写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

ことしも

そろそろ大詰めといったところですが、みなさんは今年一年いかがだったでしょうか?
僕は?
長かったなあ、
という感じがします。10年ぐらいを一年で経験したような気持ちです。
C社のカレンダーという「大仕事」がひとつ入ってきたというのもあるけれど、でも僕はそれ以前からこの一年を一歩踏み込んだ年にしようと考えていましたから、それは、強力なサポートが入ったにすぎないと思ってます。努力もしたし勇気を振り絞る時もあった。それでも多くはうまくいかなかったし疲れ果てた時もあった。突き抜けるような喜びもあったけれど、同じぐらいに落胆もし自己嫌悪にも陥ったりしました。でもそれでも僕の中では、一歩踏み込もうという決意があって、「7月の遡行」から、自分の中では、ひとつ「抜けた」ような気がしています。
貴重な一年でした。
多くの友人たちに支えられました。何よりも家族の支えなしには何もできなかった。忘れてはいけない、もちろん山の神様には感謝している。
多くの支えなしには何もできないけれど、支えに甘えるつもりもない。心ない声も時々聞こえてくるけれどそれも今にはじまったことではない。やってみようというストレートな気持ち、それが原点であるような気がします。やろうともしない人たちの揶揄する声などとるに足りはしない。

でもまだ感慨に浸っている場合じゃないんですよね。まだ何も終わってません。厳しい冬が控えてます。
また、7月の南八甲田に立ち向かった時の強い気持ちを持てるのかどうか?
常に原点に立ち返ることを忘れないようにしたいと思ってます。


ブログもひとつの支えでした。多くのひとから励ましのコメントいただきました。
先月の地域別アクセス数というデータを見てみました。以下。
アクセス数1

えっ?というところからもアクセスがあったんですね。
ヨーロッパとかオーストラリアからのアクセスは今まではなかったことです。

以下は、先月の県別アクセスです。(総数が合わないのは不明なアクセスはカウントされていないためです。)

まだまだ全然たいしたことないですけど、ほぼ全県にわたっているということは今まではなかったことですね。せいぜい10数県からのアクセスでしたから。
アクセス数2


みなさんどうもありがとう。よいお年を!

スポンサーサイト
2007.12.29[Sat] Post 13:27  コメント:8  TB:0  日誌  Top▲

心残りなこと

松見の滝


この写真は、
八甲田最大の「松見の滝」を見下ろす190mの断崖から撮ったものです。

この場所は90度どころかオーバーハングする絶壁なので、今回は20mロープでダブルで身体を確保しながら撮影した。(ヒヤヒヤ^^)
この断崖のてっぺんに五葉松が生えていて撮影にはジャマなのだがどうにもならない。
滝の二段目の河原に、
滝を見に来た人たちが蟻のように見えてます。よく見ると、きのこ鍋でも食ってるみたいですね。
断崖の上からいくら大声で叫んでも誰も気がつかない(笑)。

この90m落下する滝の真上に立って、下を見下ろす写真を撮るのがこの夏の最大の課題のひとつだったけれど、黄瀬川遡行の際に絶壁から転落寸前のピンチに陥って肩を痛めてしまって断念した。滝上の水量がかなりのものでザイルで確保しないととても近づけない。だからハーネスも用意してザイルで2点確保しながら滝上に立って撮影しようと思っていた。でも肩を痛めてしまったのでひとりではとてもザイルをつたって戻ってくるのは無理だろうと観念したわけです。慚愧!

他にもいっぱいあるんです、今年撮ろうとして撮れなかったものが。
2007.12.27[Thu] Post 15:04  コメント:5  TB:0    Top▲

Eat that chicken

オー・ヤー(紙ジャケット仕様)オー・ヤー(紙ジャケット仕様)
(2007/01/24)
チャールス・ミンガス

商品詳細を見る


きのうは、クリスマスでしたけど、
我が家には、ケーキを食うという習慣はないが、まあチキンとかターキーを食ってみようかということはあったりする。
それでこの時期になると思い出す曲がある。

チャーリー・ミンガスの「Eat that chicken」というやつで、

「MINGUS OH YEAH」というアルバムに入っている曲だ。

ミンガス本人が素晴らしくブルージーでごきげんな唄を聴かしてくれる。それに絡むローランド・カークのテナーサックスがこれまた素晴らしくファンキーなのである。
このアルバムでミンガスは本業のベースは弾かずに(ダグ・ワトキンスが弾いている)、ピアノとボーカルに専念している。

それできのうはどうしたのかというと、渋谷の「鳥竹」に行って焼き鳥を食っていたのです。
友人のコピーライターのカーシマくんの、「ムーンライダース」のチケットがあまってるから行かないかという誘いに乗ってコンサートを聴きに行ってその帰りのことだ。「ムーンライダース」自体の音楽に僕はあまり興味はないが、このバンドのメンバーのうち3人はわずかながらの知り合いなのだ。同じ大学の同じ時期に在籍していて彼らの曲のなかにも「マダムシルク」という大学通りの喫茶店を歌った曲があってその時代のことをうたっているというかすかなつながりがある。会場のクラブ・クアトロは、その時代の顔つきらしい男女ともう少し若い女性客で満杯でした。なつかしいなあマダムシルク、と感傷に浸っている僕は確実にトシなのであった(苦笑)。

ミンガスは、黒人差別に激しく抵抗したミュージシャンでしたけど、彼自身は2度結婚してふたりとも白人だったしバンドのメンバーも白人(ジミー・ネッパーとか)を入れたりしていた。彼が抵抗していたのは白人ではなくて差別そのものだったんですね。音楽も「フォーバス知事の寓話」という有名な抗議の曲などがあったりしますけど、曲自体は素晴らしい音楽に仕上げています。音楽を抗議の道具に使ったりはしていないんじゃないかな?言葉が足りないかもしれないけれど、彼は黒人が作り出したモダンジャズというものを愛していたんですね。ストレートなプロテストソングという方法を排していたように思う。

理屈はおいといて、
Eat that chicken 聴いているだけですべてのウサがふっとぶようなごきげんな曲です。ぜひ聴いてみてください。

2007.12.26[Wed] Post 14:31  コメント:0  TB:0  音楽  Top▲

防寒ケース自作

20071219-_MG_3647_20071225110943.jpg

液晶が見えるように。
20071219-_MG_3652_20071225110911.jpg

ボタンを2カ所つけて、ひもは帽子についていたものをそのまま利用する。


20071219-_MG_3649_20071225110838.jpg

レンズ部分は、二重折りにすると短いレンズに対応できる。レリーズ用の穴もつけた。
20071219-_MG_3650_20071225110756.jpg


下には、三脚用の穴。マンフロット製のクイックシューをつけてある。
20071219-_MG_3655_20071225110642.jpg

これ用に小型のプラチナ触媒で発熱するカイロを手にいれた。ジッポ製のポケットウォーマーよりもずっと小型。渋谷のアートスポーツで発見。

苦労してようやく完成。改良を重ねました。これ、古くなったヤッケの帽子を使っているのがミソです。ぴったりなんですね、これが。

現地入りが遅れているのもこれを含めた寒冷地仕様のものをいくつか自作しているためでした。
三脚の雪もぐり防止対策と防寒オーバーブーツも自作してますが、これもなかなか、、、。

このケースも、 1Dmk3用がまだ発売されていないからだったんですけど、それもどうやら間に合いそうです。近々発売になるようです。二重で使ったらほぼ完璧かな。

これで、 -20~ー30℃で長時間露光がいけるかな?カメラはいいけど、人間がもたなかったりして(笑)

極寒用装備ももう少しで揃いますから、年明けには入山できるかな?

2007.12.22[Sat] Post 11:51  コメント:2  TB:0  撮影のワザ  Top▲

樹冠に抜ける風_4

ブナ黄葉

2007.10.25/EOS1D Mark III /EF24F2.8/現像DPP_スタンダード色合い-1、色の濃さ-1、色収差チェック入り、色温度5200K
2007.12.20[Thu] Post 11:34  コメント:2  TB:0  紅葉/秋  Top▲

樹冠に抜ける風_3

ブナ黄葉

2007.10.25松森へぬけるブナ林
2007.12.19[Wed] Post 19:34  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

樹冠に抜ける風

ブナ黄葉


2007.10.22/御所河原平
2007.12.18[Tue] Post 19:07  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

樹冠にぬける秋風

ブナ黄葉


鬱蒼とした樹冠にぬける秋風早し
2007.12.18[Tue] Post 10:00  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

苔むす沢

U川の滝

苔むす沢の深い緑は、晩秋こそ際立つのかな。連瀑帯の帰路で。

帰路というものは、向かう時とちがって精神的な重しというものがとれているから、目線がまるで違ってくる事が多い。向かっている時には見えなかったものが見えてくる。下りー登りという地形的差異だけでなく心模様がちがっている。ホッとした気持ちが支配している時は、穏やかなものに眼が行くのかもしれない。

2007.12.17[Mon] Post 12:47  コメント:0  TB:0    Top▲

連爆_6

遡行はまだ終わらない。
晩秋の日はすでに傾きかけている。
そして最後の滝(と思われた)。
ほんとに最後にもっとも大きな滝があった。
下から見える部分で13mくらいだが、奥につれて狭くなり3段4段の滝が隠れている。

「これは無理だな」

あきらめと安堵の交錯した気持ちがふと湧いてくる。

あそこを突破するのは、夏に100%シャワークライミングを覚悟しなければ無理だろう。高巻くにしても両岸は絶壁で、かなり下ってからでなければむずかしい。

すごいなあ。
こんな支流で撤退を余儀なくされるとは。
感謝と畏怖の念に満たされて、滝の正面の岩に腰をおろした。
U川の滝


U川の滝

U川の滝



帰り際に突如として(別れを惜しむかのように)強い日が射してきた。

U川の滝



その強い日差しは、滝にスポットをあてた後、一瞬にして左に流れて崖を照らしながら登って行った。山の神様が、日があるうちに早く帰れと言っている。
2007.12.16[Sun] Post 10:05  コメント:0  TB:0    Top▲

連瀑_5

U川の滝

U川の滝


さらに遡行を続けると、これでもかという滝がまた現われる。
なんという川なのだ。
澄み渡る滝壺。わずかな落差の中で三十条にも及ぶ筋が躍動している。
ささやかな支流でけものと小鳥たちだけが見ていたのか?
人跡はとっくに消えている。
人が見向きもしない川を登ってきた者への贈り物だろうか。
2007.12.14[Fri] Post 17:21  コメント:0  TB:0    Top▲

連瀑_4

滝上から


滝上から


滝上から。

滝というのはどんな規模のものであろうとも、その山の、その森の、根源的な力のふきだしなのだと思う。滝の上に立つとそのエネルギーが足元からふつふつと上がってきて体中に充満して頭から天につきぬけてゆくような感覚にとらわれる。慎重に足場を確保しながら、揺れ動くような真上に立って、ひと呼吸おいてシャッターを切った。
2007.12.14[Fri] Post 11:00  コメント:0  TB:0    Top▲

連瀑_3

三条の滝を登りきるとすぐにこの滝が出現した。
この滝は、右岸から直登した。水の流れの近くの方が柱状節理で足場がいいのでしぶきをあびながらの登り。
カワガラスが僕を牽制するかのようにキュッキュッと鳴きながら飛んでゆく。
U川の滝


U川の滝

U川の滝


しぶきを浴びるとさすがに凍えるような冷たさである。岩のへりを掴む手がかじかみがちなので慎重に三点支持で上がってゆく。この寒さじゃ滝壺ドボンはこたえるからね(笑)。2007.10.16。



2007.12.13[Thu] Post 11:14  コメント:0  TB:0    Top▲

連瀑_2

U川の滝


U川の巨岩・連瀑を登りきると三条の滝があった。
だが、登りきった思ったのは勘違いで、まだまだ続いていたし、滝はむしろだんだんと大きくなったのだ。
驚いた。1/25000の地形図上ではまったく読めなかったのである。
もちろん滝の記号など何も無いところだ。
しかもここは本流ではない。ただの支流なのだ。
深いなあ、南八甲田は。

U川の滝


この滝は、左岸の脇から登った。



2007.12.11[Tue] Post 13:14  コメント:0  TB:0    Top▲

晩秋の八甲田

晩秋


毎朝、スタジオへ出勤する途中の、中目黒から恵比寿までのあいだのイチョウがきれいに紅葉してきました。
真っ黄色の街道が出現している。これはこれで美しいもんですね。ホッと癒されます。都会の人間関係やらなにやらでギスギスとんがった気持ちが柔らかくなるような気がします。柔らかく穏やかな樹々を見て自分の偏屈で矮小な心に気づくんですね。

 晩秋の八甲田。
白いものが増えてきた自分の頭のような哀愁がある(苦笑)。
今頃は真っ白になっているのだろう。そろそろ行かねばならない。
2007.12.10[Mon] Post 11:05  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

連瀑

連瀑

見事な連瀑帯でした。
めまいがするような巨岩と瀑の連続。一個一個の巨岩を登ったりまわったりしながら越えてゆき、少し立ち止まってはルートを探す。へーこら息を切らしているのだけれど、実は愉しくて顔はゆるんでいる。岩のところどころに何種類かのけものの糞があった。けものたちも水を呑みながらこの連瀑帯で遊んで行くのだろう。
連瀑

2007.12.07[Fri] Post 10:06  コメント:0  TB:0    Top▲

その10日後の川

渓流の紅葉

EOS1D Mark III /EF70-200mmF4L IS

前日のブログの写真から10日後、10月26日には渓流もすっかり秋らしく色づいてきた。
2007.12.06[Thu] Post 10:00  コメント:0  TB:0  紅葉/秋  Top▲

sRAWという記録画質

初秋

EOS1D Mark III /EF24-105mmF4L IS sRAW

10月16日AM6:52 13日に山頂部で初雪が降りた後でも山腹ではまだこんな感じだった。U川中流域のブナ林。

 1D Mark III には、RAWとJPEGに加えてsRAWという撮影設定がある。RAWの1/4の記録画質(約250万画素)だ。高画素を必要としないけれども画質を落としたくないという場合には有効だ。
 よく、「補正しないのであればJPEGもRAWも変わらない」と誤解している人がいるけれど、それはちがう。JPEGというのはすでにカメラ内部で画像処理をしているわけであって、すでに画質は(程度の差こそあれ)劣化しているのです。
 ただsRAW=1936×1288ピクセルというサイズは、印刷サイズにするとA5以下になりますね。用途はかなり限定されるようです。WEBとか報道関係ならサイズが軽くて撮影枚数がかせげていいのかな?
2007.12.05[Wed] Post 11:32  コメント:0  TB:0  デジカメ  Top▲

マユミ(檀)

マユミ

マユミ



 下の写真もマユミかどうかは不明。葉も茎のかたちもそっくりなんだけど、実がふたつしかついていないのでよくわからない。実は毒です。葉っぱは食べられるらしい。下の写真の葉っぱはカモシカが食ったんだろうか?
2007.12.04[Tue] Post 10:10  コメント:4  TB:0  草花  Top▲

シロモノ

シロモノ

シロモノ

EOS1D Mark III /EF24-105mmF4L IS

シロモノという果実。シラタマノキとも言う。
高山に生えるツツジ科の果実。さわやかな甘さがある。サロメチールのような香りがします。こいうものを見つけると僕はすかさず食べる。クマやカモシカも食べているらしいです。わずかな栄養補給だけど、疲れがとれる気がします。
同じ科でアカモノというのもあるんです。


2007.12.03[Mon] Post 10:35  コメント:2  TB:0  草花  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。