写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

半端な気持ち

星空2

まったく気に入らない。
長期滞在して3000を越えるカット数を撮ったというのに納得した写真がたった2枚しかなかったというのが気に入らないけれど、その原因を作ったのが自分であるというのがよけいに気に入らない。
今度の仕事は、こういう性格のものだから、こういう感じでいいんだろうという、そういう半端な気持ちであったということに今更ながら気づいたわけで、そのだらしなさ、勇気の足りなさに僕は愕然としているのだ。
写真は正直だ。その半端さが現れている。
天候に恵まれなかった、なんてことじゃないさ。感性をギリギリ研ぎすましてないから、半端な場所で半端な天候でこれでいいと思うひからびた感性でシャッターを切っているのさ。妥協は必要だけれど、そんなものはセレクションの時にすればいいんだ。撮影の時に妥協してどうするのさ。だから神様は微笑まない。
 最終日に現れたウサギの意味がようやくわかった(笑)。あれは山の神がせせらわらっていたわけだ。仕切り直しだな。だけど今すぐ八甲田にとぶわけにいかない。スタジオに仕事が残っている。人生ままならない(笑)。
スポンサーサイト
2007.05.31[Thu] Post 10:56  コメント:0  TB:0  星空  Top▲

八甲田の星空

星空


西に日が沈み、北八甲田の稜線がシルエットで浮かび上がる。
3週間いたけれど、空が抜けきった日が一度もなくてどうにもならない。チャンスらしき日は2度だけあったけれど。
この写真は、またいつか撮り直さねばならないなあ。
2時間立ち尽くして待つのだけれど、雪の上なので冷え上がってくる。そんなことを4.5日くりかえして結局アウトだ。場所が悪いのかもしれない。そんな安易に最高のショットが撮れるものか。山の神はきっとそう言っているのさ。

(星空は別の場所でもう一シーン撮りました。)
2007.05.30[Wed] Post 14:33  コメント:0  TB:0  星空  Top▲

つたうるしの新緑

つたうるし新緑


まさか杉が新緑?
ちがいますね。つたうるしが新緑しているんです。
あまり写真に撮る人がいないので日陰者のようですけど、これはこれで春の生命力を感じさせる風景ですね。

Canon EOS1DsMKII EF17-40mm F4L

普段は、カメラの重量を考慮してEOS5Dを携行することが多いんですが、森や樹々を撮る場合、1200万でもまだ画素数が足りないなあと思っていたので、今回は1670万画素の1DsMKIIをより多く使ってます。A3までのプリントを考慮すると、けっこう違いが出てきますね。そのちがいについてはそのうち比較アップしてみようかと思ってます。
2007.05.28[Mon] Post 15:30  コメント:0  TB:0  新緑  Top▲

萌葱色の芽吹き

木の影

深い山はまだ冬を纏っているけれど、日差しははっきりと春のものである。
4月の下旬になって山麓から急速に芽吹きがはじまった。ブナの芽吹きは日に日にどんどん山を駆け上がっていく。その様子を「ブナの峰走り」とも言う。
 芽吹きの頃は、新緑とはひと味違って完全な緑ではない。ほんのりとした黄みどりに近い。萌葱色または萌黄色(もえぎいろ)と言う。
萌葱色


Canon EOS1DsMKII/ EF17-40mm F4L
2007.05.25[Fri] Post 18:00  コメント:0  TB:0  新緑  Top▲

異常気象の脅威!これはなんだ?

ダウンバースト?

ダウンバースト?2

ダウンバースト?3

ダウンバースト?4

ダウンバースト?5


ぞっとするような光景に出会ったのは、十和田湖の宇樽部から瞰湖台に向かう旧道だった。
周囲2.3百m近くにわたって、軒並み大木が打ち倒されていた。
いったいこれはなんだ?竜巻?ダウンバースト?まるで見た事もない光景だった。そういえば雪崩の後はこれに近い感じだった。ここは雪崩があるような斜面ではない。ということは、雪崩と同じような何百トンものエネルギーの風が吹いたということだろうか?恐ろしいですね。テントなんか張っていたら宙に舞ってましたね(ゾーッ!)
 2年前にも南八甲田の猿倉の方でこういう現象が確認されています。それはダウンバースト=「局地的・短時間に上空から吹く極端に強い下降気流」(wikipedia)と当時は予測されたのですが、
こんな狭い範囲でこんな極端な風がふくもんでしょうか?
 それにしてもここ50年くらいはこんな現象は見た事も聞いたこともありません。やっぱり気候はおかしくなってますね。嵐や異常気象が激しくなっているような気がします。去年秋の集中豪雨もそうでした。八甲田観測史上最大の集中豪雨だったのです。こうなると地域の自然保護だけ訴えてもどうにもならないですね。

2007.05.24[Thu] Post 12:58  コメント:4  TB:0  環境問題  Top▲

テンが遊ぶミズバショウの湿地帯

テンが現れたのはミズバショウが見事に群生する湿地帯だ。
森から湧き出す多くの水を集める沼へとつながる湿地帯である。雪は湧き水の沢沿いに融けてゆき、融けたところから次々とミズバショウは芽を出し花を開いてゆく。
ミズバショウの開花は、冬の終わりを告げる山麓のお知らせなのだ。南八甲田の長い5ヶ月の冬の終焉は美しい花の群生が知らせてくれる。

ミズバショウ

2007.5.5 Canon EOS1DsMKII EF16-35mm F2.8L II USM

ミズバショウ2


2007.5.1 Canon EOS5D EF300mm F2.8L IS USM


僕はこの湿地帯で、あるシーンの出現を待って5日間居続けた。ようやく撮れたんですけど、これは広告写真屋の性ですかね。ベストのセッティングができるまでやり直しし続ける。それが自然相手ですから待つしかないわけです。
その写真は残念ながらまだここで公開できないですけど、そのうちどこかでお見せできると思います。
2007.05.21[Mon] Post 10:42  コメント:0  TB:0  ミズバショウ  Top▲

生き物たちの春

テン

テン2

テン3

テン4


テン5


初日にいきなりまたテンがあらわれた。
撮り逃してしまった。予想もしていなかったから望遠レンズなど用意していない。セットしていたのは24mmの広角。

ところが、次の日、またあらわれたのだ。今度はまた出るかと思い、サブの20Dに200mmをつけて一応用意していたのだ。
まさかがほんとになって驚いたのは僕の方だ。まさかまさか連日あらわれるとは。200mmでも足りない。あ~あ。300mmにしとくべきだった。後の祭り。
 テンがあらわれたのは、その後3週間待ってもそれっきりだった。あのテンは、山の神のごあいさつだったべが^^;写真はいまいちだったけど、いいものを見さしてもらいました。

 3月に撮ったものよりは痩せていたように見えた。

驚いたのはもうひとつ。
明日帰るという最終日のこと。
腰をおろして三脚をたたんでいたら、ほんとに目の前にウサギがあらわれたのだ。ほんとにびっくりした。一瞬こっちをのぞいてそのままピュンピョンと走り去った。あわててカメラをむけて撮ったボケボケの写真が下。

ウサギ


けものたちも、春に誘われて出てきたということですね。けものたちに会うとなぜかウキウキしますね(熊には会いたくないけど、)中間日ごろにはキツネにも会いました。写真はまったく撮れず。みんなこっちの顔を見てから立ち去るんですね。慌てて逃げるそぶりはまったくないのです。
2007.05.19[Sat] Post 16:12  コメント:0  TB:0  野生動物  Top▲

4号線を南下中

新緑


高速道路を使わず4号線を南下して東京に向かってます。
現在、滝沢インターあたりです。十和田から旧南部藩領を走ってきたわけです。
ここは南部人にとってのふるさとです。
ただ走っているだけで心に滲みるなあ。
昔は東北自動車道はここ滝沢までしか通ってなかった。

よみがえる。
30数年前、アメリカのベトナム北爆が激化していた頃、同じように僕はこの道を走って東京に向かっていた。
ぼくは逡巡を断ち切って、いまから思えばぼくの人生の最大と言ってもいいある決意を、ハンドルを握りしめながら固めていた、そういう街道なのです。そういえば、その頃僕は、「南部」という名前を使っていた^^;。

そのある決意から6年間の「激闘」の後、挫折して燃え尽きたように失ってしまった熱、あの時持っていたそういうものを僕はまた今、取り戻したようだとこの道は思いださせてくれたようです。...疲れているので少し感傷的か(苦笑)。

八甲田は、新緑真っ盛りで、最高の季節を向かえていました。少し残念だけど、スタジオの仕事もたまってきたので帰るしかなかった。芽吹きから新緑まで3000枚を越える膨大なカットを撮りました。帰ってから整理が大変です。
(一部車中で文章を書き、今はスタジオにもどってアップしています。)

2007.05.18[Fri] Post 13:59  コメント:0  TB:0  新緑  Top▲

現地から 2

今回は、あまり川に入らずトコトン森を歩いてます。
アカゲラとテンに出会い何とか撮影できました。出来は不満だな。本筋の撮影を終えたら追いかけようかな(-.-;)写真は帰京したらアップします。
ではまた。
2007.05.10[Thu] Post 05:27  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ブナの芽吹き

今日で入山して8日目です。ようやく山麓の方で芽吹きが始まりました。
携帯電話でアクセスしているので入力がめんどうです。
今までは芽吹きを待ちながらミズバショウ等を撮ったりロケハンしたり、割りとのんびり。あすから原生林まで入っていよいよ新緑撮影の本番かな。
皆さん、コメントどうもありがとう。携帯の入力がままならないのでこんな返事ですみません。ではでは。
2007.05.06[Sun] Post 04:23  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。