名度は低いけれど、水の透明度は格別です。三浦敬三-(三浦雄一郎の父、かつて八甲田ガイドをやっていた、)は世界一と言ってましたけど、ぼくにはわかりません。深林に囲まれて静寂にたたずむエメラルドグリーンの澄み切った沼までたどりついた時は誰もがため息をつきます。ここまでは快適と言ってもいいトレッキングコースです。残雪とぬかるみが一年中ありますけど、週末にはトレッカーが数人入ってますので踏み跡もあるし迷うこともなく薮こぎもたいしたことはない。沼は酸性が強いので魚はいません。
 この後の赤倉岳まで行くのは至難のわざですね。踏み跡もほとんどないし薮こぎの連続。ルートを間違えると南八甲田唯一と言ってもいい断崖に出ます。僕は4年まえに途中で引き返しましたけど(苦笑)。

南八甲田の赤沼


赤沼2

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.28[Wed] Post 11:15  コメント:0  TB:0  赤沼  Top▲

八甲田の歩き方

ルートとして確立した登山道があるのは北八甲田です。八甲田大岳と高田大岳をめざすいくつかルートがあり、縦走も可能です。ロープウエーもありこれを使えば安易に頂上に立つことも冬ではないかぎりむずかしいことではありません。
 南八甲田には登山道はひとつしかありません。猿倉温泉からめざすルートですが、これも手つかずの自然がもろに残っているような道なき道のようなもので、かなりやっかいな道です。他には赤沼-赤倉岳のこれまた道なき道のルートらしきものがありますが、赤沼までは問題ないけれど、その上をめざすのはかなりの難行です。
 じゃあ、南八甲田はどうやってあるくのか?そま道というのがあります。猟師や山菜採りの歩いた道ですね。これをたどったり沢を登ったりが基本ですね。
次回からそれを少し紹介してみます。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.27[Tue] Post 16:03  コメント:0  TB:0  登山道  Top▲

湿原に咲くチングルマ

チングルマ


チングルマ。これも高原の湿原に咲く花です。バラ科。雪が融けると一斉に咲いて大群落になることが多い。代表的な雪田植物である。高山帯で比較的遅くまで雪渓や万年雪の残る所を雪田と言います。雪が融ける期間はほんの少しなので、雪田植物は、その問に生長し、花を咲かせ、種子を結ばなくてはならない。だから一斉に咲いて大群落となることが多いのです。だからみんな見事に美しく咲こうとするんですねえ。そうでなければ種子を運ぶ虫が寄ってきませんからね。そんなことに思いをはせればよけいに美しい。
 地球温暖化による気温上昇と積雪量の減少が原因でこういった雪田植物は絶滅すると警告する人もいる。

スレッド:花の写真 / ジャンル:写真

2005.09.26[Mon] Post 15:02  コメント:0  TB:0  チングルマ  Top▲

高原の花コバイケイソウ

コバイケイソウ


コバイケイソウという花です。ユリ科の多年生の植物で初夏の代表的な高山植物のひとつ。6年に一回くらいの割合で大群生する。葉っぱは、有毒であり、山菜のウルイとよく似ているので要注意。ブナ帯の上(八甲田で言えば標高1000以上)に咲きます。今年はすごく多かったようです。

スレッド:花の写真 / ジャンル:写真

2005.09.22[Thu] Post 18:00  コメント:4  TB:0  コバイケイソウ  Top▲

原生林と二次林のちがい

ブナの二次林


ここはブナの二次林です。戦前・戦中をとおして伐採されて壊されたブナ林を保護し二次林として再生されたところです。まだまだ再生途中なので大木が百本に一本とかの割合でポツリポツリとしかありません。地面の保水力も足りないし滋養も豊かとは言えません。キノコも少ないし野生動物も少ない。典型的なのは野鳥で、鳴き声が少ないので原生林と比べたらはっきりわかります。特にクマゲラとかは大木の高いところにしか巣を作らないので、広大な原生林でないと生息しないのです。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.21[Wed] Post 18:06  コメント:0  TB:0  ブナ林  Top▲

ブナの話

ブナの純林


ブナの純林というのは、あんまりないんですね。多くのブナ林というのは、ミズナラやカツラやサワグルミやトチノキなどとの混交林なのです。上の写真は、南八甲田のほぼ完全な純林です。写真に写っている木はすべてブナです。
 なぜ純林(極相林とも言うことがあります)が、少なくなったかというと、やはり開発され伐採されて破壊されてきたからなんですね。植林や二次林ではなくて純林になるには、広大な原生林が何百年にもわたって遷移するということが必要なんです。広大な原生林の中心部でブナの純林が育つ。ブナというのは雪が降る気候なら世界中にあるけれど、広大な原生林というのはもうほとんど日本の東北の一部にしかないのです。ヨーロッパなどではほとんど伐採されつくしてしまった。滋養に富み保水力の優れたブナの純林というのは、もう地球の宝と言ってもいいのです。南八甲田でもなかなか見つけれなくなりました。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.20[Tue] Post 12:14  コメント:0  TB:0  ブナ林  Top▲

南八甲田の萢

これも萢。普通の草原のように見えますが、完全な湿地帯で足を踏み入れるとズボズボと埋まります。なかには危険な箇所もあって底なし沼のように吸い込まれてしまうところもあるので、遠くから眺めるだけにした方がいいでしょう。貴重な高山植物を傷つけることにもなりますから。
萢

スレッド:花の写真 / ジャンル:写真

2005.09.15[Thu] Post 11:46  コメント:0  TB:0    Top▲

池塘

池塘


南八甲田の池塘。池塘がいっぱいできているような湿地帯を萢(やち)と言います。萢は夏になると、あたり一面に高山植物のお花畑になり、池塘と草原と合わさってなんとも美しい光景を現出させる。「神の田」と呼ばれることもある。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.13[Tue] Post 16:25  コメント:2  TB:0    Top▲

いびつな自然保護運動

白神では、世界遺産登録以降、周辺の自然破壊がすすんでいることを知っていますか?
自然を保護するためのものなのに保護地域以外の破壊が進んでしまうという矛盾。
こういう現実を見てくると、僕はやはり「自然保護運動」のいくつかは偏りがあるし、まちがった方向すら向いているものもあると思うのです。
 源流とか原生林とかそういう自然を人間と切り離して「保護」する、というのはやはり欧米的な自然と人間と対立的にとらえた思想が根っこにある偏狭な考えだと思うのです。
 今必要なことはたぶん、人間と接しているところの自然を再生することです。里山、里川、里村に豊かな自然を再生することです。(保護地域)「奥入瀬渓流」の下流の川をいきいきとした豊かな川に再生するようなことなのです。無駄と思われる多くのダム・堰堤やコンクリート護岸を撤去してしまうくらいのことが必要なのです。上流部まで上らなくても豊かな自然と接して岩魚やヤマメを釣れるような里川を復活させることが必要だと思うのです。
 600人も収容できる巨大な山小屋があるのを知っていますか?
連日中高年の登山者で満杯だそうです。シャワーも風呂もあるそうです。なかにはシャンプーや石けんを使う人もいてある程度見過ごすしかないらしい。連日600人もの汚水・汚物が一カ所から排泄される。そういう山小屋がいくつもある。自然が破壊されないわけがない。現実に尾瀬の長蔵小屋でゴミの大量不法投棄があったわけで、それが現実です。これはもう登山者のエゴですよ。大自然はいいなあ、と言って自然を汚して都会に帰っていく。600人もの人を収容する山小屋。これ自体もう破壊行為です。この小屋に反対する自然保護運動団体あまりないというのが現実です。
 ところが白神では世界遺産登録以降、2.3人程度が泊まれる粗末なゼンマイ小屋や狩り小屋が次々と撤去されているのです。何百人も泊まれる営業山小屋への批判を棚上げにして見栄えが悪いというだけでゼンマイ小屋の撤去を要請する「自然保護団体」など偽善もいいとこです。

スレッド:雑記 / ジャンル:日記

2005.09.12[Mon] Post 12:48  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

会いにきてくれた美女?

なまめかしい奇木


なまめかしい美女がわざわざ会いにきてくれたとしか思えないような光景にびっくり、というやつです。
 一年前に別のところで、下の木と出会ったのです。


美女2


そっくりですよね。実はその時この木に欲情してた木がいたのです^^:その木にも登場してもらいますか。

ぼっ木?


 ぼっ木という奇木です(笑)。山の神さまは寛容でユーモアにあふれている(笑)。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.08[Thu] Post 18:04  コメント:0  TB:0  巨木・奇木・古木  Top▲

残念な光景3

蔦川


蔦川はすばらしい川です。でも残念なことにぶさいくなな開発の傷跡が残っている。蔦川だけではない。奥入瀬川の下流もそうです。黄瀬川もそうです。これらの川はどこに位置するのかというと奥入瀬渓流のまわりなのです。
 ここが問題なのです。奥入瀬渓流は「保護」されている。それはみごとな程にそこだけきれいに保護されている。その結果どうなったのか?「保護地域」以外のところは野放しに開発されてきた、ということですね、まちがいなく。
 環境庁あたりの「自然保護地域指定」というたぐいにはこういう側面があることを凝視していく必要があるのです。「自然保護運動」という類いにもこういった種類のいいかげんなものがたくさんあります。例えば自然保護運動のBBSやメルマガがたくさんありますが、大半が政府や環境庁のタイコ持ちをしているだけです。行政批判はできるだけ控えています。それどころか「政治を持ち込むな」とかいう的外れな意見が主流をしめているのです。行政を批判しないでどうやって環境保全できるというのか?こうなると単なる都会人のマスターベーションみたいなものですね。戦争は最大の自然破壊です。これに反対の態度の表明すらしない自然保護団体など看板倒れなのはあきらかなのにね。
 ...また少し書き過ぎてしまったようです^^;これぐらいにしときます。友人にも、飲み過ぎと書き過ぎは控えるようにって言われてますから(笑)

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.07[Wed] Post 16:15  コメント:0  TB:0  蔦川  Top▲

残念な光景2

ダム


水を満々と貯めたダム。ダムの下流をのぞくとがっくりします。
奥入瀬川


これじゃあ、ヤマメはどこへいけばいいの?
里川で釣る人はいなくなり、みんなどんどん上流へ向かう。自然を愛好する人が山を荒らすという構図が出来上がる。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2005.09.02[Fri] Post 14:11  コメント:2  TB:0  ダム  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。