写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

銀河九天よりおつる

星空

そう書いたのは李白だったかなあ?

ブナの原生林から覗く夜空。
スポンサーサイト
2007.11.30[Fri] Post 18:15  コメント:0  TB:0  星空  Top▲

黄瀬沼_3

黄瀬沼
黄瀬沼

2007年10月12日 紅葉はまだ7分くらいかなあと思っていたこの日の夜、初雪があった。
 EOS1D Mark III /EF24-105mmF4L IS
2007.11.30[Fri] Post 10:01  コメント:0  TB:0  湖沼  Top▲

山上湖への道_2黄瀬沼へ

黄瀬沼

一時間ほどの薮漕ぎを抜けると突如黄瀬沼が見えてくる。

黄瀬沼

沼のまわりはすべて高層湿原になっていて、その保護のために木道がついている。

池塘

池塘

ヒツジグサが紅葉していた。池塘をこんなまじかに木道からはずれることもなく見られるのはここぐらいのものだろう。黄瀬萢にしろ北八甲田の毛無岱にしろ木道をはずれるというルール違反を犯さないかぎりまじかで池塘を撮ることはできないと思う。かつては、田代平にしろ仙人岱にしろもっと高層湿原は大規模に残っていたのである。湿原保護のためにも登山道を整備し木道も整備しろという主張は現実に即していないと思う。なぜならアプローチのきびしいここの湿原は荒らされていないという現実があるからだ。例えば整備されている尾瀬の湿原は保護が行き届いているだろうか?そういう現実はない。歩きやすい登山路は快適にきまっているけれども、いま僕らはそういう快適さを少し我慢する時代になったという認識が必要ではないだろうか?

高層湿原
高層湿原

草紅葉が柔らかくて実に美しい。しゃがんでまじかに見るとふんわりとした淡い緑色の苔が覆っていた。柔らかさを感じたのはそのためかもしれない。
(EOS1D Mark III /EF24-105mmF4L IS)


2007.11.29[Thu] Post 13:32  コメント:0  TB:0  湖沼  Top▲

山上湖への道_1

 十和田湖も山上湖と言ってもいいかもしれない。
十和田湖
十和田湖(ジナーP4×5 ニッコール135mm )

蔦六沼も山上湖に充分に値する。どれもがバラエティに富んでいて美しい。
長沼
蔦六沼のひとつ、長沼。

赤沼
赤沼
赤沼となると、深田久弥もとりあげているが、山上湖としてのすべての条件を満たしている上に、別格の透明度と美しさから格上の湖と言っていい。横沼もアプローチが深く神秘性のある湖だ。

それでも、僕が、八甲田の格別な山上湖をあげよと言われれば、黄瀬沼をあげる。

 櫛が峰、駒ガ峰、乗鞍岳という南八甲田の主峰群に囲まれた高層湿原の真っただ中に位置する。隣接する黄瀬萢は日本最大級の高層湿原で数多くの池塘が点在する。それどころか、この沼自体が巨大な池塘なのではないかと思われる。
黄瀬萢
黄瀬萢
黄瀬萢木道
黄瀬萢の木道
黄瀬萢の池塘
黄瀬萢の巨大な池塘

 アプローチの深さもこの湖の神秘性を高めている。
 かなりの健脚でも4時間はかかるし、猿倉の登山道から沼へ降りてゆく道は2mをゆうに越えるネマガリタケの薮漕ぎが1時間も続く。苦労してたどり着いた分、眼前に飛び込んでくる湖の雄姿は特別なのだ。

 乗鞍から下るルートならばもっと苦闘しなければならない。薮の密生度がちがう。足元すら見えないのでかがみながら、わずかなケモノ道のような痕跡をたどるしかない。誰もが早く抜け出したくなってゲンナリするだろう。赤沼から赤倉岳へのコース、櫛が峰から十和田湖へのコースと匹敵して登山道としてはある意味で日本最強のコースかもしれないね。こんな素敵なコースを整備しろという意見には僕は反対だ(笑)。もっともそれは「登山道としては」の話であって、登山ルートをほとんどたどらない僕としては、一週間も野営しながら南八甲田をゆけばかならず一度や二度はもっと絶望するような薮地獄に迷い込んでしまうのは多々あるのだからたまらない。何度経験しようとも慣れっこなどとは言えない。雪山でホワイトアウトに遭遇した時と同じぐらいにゾッとする。2m先が前後四方まったく見えないのだからホワイトアウトと状況はいっしょなのである。しかもホワイトアウトとちがって待っていても視界が良くなることはない。ネマガリタケのタケノコはクマの好物でもあるし、薮漕ぎの最中にけものの臭いがしてきた時にはクマの恐怖とも闘わなければならない。耳と鼻を最大限に効かして、ひとりで歌でもうたって、平泳ぎのようにタケをかきわけながら愉しんでとにかく前に進むしか方法はない。

 人間なんてほんとに微力だと思い知るのはこういう時である。

 ネマガリタケは南八甲田の最奥部では3mにも達するものもある。その太さは親指とひと差し指で輪を作ってもつかみきれない程にもなる。一時間格闘しても200mしか進めない時すらある。そんな薮をクマならけた違いのスピードでずんずん進んでゆく。まともに格闘したらクマに人間はかないっこないのだ。時々ニュースでクマを撃退したというのがあるけれど、よっぽどへたっていたクマや子グマで、でなければ誇張された話ではないかと思う。

 黄瀬沼へ行くにはもうひとつの最難関のルートがある。
黄瀬川源頭部
黄瀬川源頭部

黄瀬川を遡行することだ。僕がこの7月に踏破したコースだ。川で野営しながら丸二日要するコース。大小24の滝やゴルジュを越えなければならない。松見の滝の上流はクマの営巣地でもある。現実に滝の上下で僕とクマは接近遭遇した。去年死体を発見したのもこのあたりだ。直登できない滝を巻いてゆく時、滑落寸前まで行ったり、滝壺に落下したりもしたコースでとても人にはすすめられないが(笑)、覚悟があるならこれほどワクワクするコースはない。

黄瀬沼へ続く。



2007.11.28[Wed] Post 20:21  コメント:2  TB:0  湖沼  Top▲

新しい顔料プリンター

PIXUS Pro9500というキヤノンの新型顔料プリンターを試用し始めて2ヶ月ほどたつのですが、A3サイズで200枚ほどテストを重ねました。
A3ノビの顔料系では、エプソンのPX5500(PX5800はA2対応なので)と同等のレベルかな?値段も同じぐらいですね。

PX5500は、
フォトブラック、マットブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、グレー、ライトシアン、ライトマゼンタ、ライトグレー
の9色。耐光性70年、耐オゾン性30年
PIXUS Pro9500は、
フォトブラック、マットブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、グリーン、レッド、フォトシアン、フォトマゼンタ、グレーインクの10色。
耐光性約100年、耐ガス性約50年
というのが、メーカーの公表値です。

キヤノンは顔料系では後発だけあって、色数、退色性ともエプソンを上回っています。

実際はどうなのか?PX5500との実機比較はできなかったので、僕が以前使っていたPXG-900との比較からニュアンスだけ述べてみます。ちょっと比較対象としてはPXG900(7色)は下のクラスなのでその分、差し引いて考慮ください。

*印刷速度*は、エプソンと比べるとかなり遅い印象です。
*光沢感ですが、さすがにPXGではオプチマイザーがある分、光沢感は上です。PIXUS Pro9500は、エプソンのPX系と同じような感じで、シャドー部ではザラツキ感が出ていますね。
**問題の*印刷結果*ですが、やはりインキ色数のちがいでしょうか?色の深みというものがかなりちがいますね。
スタジオの商品撮影などの写真ではそのちがいは出にくいのですが、自然の風景となると、これだけちがうのかというぐらいにその差を感じます。写真の奥行きがちがうと言ったらいいのかな?色だけじゃなく粒状感-解像感というものもちがいますからよけいに写真の奥行きというものを感じますね。
 でもこういうちがいというのは、デジカメ自体の画質の向上も影響しているんじゃないかと思います。つまり、新しいレベルのデジカメにはそれを表現できる新しいレベルのプリンターが必要なのではないかと思ったわけです。

 ただし、PIXUS Pro9500純正ドライバー付属のプリンタプロファイルは、はっきり言って貧弱です。シャドー部がつぶれる傾向がある。自分でキャリブレーターを使って作成した方がいい。その方が製品の個体差も修正できますし。ピクトリコからPIXUS Pro9500用のプロファイルが配布されていますが、これはピクトリコのフォトペーパー用なんですが、これがキヤノンの写真用紙絹目調にもぴったりきます。もちろんあくまで僕のキャリブレーションをとったモニターに対してのことですから、各自それぞれ確認をとる必要があると思いますけど。キヤノンには、プロファイルの改善を望みたい。i1photoのような高価なキャリブレーターを使っているのは、PROでも多くはないと思いますから。

 しかし、A3とかを印刷しているとインクがすぐなくなる(苦笑)。PX5800のように大きいカートリッジの方がいいと思うけど、一色¥5000もするというのは高すぎませんか?倍の容量くらいでいいから値段も半分以下にしたら多くのプロはとびつくと思うけどなあ。

2007.11.27[Tue] Post 15:34  コメント:0  TB:0  デジカメ  Top▲

神々の貌

奇岩

1D Mark III /EF24-105mmF4L IS

U川源流の断崖。
7月の、P川の断崖の貌に匹敵するすごさ。一瞬に力を封じ込めたような大自然の造形力に感服してしまう。
2007.11.27[Tue] Post 10:00  コメント:0  TB:0  峡谷  Top▲

神成りの木に会いに行く

神成りの木

1D Mark III /EF24mmF2.8
今回の山行で、僕は真っ先に「神成りの木」に会いに行こうと決めていた。

「神成りの木」を撮影したのは、2003年のことだ。
この異様な木に出会った時の衝撃を僕はまだ覚えている。雷が落ちてまっぷたつに裂けて仁王立ちのようにそそり立っている木が突然目の前に現れた時、僕は、深奥の森で「おお!」とただひとりで、腹の底から湧き出るような感嘆のうなり声を上げていた。なんて威厳に満ちた美しい姿なのだろう、と。
ただの木じゃないか?
なのになぜこんなに僕は感激しているのだろう?
僕がNaturePhotoを撮ることに確信を持ったのはこの時かもしれない。


僕は4年ぶりにこの「神様」に会いに行ったのだ。
もう、枯れてみすぼらしく朽ちているにちがいないと想像していた。
それが、なんということだろう!
まったく変わらないみずみずしい姿。いや以前より輝いているように見えた。(以前の姿は、写真集「南八甲田の森をゆく」に収録しています)
後光が差している?!「御前」には守り神の大蛇のように木が横たわっている。
信じられないね。偶然もここまでくるとこの森の神様を信じずにはいられなくなってしまう。
僕は4年前と同じように「神様」の前にねまって(=座って)ザックから酒をとりだし、感謝の気持ちを表して盃を交わしたのである。そしてこれまた4年前と同じようにクラッと浮遊したようだった。

僕はどこの宗教団体とも何の関係もないただの唯物論者です(笑)

2007.11.26[Mon] Post 12:21  コメント:0  TB:0  巨木・奇木・古木  Top▲

友人の写真展

僕の古くからの友人の飯村昭彦くんが写真展を開催します。
僕と撮るものはまるでちがいますが、
東京の路上を10数年歩き続けて彼は「芸術状物質」というものを見いだしたようです。なんだそれ?って言われても彼の写真を見ないことには説明しようがないのです。ぜひ見に行ってください。
飯村昭彦
2007.11.23[Fri] Post 23:07  コメント:1  TB:0  日誌  Top▲

ぶなという文字が教える近代の過ち


註)ぶなという漢字は、木+無なのですが入力できません。FC2ブログの方で対応していないのかな?


きのう、「無駄な」ことのように見える多くの事柄は、実は決して無駄ではないという話を書きましたが、

それに関連する話題をひとつ。

ブナはぶなという字を書きます。これは近代作られた文字です。
何も無い木だからぶなというわけですかね?

建材にもならないし大した実もつけないから役にたたないなんもなしの木と近代以降の人によってつけられたのでしょう。そうやって近代以降、ブナの木は明治以降大規模に伐採されたり杉やヒノキに植え替えられたわけです。

だけど、ブナというのは、酸素を大量に供給して空気をきれいにするし、大量の雨を蓄えてきれいな水も供給するわけです。洪水も抑えてくれる。根があまり張らないので倒木も多くそのおかげで豊かな土壌を作りやすく多くの生き物たちの楽園にもなっているわけです。

役にたたない木、無駄な木と思われていたブナは実は何よりも大事な貴重な存在だったわけです。これを近代以降の人は疎外して排除してしまってきた。そして今になってこの代償を現代人は払わされることになったのです。ブナだけではない。西南日本のシイやカシの木などの照葉樹林も同じ運命にあいましたね。それも日本だけではない。世界中で同じことが行われたのです。

ブナという木の問題だけではない。ブナと同じように扱われている人間もいると思いませんか?
役にたたない、無駄である、効率的でない、ということでスポイルされている人や物事。
効率主義、経済主義だけで物事を考えていたら大事なことを忘れてしまう危険があるということをブナの森は教えてくれるのです。
ブナ林の夜明け

1D Mark III /EF24-105mmF4L IS
2007.11.23[Fri] Post 10:48  コメント:2  TB:0  環境問題  Top▲

「無駄な」こと

僕は最近ずいぶん「無駄な」ことをいっぱいやっている。
電車や車にはできるだけ乗らない。歩く歩く。

おかげで以前より30分は早く出なければならない。スタジオと自宅を往復すると1時間は「無駄な」時間を使っている。
好きなコーヒーも最近はインスタントやワンタッチものは一切やめて豆を買ってきてドリップでいれて飲む。
おかげでコーヒーをいれるのにその都度5分くらい「無駄な」時間がかかる。
コンビにの弁当とか外食もほとんどやめた。
おかげで朝、弁当を作る「無駄な」時間がかかるし、弁当箱を洗う手間もかかる。
パソコンも新しいものとか速いものとかに買い替えることをできるだけやめて古いものを使っている。PowerBookなどはいまだにG4867MHzで劇遅というやつかな?
おかげで処理に「無駄な」時間がかかっている。

でもそれらのおかげで、体調がすこぶるよろしくなった。歩く歩くで身体が軽い。
交通費も月¥6000は浮く。
それに少しはCO2削減に貢献しているのではないかとも思う。
コーヒーが旨い。ワンタッチものだと一個使うと必ず出るゴミがなくなった。
コンビ二の弁当のゴミもなくなった。弁当代も節約できる。
パソコンの現像処理などは遅いけれど、その分、バッチ処理しているあいだに他の雑務をかたづけるようになった。これは言い訳くさいか(笑。いよいよ限界に近づいているかな?)。でも大量消費生活の罠から逃れているとは思うよ。

無駄なものを排し無駄な時間を節約するっていう効率主義というものはほんとにいいことなのかい?結局そういうものが人間を壊し地球を壊してきたのではないのか?などときょうも中目黒で降りて恵比寿まで30分くらい歩きながら考えているのである。恵比寿から渋谷に歩く時も他にはないゆっくりと自分を取り戻す時間がある。
そう!「無駄」とも思える時間というのは、追い立てられているような現代において、自分を取り戻すという貴重な時間でもあるのだと思ったりする。
2007.11.21[Wed] Post 23:32  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

異様なブナ林

7~8年に一回の周期でのブナシャチホコの食害で、今年は八甲田の一部のブナ林の葉が枯れてしまったのだけれど、これほどの規模での被害というのは僕は見たことがない。単なる周期的なもの以上に異変が起こっているような気がして心配だ。
ブナ食害

蔦のあたりではまだ被害は見られない。標高を上げて登って行くと、突如として異様な光景が眼に入ってくる。
ブナ林がまだえんえんと続いているはずなのに前方がいやに明るくなっている。ブナではなくてまるで白樺の林のようだ。
ブナ食害

食害の境界線はかなりはっきりしている。下写真の右半分から枯れ始めて明るくなっている。
ブナ食害

被害の最中へ行って空を見上げるとまったくの冬枯れ状態であった。
ブナ食害

その一帯を過ぎると被害はそれほどでもなくなるんですよね。
ブナ食害
2007.11.21[Wed] Post 12:26  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

おかしな紅葉

霧の紅葉

1D Mark III /EF17-40mmF4L ISO400

この風景は少しめずらしいかもしれません。
なぜか?
ブナ林で霧がたちこめているのに光が強く差し込んでいる。
鬱蒼としたブナ林ならこれほど強い光が差さないと思うのですが、
これが今年の、ある一帯だけのブナ林の特徴なのです。
ブナシャチホコという虫の食害で、ブナの葉っぱがすっかり枯れてしまった地帯があるからです。(この食害は7年に一回ぐらいの割合で起こります)。この被害は、僕が見たところ、標高800m前後のあたりに集中しているようでした。
だから、
下草やカエデの紅葉ばかりめだって上部のブナの黄葉がさっぱりという写真になってしまったのです。
ここは、蔦から谷地へ抜けるブナの二次林ですが、このあたりはまるで冬枯れ状態でした。

(註。東京新聞夕刊で連載している白神の某自然保護団体NPOなんとかという人が、「八甲田や岩木山には二次林しかないが白神には原生林がある」というような記述をしていましたが、彼はこのあたりの二次林しか歩いたことがないだけなのではないでしょうか?誤解を受ける記述ですので注意してほしいですね。もちろん八甲田にも伐採が入っていない原生林があります。)
2007.11.20[Tue] Post 14:12  コメント:2  TB:0  ブナ林  Top▲

蒼惶する自然

蒼惶する自然とは何か?
南八甲田では、60万年前の火山活動で形成された、いわば原始の自然が毎年毎年変わることなく悠久の景色として見ることができるのだけれど、四季の時間の流れは激しく慌ただしくあせるように動いている。対立する本質を内包しながら秒速で変容している。その態は、悠久にして蒼惶であるという言葉を使えばいいのだろうか?

U川

U川

わずか数分のあいだにまったく違う姿を見せる。1D Mark III /EF17-40mmF4L

スレッド:四季 −秋− / ジャンル:写真

2007.11.19[Mon] Post 12:39  コメント:0  TB:0  渓流  Top▲

モグラが訴える自然破壊

モグラ

最近は、八甲田に出かけると必ずと言っていいほど動物の死体を見つけるようになった。
車による轢死が多い。ここ数年の八甲田における交通量の増加ははんぱではないのだ。僕は10年くらい前から言っているが、もう真剣に車乗り入れ規制を考えないといけないだろう。奥入瀬渓流ではそのことが計画されているようだが、もっと全区間にわたって規制する必要があるのではないだろうか?もちろん僕も不便になるが、覚悟すべきことだと思う。快適さを少しづつけづり不便を受け入れることこそ最大の根本的な環境対策なのではないかと思い始めている。

それにしても、モグラはこんな大きさが普通だよね。夏に赤沼で撮影したモグラのような生き物はゆうに20~30cmはあったなあ。種類がちがうのか、それとも巨大化したのか?
2007.11.16[Fri] Post 17:00  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

蒼惶たる悠久

初冠雪

10月13日

紅葉の最中に雪が降り、凍える大気に身を震わせたかと思えば、
凍み入る源流の奥で突如として温泉が湧き出て足元を暖めてくれたりもする。
錦秋に染まった流れに蒼惶のため息をついていると、
変わらない常緑をたたえた苔むす沢に出会ったりして一方では悠久の時間が流れているのだと感じさせる。
蒼惶にして悠久。豊かな森とは多様性の寛容さなのだ。
温泉沢

10月14日

渓流秋

10月23日

苔沢

10月17日
2007.11.16[Fri] Post 10:46  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

ライブビューという新しい撮影スタイル

最新のデジタル一眼レフには、ライブビューがついている。これは35mm一眼レフ(銀塩フィルムカメラも含めて)の進歩において最も重要な技術革新と言ってもいいと思う。撮影スタイルを根本的に変えるものだからだ。

ファインダーをのぞいて写すという35mm一眼レフの「あいまいさ」をとりはらうものだと僕は思う。
まず、
ピントのあいまいさをとりはらう。ライブビューでは、ほぼ正確に画像中のどこにピントを置くのかということを確実にすることができる。大型カメラでピントグラスできっちりと確認してからシャッターを切るということと同じような撮影スタイルが可能になったのである。
さらに、
ミラーアップした状態で生の画像を確認しながらそのままシャッターが切れるという意味では大型カメラではなし得ない革新性がある。
これは、
ブレを押さえるという意味も含む。ライブビュー画像でブレが止まるのを確認してからシャッターが切れるわけだ。(オリンパスE3では、一回ミラーが落ちてからシャッターが切れるので残念ながらこれができない。オリンパスはライブビューの先駆者なわけだからぜひ改善してほしい)
さらにもうひとつ、
ライブビューでは、レンズを通した実画像が10倍まで拡大して見ることができるので、レンズ性能すらある程度カメラの液晶画面で確認できるようだ。この点は、液晶モニターの性能がもっと上がればさらにはっきりとわかるようになるのではないかと思う。

2007.11.15[Thu] Post 18:35  コメント:0  TB:0  写真  Top▲

ヘリで救出騒ぎ?!

八甲田山

八甲田山

10月23日午後2時ごろのこと。
僕は仙人岱の避難小屋から少し離れて薮を少し漕いで行ったところ、睡蓮沼側の斜面につきでていた倒木の上に一人で立ってカメラをかまえていた。光線が差す具合をずっと待ちながら強風の中でぽつんと立っていた。
 しばらくして、やがてヘリコプターが近づいてきた。ヘリの中の人が手を振っていたので、てっきり、最近青森市から運行している観光ヘリだろうと思って、僕も手を振り返してやったのだ。そうすると今度は大岳方面へ向かっていたそのヘリが引き返してきて僕の周りでホバリングし始めたのだ。
救出ヘリ

救出ヘリ


救出ヘリ


スルスルとロープをつたって救助隊員らしくものが降りてくる!
オイ、オイ!なんだあれ?なんか勘違いしたんじゃないのかあ?

救助隊員


救助隊員が降りてきた。ホバリングのすごい風で写真も大ブレになった。

「けが人どこですか?」
「そんな人いませんよ」
こんな会話があって、また隊員を収納して立ち去った。ヤレヤレ。
けが人は、大岳の方の避難小屋にいたそうです(東奥日報)。
あ~あ、救出はたぶん15分は遅れたね。けが人は、56歳の男性が、雪に足を滑らせて骨折したものだったそうです。
 (今年の初雪は、去年よりも26日も早く平年と比べても3日くらい早かったようです。4.5cmくらいの積雪というのは一番滑りやすいんですよね。気をつけてください。僕ですか?風が強いので大岳行くのはやめました。)
2007.11.14[Wed] Post 17:13  コメント:4  TB:0  八甲田山  Top▲

豊かな森4_岩魚の産卵

岩魚の産卵

岩魚の産卵

岩魚の産卵

源流部を歩いていたら、浅瀬に二匹の岩魚がいた。産卵にちがいない。大失敗!岩魚いることに気づかずにうっかり近づき過ぎてしまった。恋の邪魔をしたようだ。浅瀬から本流へ逃げてしまった。残念。
釣り人がたくさん入渓するような渓流部では、このような手つかずの浅瀬が少なくなっているので岩魚の産卵場所を見つけるのは難しい。雪が降るような晩秋に源流部まで登るしかない。それはまた来年以降の課題としよう。
2007.11.13[Tue] Post 10:30  コメント:0  TB:0  岩魚ほか  Top▲

豊かな森_キノコとミズ

ナメコ

ナメコの大群生。
ナメコも大きくなると傘が開いてくる。これぐらいが一番うまいかもしれない。
ナメコ

ナメコ

ナメコとミズ


ナメコを全部採っていたらあましてしまう(=残してしまう*南部弁)ので、食う分だけもらってくる。ゴミをとるぐらいに軽く洗って水煮にしてついでに採ってきたミズとミズのムカゴといっしょにバゲメシ(=晩飯)にした。どっちもとろっとした食感でたまらない。ムカゴのコリコリとした食感と相まってゴキゲンなバゲメシとなった^^;山の恵みものを感謝していただくことで偉大な自然に対する愛情というものが深まるというわけだ。ただ写真だけを撮っていたらその愛情は薄くて写真に現われる愛情も薄っぺらでしょ(笑)。

ミズ

ミズのムカゴ

ミズ


下写真は、ムキタケとまちがえやすいがツキヨタケで毒なので要注意。
ツキヨタケ


ムキタケ、カノカ、シメジ、カックイ(=サモダシ)
キノコ


下写真、不明。僕もあまり詳しくないので知ってるのしか採りません。知ってたら教えて。
キノコ

キノコ

キノコ

2007.11.12[Mon] Post 13:00  コメント:3  TB:0  山菜とキノコ  Top▲

豊かな森2_クマが残していった恵みもの

クマにけずられた五葉松。
クマの爪痕

クマの爪痕

このあたりのブナの原生林では、山のピークだけに五葉松が生えている事が多い。松見の滝の崖上の松や蔦沼の松森などが典型だ。僕が登った崖のてっぺんにも五葉松が生えていた。この松はクマがはがしたものだ。ツメを研いだのか、松の油が欲しかったのか、蟻を食べたのかよくわからない。ゾッとしましたね。この崖で僕は松見の滝を見下ろすようにロープでぶらさがって撮影していた。その時にきたらどうにもならなかったわけで^^;その写真はまたのちほど紹介します。


山ブドウ

クマに遭遇したのはその帰り道のこと。24日午後2時くらいのことだ。
どうしてこんなによく会うのかなあ?4.5日も山に籠っていたので人間の臭いが消えていたのだろうか?
 僕も気がつかずにクマに近づいていた。突然クマは僕に気づいて斜面をかけあがって逃げたのだ。ものすごい勢いで崖を登ってゆく。人間とはけた違いのすごいパワーだ。びっくりしたのはこっちだよ(笑)。クマは山ブドウを食べていたのだ。それで夢中になっていて僕が近づいたのに気がつかなかったらしい。ヤレヤレ。

 山ブドウがごっそり落ちていた。かなり高いところになっていたので、クマが木を揺らして落としたのだろう。せっかくだからクマには悪いけど(笑)、少し恵んでもらった。僕が木を揺らしたところで山ブドウはちっとも落ちてこなかった。
山ブドウ

山ブドウ

山ブドウ



2007.11.11[Sun] Post 13:19  コメント:0  TB:0  山ブドウ  Top▲

豊かな森1_カモシカに出会う

カモシカ

カモシカ

カモシカに出会ったのは、10月24日朝8時19分、早朝から歩き始めて2時間ほどのところである。カモシカは、突然と崖をこそこそ降りてきて2度立ち止まった。下肢の発達が素晴らしい堂々としたカモシカである。この筋肉で楽々と急斜面を登り降りすることができる。挨拶しにきたかのごとく、僕がシャッターを切ったあと、立ち去った。川を渡ってまた崖を登って消えていった。カモシカ



カモシカはジッと人を眺める習性がある。だから案外と写真に写し止めることができるのだ。

 突然出会ってもなかなか写せないのはクマだ。立ち止まったりはしないからだ。遠くから望遠で撮るしかないのだろう。この日の午後、クマに遭遇した。その話は次回に。
 
2007.11.10[Sat] Post 13:16  コメント:2  TB:0  カモシカ  Top▲

コマーシャルの仕事2

今日は、ちょっと趣向を変えて僕のコマーシャルの仕事を少し紹介します。
以下写真も1D Mark IIIです。

cm

cm2

cm3

下は、1D Mark IIIの解像感を見るためにこの上の写真をトリミングしたものです。
どうですか?厳しいライティング条件とこれだけの拡大でもバッチリきてますね。
cm4

2007.11.09[Fri] Post 14:04  コメント:0  TB:0  コマーシャルフォト  Top▲

新たなレベル

温泉沢

(この写真で、1D Mark III の画質のレベルを認識しましたね。ここではJpeg圧縮してるのでわかりずらいかもしれませんけど、手前の草とかの描写は圧倒的です。この画像、シャープネス処理ほか補正いっさいナシです。)

白い川の流れは硫黄のせいです。温泉なんですね。温度を計ってみたら38度ありました。靴ぬいで足湯につかってきましたよ(笑)

2007.11.08[Thu] Post 18:20  コメント:0  TB:0  デジカメ  Top▲

新たな現像処理のレベル

ブログ更新が滞ってます。
というのも、現像処理に追われているのです。
現像ソフトもプリンターもこの世界では日々技術革新が進行しているので、つねに見直しが必要です。半年まえの認識はアップデイトが必要になってくるわけです。ふ~(苦笑)
で、僕の場合は、というと、カメラが1D Mark III になって、画質がはっきり言って前機種より格段と上がったのですが(ダイナミックレンジも解像感も上がっている。スペック上ではあまり変わっていないのに!)、そのおかげで逆に現像方法の見直しが必要、というかそれが可能になったと言った方がいいかな?

それと、現像ソフトもアップデイトされているので両面で見直しが必要になるわけです。

現状で直面している解決すべき問題は、
*ダイナミックレンジが広がったおかげで、ホワイトバランスの調整とかがよりビビッドになってきたこと、
*解像感があがったおかげで、シャープネス処理をあまりかけなくても済む=シャープネス処理の限界点を下げる必要が出てきたこと、
などですね。

もうひとつ。
最近プリンターも新しいものを使っている=Pixus9500pro,
のですが(これも借り出したものです)、これも使いこなすまで苦労しました。
インクが10色にもなって階調は確実に上がっているのになかなか色がマッチしない。
最近ようやく問題点を絞って、解決策を見いだしました。プロファイルに問題があったのです。
これはキヤノンだけじゃなくてエプソンにも言えることですが、プリンタメーカー配布のプロファイルはよくありません。
ガモットが狭いのです。プロファイルのガモットが狭ければ(ハード性能が優れていても)それ以上の色は出てきません。
是非もっとすぐれたプロファイルを配布してくれることをのぞみます。
**ガモットの比較は、MacOS標準のColorSyncユーティリティでできます。

2007.11.08[Thu] Post 11:03  コメント:0  TB:0  デジカメ  Top▲

燃える森4

もみじ

もみじ2

1D Mark III /EF24-105mmF4L IS

 僕はあまりカメラにこだわる方じゃないんですけど、このトーンの深さというのは今までのデジタル一眼では出ていなかったような気がします。レンズも17-40F4Lよりはこっちの方がいい(1D Mark III に合っているかもしれない。17-40は5Dとの組み合わせではいいのです)。

 もちろん極論すると、カメラなんてなんでもいいんです。いい被写体にめぐりあうための労力が第一です。写真家のテクニックとかセンスとか出しゃばりすぎてはいけない。自然が提示してくれるものをそこなうことなくベストの状態で撮影することこそきっと写真家の義務です。色の彩度を無理矢理上げたりするテクを披露しているカメラマン等は、naturephotoの原点にもどった方がいいと僕は思う。この赤や黄色は、2007年八甲田秋の自然というドキュメンタリーです。2005年や2006年の色とは違う。それをデジタルで無理矢理補正したらドキュメントとしての価値はなくなってしまう。
 (この2点の写真は、リサイズ以外デフォルト現像そのままです。)
2007.11.05[Mon] Post 12:21  コメント:4  TB:1  写真  Top▲

燃える森3

ダケカンバ紅葉

1D Mark III /EF24-105mmF4L IS
2007.11.02[Fri] Post 16:24  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

燃える森2

アオモリトドマツ

1D Mark III /EF70-200mmF4L IS

南八甲田駒ガ峰から。

白く輝いているのは、ネマガリタケの笹。黄色のダケカンバ、オレンジの山モミジ、赤いナナカマド(だろうと思われる)と常緑のアオモリトドマツ。この標高(1300m)ではもうブナはない。
2007.11.02[Fri] Post 12:10  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

燃える森

ダケカンバ紅葉

1D Mark III /EF24-105mmF4L IS

10月12日AM7:30 南八甲田

アオモリトドマツの隙間から燃えるように黄葉するダケカンバ。この日の夜、雪が降りました。

ここのキャンプは、駒ガ峰分岐点のテン場にもう一人先客がいて、僕としてめずらしく単独野営ではなかったのです。30代(と思われる)の青森市の社会人の方でした。(まあ、登山道にテントを張ること自体ぼくにはマレなことですが、登山道を歩くとどこでも自由にテントを張るというわけにはいきませんしね。)
 30代とはいえ、大雪山からアルプスまで若いころからずいぶんあちこちに登っていてかなりのベテランのようでした。
「僕もとなりでテント張りますのでよろしくお願いします」と言ったら、
「えっ?ザック小さいんでまさか泊まるとは思いませんでしたよ。」と僕の小さいザック(44L)を見て、歓迎してくれた。
「いや、わだっきゃいっつもこったらもんだよ」(笑)
彼は70Lくらいのザックでした。

まあ、こったらどごで何あるわげでもねけど、ふたりの方が心強いか。
翌朝、彼は櫛が峰に登り、僕は黄瀬沼に下った。

その帰り道に久末正明氏ほか一名と会う。
「お、久末さん。パトロールかい?」
「んだ。週末だけやってるんです」
彼は地元ではちょっと名の売れた自然保護運動家で、何年も前から議論沸騰している南八甲田登山道整備問題の反対派の急先鋒なのである。この問題へのアプローチとか視座のちがいはあるけれど、基本的には僕も反対。いずれにしてもごくろうなことだ。黄瀬沼を往復すると7時間近くかかるわけだから。
「ごくろうさま」と言って簡単な会話だけ済まして別れた。みんな南八甲田を愛している。性急な論議でいがみあいは避けたい。

2007.11.01[Thu] Post 17:17  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。