写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

岩魚の刺し身と熱燗

熱燗

熱燗はコッヘルに酒を入れて火のそばい置いておけばいい。岩魚の刺し身は、3枚におろして皮をはぐ。活きがいいと皮はきれいにはがれる。きれいにはがれないのは傷んでいる証拠。さしみはやめた方がいい。岩魚は傷みやすいので僕は現地でしかさしみは食べない。岩魚は釣ってもアミに入れて生かしておく。長い時間を持ち帰る時は野締めにして腹をとって持ち帰る。春なら雪のなかに隠しておき帰り道に持って帰る。街までお土産にしていっぱいとって持ち帰るというのは最近ぼくもやらなくなった。現地で食べる分だけ捕るということにしている。さしみは甘みがあってたまらない味です。

岩魚のさしみ

スレッド:食べ物の写真 / ジャンル:写真

スポンサーサイト
2006.01.31[Tue] Post 15:38  コメント:0  TB:0  キャンプ  Top▲

源流への旅後半

最終堰堤を越えれば源流はもうすぐそこです。ここまでが半分の行程。そろそろ野営の準備をしなければならない。河原にテン場をさがす。それと問題は岩魚がいるのかどうか。
いましたねえ。いたいた。ひとりほくそ笑む^^;
キャンプ

6月以降ならテントなんていらない。タープで十分。そのかわり薪を山のように拾い集めて、一晩中たく。ミズ、バッケ(ふきのとう)、山ウド、タケノコとかを拾ってきて、岩魚を2.3匹釣って、米を炊いて、みそ汁を作って、そしてもちろん熱燗をつけて飲む^^ぬぐまる。あずましい。極楽。寝るときはシュラフだけではだめでシュラフカバーが絶対必要。夜露に濡れるし、暖かさも倍ちがう。熊が出たらどうするかって?ジッツオの三脚振り回すしかねえんだろうなあ^^:熊が逃げることを祈る、だな(笑)

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.31[Tue] Post 12:33  コメント:0  TB:0  源流  Top▲

最終の堰堤を越えて

ダム10

直接越えるのは無理でしたね。もう一度下って高巻く。1時間ほどの高巻きになった。巻いてから降りる場所が40mほどのガケ。20mのザイルを使いながら懸垂下降。
堰堤湖

泥が堆積しているのがわかると思う。これが少しづつ排出されて堰堤の下流に流され川を汚してしまうのだ。堰堤の直下の川の石には泥が付着していてあまりきれいな流れとは言えないものだ。

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.31[Tue] Post 11:49  コメント:2  TB:0  源流  Top▲

堰堤を次々に越えて

ダム6


ダム

ダム8

いろいろな堰堤を越えていよいよ最終の堰堤にたどりつく。堰堤は直接越えるのか、高巻くのか判断しなければならないが、たいてい堰堤の上には堰堤湖があるので高巻くしかなくなる事が多い。夏なら荷物を全て防水パッキングして泳ぐという手もある。この堰堤はとりあえず直登してみた。(続く。)

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.31[Tue] Post 11:34  コメント:0  TB:0  源流  Top▲

林道と堰堤

ダム5

林道が沿っている川はめずらしいが、黄瀬川には閉鎖された林道があって歩きやすい。10分も眼を凝らしてみていれば岩魚の遊泳が見られる。

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.30[Mon] Post 16:17  コメント:0  TB:0  黄瀬川  Top▲

堰堤を乗り越えて源流へ

ダム3


八甲田山麓の川は、ダムがあるといってもきたないわけでは決してない。源流と比較した場合の話です。南八甲田は登山道もほとんどない(たったひとつ未整備のものが猿倉にあるが、登山者が列をなすという事態は皆無)し、山小屋も一軒もないので人間の排水で川が汚れることはありえないのです。
 歩いていてゴーっと言う音で、滝か堰堤が近いなあと悟ってワクワクするわけです。人工物の堰堤であっても、山深く何時間も歩いてそこに到達すると感慨深いものです。ダム4

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.30[Mon] Post 16:06  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

源流へ行ってみよう

ダム


およそ日本のあらゆる川にはダム=堰堤がたくさんあるんですね。ないのはそれこそダムがないので有名になった四万十川ぐらいのものでしょうか。ダムがないおかげであの川は全流域で清流と言われている。とすればダムのないところまで行けば清流になるのか?当たりですね。ほぼまちがいない。ダム越えるほどに水はきれいになってゆく。
 源流とは最終堰堤の上のことでしょう。それはもうそこはケタちがいの透き通るような水が湧いている。(例外、その上に山小屋があるところはダメ)。そこへ行くには幾つ幾十もの堰堤を越えなければならない。人工物だけでなく滝やゴルジュも越えなければならない。たいがい1日じゃ無理で、2.3泊の野営が必要です。
ダム2

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.30[Mon] Post 15:35  コメント:2  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

悠々たる岩魚

岩魚

足元を悠々とゆく岩魚。

岩魚


景色にとけ込む岩魚が見えてますか?

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.27[Fri] Post 18:13  コメント:0  TB:0  岩魚ほか  Top▲

美しい渓魚たち

釣り上げたばかりの渓魚はみとれるほど美しいものです。川によっても顔つきがちがう。僕は食うために釣りをするけれど、そればかりじゃない。どんな面構えをしているか、この沢にはどんな岩魚が生息しているか、今年は大きく育っているか、そういうことに思いをめぐらせながら竿を振っている。
<源流の岩魚>
岩魚

<里川近くのヤマメ>
ヤマメ

<釣り人が出入りしている渓流の岩魚>
岩魚

<名無し沢の岩魚>
岩魚

<緑色の斑点をつけためずらしい個体>
岩魚

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.27[Fri] Post 12:53  コメント:2  TB:0  岩魚ほか  Top▲

こんな川にしてどうするつもりなのか?

河川工事4


河川工事5


河川工事6

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.27[Fri] Post 11:16  コメント:0  TB:0  渓流  Top▲

里川の魚がなぜ少なくなったか?

源流に行くとまだ岩魚はけっこういるんです。里川の魚は激減している。特にその流域に棲むヤマメの減少はかなり深刻です。今やむしろヤマメの方が幻の魚になりつつある。
 里川から源流までをずっと歩いてみるとある程度わかりますね。
*過剰な護岸工事。ダムが多すぎる。魚道に工夫がない。
*もちろん、森林の開発も大きい。
*それと、残念だけど、釣り人の増加-釣り過ぎもかなり影響していると思う。
護岸

護岸やりすぎ。ゼネコンのための工事。
ダム

とってつけたような魚道。これじゃあ魚は上がれない。

河川工事

理解できない河川工事。
残念だけど、美しい自然を残すためには、こういう見たくない写真も撮らなければならない。

スレッド:自然の写真 / ジャンル:写真

2006.01.26[Thu] Post 12:18  コメント:5  TB:0  環境問題  Top▲

里村を流れる奥入瀬川

奥入瀬川


八甲田の水を東側に供給している最大の川は奥入瀬川です。この川には蔦川や黄瀬川などの多くの川が合流していて、太平洋まで到達している。子供の頃はウグイ、ヤマメ、ニジマス、イワナを容易に釣り上げることができた。今は?時々今でもやってみますけど、熟練の技^^を持ってしてもうまくいって数匹がいいところかな。岩魚

2006.01.25[Wed] Post 15:52  コメント:3  TB:0  八甲田山  Top▲

懐かしさのしみる山なみ

なにげない里山からはるか眺めた山脈(やまなみ)。この写真は、僕の八甲田への思い入れの原点のようなもの。原風景と言っていいかもしれない。しみるような懐かしさがこみ上げてくる景色です。子供のころからずっとこの景色を見て育ってきた。
 この景色には日本の風土と生活もそのまま写っているような気がします。おそらく日本のいたるところで見られるであろうこの景色。水をたたえた田園風景の向こうに豊かな山脈が横たわっている。実は稲作文化こそ水を供給する豊かな山を守ってきたにちがいないと知らされるような風景です。右手高峰が高田大岳、左手に南八甲田。十和田市からの眺め。十和田湖町

2000年5月撮影。ジナーP/ニッコール135mmF5.6
(わざわざスタジオ用の4×5ビューカメラを使用したのは、絞りF45がほしかったこと、PLフィルターを使ってエクタクローム64実効感度ISO50だとどうしてもスローシャッターになること、遠景まで晴れ渡るのは風の強い時であり、重いボディの方が有効なこと、を考慮してジナーFからPに交換する必要があったということです。Fは軽いけれどヤワですから。)

 山が荒れていて入山できないようなので、きょうからしばらく過去にぼくのホームページi.Studioに掲載していた写真(現在都合により閉鎖中)をいくつか紹介します。

スレッド:山の写真 / ジャンル:写真

2006.01.25[Wed] Post 13:31  コメント:2  TB:1  八甲田山  Top▲

ゴジラだな-モンスター(=樹氷)

ゴジラモンスター


スレッド:なんだこれ / ジャンル:写真

2006.01.23[Mon] Post 14:07  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

絶景モンスター群像

モンスター全容1

見渡すかぎりモンスターの異様な絶景です。ここのブログは250kしかアップできないので伝えきれない。
下の写真は、一枚の写真から4つに分割したものです。
モンスター全容2


モンスター全容3


モンスター全容5


モンスター全容4

スレッド:冬の風景 / ジャンル:写真

2006.01.20[Fri] Post 13:38  コメント:5  TB:0  樹氷  Top▲

八甲田山雪中行軍遭難の現場

田代平の冬


2005年12月2日の田代平です。まだ積雪80cm程度でした。今は350cmを越えているようです。百年前の199名の行軍遭難者に合掌。

スレッド:冬の風景 / ジャンル:写真

2006.01.19[Thu] Post 14:58  コメント:0  TB:0  八甲田山  Top▲

また寒波が

来てますね。山麓の酸ヶ湯温泉の今日の気温は-13.2℃です。八甲田周辺の道路が通行止めになっています。
「県道路課によると、十九日午前七時半、吹雪による視界不良のため、国道394号(城ケ倉-沖揚平)、県道田代十和田線(八甲田温泉-田代十文字)、国道394号(田代十文字-谷地)の三区間が通行止めとなった。」
 田代十和田線というと、例の雪中行軍事件で199人もの死者を出した現場です。世界最大の山岳遭難と言われるこの事件が起こったのも明治35年の1月23日ですからこの時期。映画「八甲田山」を観るとわかりますが、天災の怖さばかりクローズアップされているけれど、むしろ人災なんですよね、あれは。計画が無謀すぎた。
 東奥日報の記事抜粋(2002.1.25)
「青森地方気象台に残る当時の測候所の天気図によると、一九〇二(明治三十五)年一月二十三日朝、関東付近にあった低気圧が北東に進み、夕方には八戸沖を通過、二十四日午後には千島南部に進んでいる。等圧線は南北に伸び、西高東低の典型的な冬型の気圧配置だ。
 二十三日から二十七日までは、いずれも真冬日。二十四日は最低気温が氷点下一二・三度、日中の最高でも同八・五度だった。この期間の気象状況を、同気象台は「平均気温が平年より三-八度も低く、特に二十四、二十五日は日中の最高気温が氷点下八度、最低気温が氷点下一二度以下など、最近では例のみない大寒波」と解説する。
青森大学雪国環境研究所で雪中行軍を研究していた杉見良作さん(71)は、気象記録を基に行軍当時の標高ごとの気温を試算している(表参照)。標高七百三十メートル付近の馬立場付近では最高で氷点下一三度、最低で同一六度ほどになったとみる。

 さらに、日本海から津軽平野を縦断し雪を含んだ南西風と、陸奥湾からのシベリアおろしが八甲田の峰々を互いに回り込み、ぶつかり合い、乱気流を発生させる。杉見さんは「山中での体感温度は氷点下二〇度を下回っただろう。行軍二日目に前夜の露営地付近にいつの間にか戻ってしまったのは、渦巻く風の影響を否定できない」と語る。...」

 なんか今年の気象状況とそっくりですね。1998年から通年営業になった谷地温泉とか酸ヶ湯温泉が少し心配です。

スレッド:日記 / ジャンル:日記

2006.01.19[Thu] Post 13:28  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

秘湯のいいところ

昼にぶらっと入ると誰も入っていなかったりして、たったひとりで温泉につかれたりする。八甲田元湯もそうだった。露天風呂にたったひとり。なんて贅沢なんだ。おれは貧乏だけれど心の贅沢は誰よりもしてるぞって湯船に素っ裸をたゆらせながら一人満悦してたりする。りっぱな温泉旅館やホテルの混雑した湯船じゃあそんな感傷に浸れっこない。
 (八甲田元湯はつぶれてしまった。谷地温泉も外資が入って変わりつつある。400年も悠々と続いてきた湯がなぜここたった2.30年でおかしくなってしまったのか?1980年以降の日本というのはやはり何かドラスチックにおかしくなっているのではないか?と思えてくる。)
 僕は単独行でないと写真のイメージが湧かない。仲間とワイワイやるのも好きだけど、人がいるとそっちに気を使ってしまう。そんなんじゃ写真を撮れない。案外不器用なんだな。そもそも都会にいると人間関係に時々疲れてしまう。人間関係って難しいなあってしょっちゅう思ってる。ほんとにわかり合える人って何人いますか?なんてことは三脚と釣り竿をかついで沢を上っていれば頭の片隅にすら出てこないのだ。こんなこと書くなんてほら、もう僕はもうどんどんストレスをためている。それが撮影のエネルギーなのかもしれないな。これが僕のスタンスなんだ。だから山に移住してはいけない。きっと写真を撮らなくなる。かな?

スレッド:写真日記 / ジャンル:日記

2006.01.17[Tue] Post 18:10  コメント:4  TB:0  日誌  Top▲

雪に埋まる一軒宿-谷地温泉

谷地温泉


一軒宿の谷地温泉にたどりつく。看板がりっぱになっている。以前はほんとに湯治場だけでさびれたいい雰囲気の、ほんとに秘湯という温泉だったけれど、最近外資が入ったらしくて、観光客も泊めるようになって少しまとも?な宿になってきた。なんだかさみしい。前は混浴だけだったけど今は女性専用風呂もある。総ヒバ作りで風呂は文句なし。あずましい。入湯料¥350というのもこの辺では一番安くてうれしい。蔦温泉¥500、猿倉温泉¥700、酸ヶ湯¥600、だったかな?谷地温泉

スレッド:四季 ー冬ー / ジャンル:写真

2006.01.17[Tue] Post 14:21  コメント:1  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

シンシンと降る雪

雪のブナ林


ドカドカは豪雪でつらい、ピューピューは吹雪できびしい、ボタボタは春の雪でいやなもの、...雪の表情も色々です。シンシンと降る雪は粉雪で心にしみる雪かな?
 吹雪止み しんしんとして 暮れる森
 しばれ足 雪ばまだいで 温泉さ
てな俳句つくる余裕はその時は全然なくて、腰まで沈む雪をけっとばしながら温泉に急いだのでした(笑)。

スレッド:四季 ー冬ー / ジャンル:写真

2006.01.16[Mon] Post 17:25  コメント:0  TB:0  ブナ林  Top▲

雪が悪者にされているけれど、

スノーモンスター


雪害や雪の怖さばかりが報道されているけれど、
このアオモリトドマツのように樹氷というモンスターの纏いを羽織ることによって厳しい冬を乗り越えているものもある、とあえて言いたくなるような近頃のメディア、、、。

スレッド:写真にコトバをのせて / ジャンル:写真

2006.01.14[Sat] Post 23:01  コメント:7  TB:0  樹氷  Top▲

湧水に癒される

湧水/冬

冬の森を歩いていても湧水に出会うとホッとする。なんでかなあ。手袋を脱いですくって飲む。手は冷たいけれど、のどを通る水はそんなに特別冷たい感じはしないものだ。2005.12.3

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.13[Fri] Post 14:25  コメント:0  TB:1    Top▲

堰堤も見納めか

堰堤・冬


冬の堰堤越えはつらい。へっちょかく、というあんばいだべが。ソールにスパイクをつけ替えて上る。高巻きは沢歩きの宿命のようなものです。上りきればさわやかなもんです。ぐれっと見渡せる。

スレッド:四季 ー冬ー / ジャンル:写真

2006.01.12[Thu] Post 17:50  コメント:0  TB:0  ダム  Top▲

Suuntoのリストウォッチ買ってしまった。気温、高度計、気圧計、コンパスがついている奴です。金もないのになんでこんなの買うのかねえ。あんまりこういう機械ものは好きじゃないんだけどね。あぶない、あぶないなあ。もうおれは冬山に行く準備をしてるじゃないか。酸ヶ湯温泉で積雪4mで、八甲田も1月初旬としては記録的のようです。2月になったら7m越えるんじゃなかろうか?冬山どシロートなのにもうその気になってる、あぶねえ(笑)。駅の行き帰りは知らず知らずのうちに走ってるし、スタジオでスクワットもやったりしてる(笑)。厳冬期の装備がまったく足りない。資金繰りが一番の問題だ(冷汗)。でも後50年こういう寒気がこなかったらきっと後で後悔するよね。さーてどこで金こさえるべえか。今月の家賃も未払いなのに何考えてんだろおれ。
2006.01.12[Thu] Post 11:55  コメント:2  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

凍てつくダケカンバ

凍てつくダケカンバ

スレッド:冬の風景 / ジャンル:写真

2006.01.10[Tue] Post 15:41  コメント:0  TB:0  雪華  Top▲

凍える渓流2

凍える渓流2


川の中に踏み込んで濡らした足から寒気が全身に回ってきて震えが止まらない。レリーズを持つ手の震えを抑えるのがやっかいであった。「ひゃっこい、ひゃっこい」とか言いながらシャッターを切っている。山頂とはまた別のしみいるような寒気。「たまんねえ、しねぐれだな」引き上げて靴下替えないと凍傷になると思い、三脚をたたもうとしたが水に濡れて凍りついてどうにもならなかった。長いままかついで帰った。森に戻ってストーブを出して暖をとり靴下を替えた。ついでに雪を解かして湯を沸かしコーヒーを入れた。「ふー、たまらん、たまらん、あづましいなあ」。山でぶつぶつ独り言を言うのは僕のくせである。しかし決して「ひどいなあ」とか「最悪」とか文句をたれてはいけない。山の神様が聞いているからね。あづましい、と言うのが礼儀である(笑)。

スレッド:冬の風景 / ジャンル:写真

2006.01.08[Sun] Post 16:05  コメント:4  TB:0  蔦川  Top▲

三浦敬三-伝説の八甲田ガイド

三浦敬三さんが亡くなられました。享年101歳でした。
敬三さんは、かつて八甲田の山岳ガイドをしていたんですよね。僕はガイドを頼んだことはないけれど、敬三さんがいたら頼んでみたかったなあ。
 追悼をこめて三浦敬三氏の八甲田について書かれたの文を紹介します。
「十和田湖・八甲田・奥入瀬」昭文社から
「......、ここ数年の間に、私はヨーロッパやオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、さらにヒマラヤ、最近ではキリマンジャロなど30数回の旅に恵まれた。そのすばらしい岩峰と氷河、それらは全く驚嘆すべきものだった。こうして歩く度毎に私はこれらの山々と十和田周辺とを比較してみる。ヨーロッパやヒマラヤの山々は、森林限界を遥かに越え、....きびしい荒々しい、...するどく胸に迫り胸に迫り魅了されるものである。だが、絢爛たる十和田の秋、新緑の頃の奥入瀬の心の底までにじむような自然それは暖かい、うるおいにみちたものだった。こうした日本的な美しさは、冷厳なヨーロッパのそれと匹敵するものであろう。いつも私はヨーロッパの景色と較べて日本のはどうかと問われるが、その度毎に、十和田、奥入瀬のうるおいのある美しさは世界でも稀に見るものではないかと思ってますと答えているが、これは決して誇張ではない。.....それは日本の誇るべき風景であり、その美しさはいつまでも保持されて行かねばならないものだ。」
 今年の冬は記録的な寒波です。八甲田も、秋も熟さないうちに一気に真冬に突入してしまいました。落果しないうちに雪に埋もれてしまった樹々。異常気象が心配です。敬三さんも案じて逝ってしまったにちがいない。合掌。
雪果実

マユミの実。真弓というくらいで昔、この木で弓を作ったらしい。

スレッド:気になるニュース / ジャンル:ニュース

2006.01.08[Sun] Post 12:00  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

凍える渓流

凍える渓流



スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.08[Sun] Post 11:56  コメント:2  TB:0  蔦川  Top▲

森の長老に新年のご挨拶

古木の夜明け


みなさん、新年明けましておめでとうございます。
アルペン派の人たちなら、山頂からご来光とくるのでしょうが、森派(?)のわだば、森一番の古木=長老にご挨拶せねばなるめべが?ま、そんなにセクト意識あるわけじゃないけど、アルペン派のようにピークをめざすのもひとつのいき方。それはそれでもいい。ただ最近の「百名山」征服派みたいな、とにかくてっぺんをなりふりかまわずめざす、というのはなんだかなあ?と思う。結果だけが求められるという現代社会のひずみをそのまま山に持ち込んでいるだけのような気がしますが。
 まあそったらこどはどんでもよくて、...
安らぎと考える時間をくれた山の神様に感謝しましょう。手打ち、パン、パン。みなさん、今年もよろしくおねがいします。
古木の夜明け


スレッド:朝日の写真 / ジャンル:写真

2006.01.02[Mon] Post 13:44  コメント:4  TB:0  巨木・奇木・古木  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。