写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

エンゴサク

オトメエンゴサク

オトメエンゴサク


オトメエンゴサク


この花、オトメエンゴサクと言い、エゾエンゴサクとは別種。十和田・八甲田固有種です。親指ぐらいの大きさです。
スポンサーサイト
2008.06.30[Mon] Post 13:32  コメント:0  TB:0  オトメエンゴサク  Top▲

あわれ!テンの轢死体

テンの礫死体


顔をそむけたくなるような写真だが、風景写真家はきれいな写真ばかりを撮っていればいいというものでもあるまい。
以前にウサギとムジナの礫死体も紹介したけれど、生きているテンは何度か撮ったが礫死体は僕もはじめて見た。
テンのようなすばしっこい動物が車にひき殺されるのはよっぽどのことだろう。
いったいこんな八甲田の山中を横切る道路でどれだけのスピードを出していたのだろう?ぶつけた車にもかなりの衝撃があったはずだ。埋葬してやろうという気持ちにはならなかったのか?道路から土のところまで運んでやって土と葉っぱをかけてやるだけでもよかったのに。

 この道路は、蔦から酸か湯へ抜ける道だが、僕の記憶にあるかぎりの40年前と比べれば、交通量は何十倍にも増えていると思う。そのころは道路を歩いていても車とすれちがうことはめったになかった。ここ10年くらいが特に激増している。僕は10年前からなんらかの交通規制をすべきだと言ってきた。奥入瀬渓流の方では一部規制がようやく始まったけれど、こっちの方こそ、八甲田を縦断する道路であって環境への影響がより大きい。ぜひ関係者の人たちに検討してもらいたいと思う。不便になるのはわかっている。僕自身も不便になるだろう。だけど今や環境問題というのは多少の不便さを受け入れてゆくところまで踏み込まないといけないのだ。
 「持続可能な開発(あるいは持続可能な社会)」という言葉があるけれど、僕はそんな中途半端なことではダメかなという気がする。

 それからもう一つ。今、環境破壊というとCO2の削減ばかり叫ばれているけれど、けっしてそれだけではない。むしろそればかり言っていると本末転倒のことも起こりえる。原子力の方がCO2が少ないという主張が典型的だ。これも「持続可能な開発」にこだわっているからそういう論議になるのだと思う。


2008.06.28[Sat] Post 10:00  コメント:6  TB:0  環境問題  Top▲

ムラサキヤシオ

ムラサキヤシオ
2008.5.4
EOS1DsMark III/ EF24-105mmf4L IS USM

 川を遡行している時、ふと崖を見上げると一面に赤紫の花が広がっていた。微妙な色合いがなんとも美しい。
ムラサキヤシオである。ツツジ科の一種だがヤマツツジとは違う。レンゲツツジとも違うものだ。
ムラサキヤシオ


倒木の後で陽の差す空間ができたのでそこに一気に広がったのだろう。これもまた蒼惶たる原生!生命のエネルギーをふつふつと感じさせる光景。

 しかしこれもまた早すぎる開花。ムラサキヤシオの開花は6月のものだ。その後に赤いヤマツツジが咲き、夏ごろにはオレンジのレンゲツツジが咲くものである。

2008.06.27[Fri] Post 10:13  コメント:0  TB:0  ムラサキヤシオ  Top▲

高温続いて異様な森

フキノトウ


この葉っぱは、ミズバショーのなれの果て。見たのが初めての人は信じられないでしょうが、そんなことよりもこれが5/11であるという方が僕には信じられない。こんなのは6月末の光景だ。
下写真は4/23の写真。これ自体も例年より2週間は早いが、その後さらに加速したようだ。5月の連休の八甲田はまるで初夏のような暑さだったからね。これをフェーン現象のせいだとする解説はナンセンスとしか言いようがない。一つ一つの現象だけを取り上げて解説しても意味がない。
ミズバショー


下写真は、2006年6/7の写真。これと比べてもひと月は早いことがわかる。
もちろん、場所がちがうので正しい比較にはならないのは承知しているが、ミズバショーの葉っぱがこれだけ開いたときの写真があまりないのだ。そう!この写真も時期はずれに大きくなってしまったのであえて写真を撮ったわけで、ここ10年で八甲田も急激な温暖化がすすんでいることがわかる。
ミズバショー


今年はフキノトウもあっというまに開いてしまってまるでかわいげがない(苦笑)。2008.5.6ふきのとう




2008.06.26[Thu] Post 11:42  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

「幻色の都」再編集

長い間、忙しさにかまけてさぼっていた「幻色の都」を再編集して、ホーページの方の書庫にいれておきました。時間があればご欄になってください。

http://iwakino.com/genshoku/index.html
2008.06.25[Wed] Post 15:36  コメント:1  TB:0  日誌  Top▲

ダケカンバ萌え

ダケカンバ


常緑のオオシラビソ(アオモリトドマツ)の間からダケカンバが芽吹き始めている。このフワフワした浮遊感がなんとも言えない。

 夜明けから残雪を歩き始めて4時間近い。この日の疲労はそれほどでもないけれど、何日も野営を続けた蓄積疲労があるのだろう。やるべき課題を撮り終えた達成感というものもある。そんな精神と肉体が春の八甲田の寛容な風景に溶け込んで人の気持ちをおだやかにさせるのだろう。山の神の慈愛のようなものすら感じた。そんなものは錯覚だけれど、何日もひとりで野営して自然の中に溶け込まなければけっして得られないであろうこの境地になってこそ見えてくる光景を僕は撮り続けていこうと思っている。
 大げさだね。東京に帰ってきて書くと自分でも大げさに聞こえる^^;それもしょうがない。現地では人を包むものすべてが違うもの。目に入るもの、耳に聞こえるもの、肌に感じるもの、体に入り込む空気、すべてが違う。だから人も変わるのだ。人間が自然と無縁に生きていくことなど幻想だし、まして人間が自然を支配しようとすることなど傲慢でしかない。またこんなよけいなことを考えるのも人間だけだね^^:
ダケカンバ


2008.06.25[Wed] Post 12:42  コメント:0  TB:0  ダケカンバ  Top▲

ディスプレイの色

ここのところ、微妙な色加減の写真を連載しているので、WEBを通してその微妙さが読者に伝わっているのかどうか心配です。
というか半分くらいあきらめていますが。
 というのも、カラーマネージメントをきちんととった僕のディスプレイですらメインのモニター(ナナオCG222W)とツインに接続したサブのモニター(ナナオFlexScan L797)ですら二つの間にけっこうなちがいが出る(二つとも同じキャリブレーターで調整してある)。自宅のiMacではさらに違いが出る(もちろんこっちもキャリブレーターで調整してある)。ノートパソコンのMacBookProではもはやあきめるしかないほどのちがいが出ているわけで、ネットを通して見ている多くの閲覧者に正しく僕の伝えようとしているものが届いているかどうかかなり疑わしい。

 ディスプレイメーカーも問題なのである。これはきのう言及したことにも通底する。コントラストがやたらに高いディスプレイばかりが最近売られているのだ。コントラストが高く彩度も高いディスプレイの方が「きれい」かのように見えるからだ。だからメーカーはそればっかりを作っている。

 それがなかなか変えようのない現実だから仕方がないが、いまwebを通して自分のディスプレイで見ている色は、ほんとの色とは少し違っているかもしれないということを気に留めておいてくれれば幸いです。
2008.06.23[Mon] Post 19:21  コメント:6  TB:0  コンピューター  Top▲

山桜6

ヤマザクラ


 これがヤマザクラの写真と言えるのかどうかわからないが。

ブナの芽吹きから新緑の頃というのは、萌葱色(萌黄色とも書く)というくらいで、黄色に偏った緑なのが特色だが、今年は少し違った。緑が濃いのである。これがなぜなのか?異常な高温が続いたおかげで萌えの期間が少なくて一気に緑化してしまったせいではないかと思っている。
 それを証明するかのような事件が現地の最近のニュースにあった。ブナの凍霜害が各地で報告されているのだ。葉っぱが霜で枯れたという。異常な温暖化で生育が早まって一斉開花してしまうとこういうことが起こるというわけだ。

 (去年のブナシャチホコの大食害をも合わせて考えると)やっぱりたいへんなことが進行していると思う。ブナの原生林の北限の八甲田や白神のブナが枯れてしまったら、ブナの原生林は地球上から消滅してしまうことに他ならないわけだから。

 たしかに緑が濃い方が印象的できれいという見方もあるけれど、本来の自然が壊れていく様をも見るようで単純には喜べない。

 僕はNaturePhotoを現像する時のスタンスとして、
 *色温度、*色彩度をむやみに変更しない、色補正、画像処理は最小限のドキュメント性を損なわないものに限定するということを心がけている。NaturePhotoは、ビジュアルアートという面だけではなくドキュメントとしての価値もあるわけで、それを自らなくしてはいけないと思うからだ。近頃特に、カメラメーカー、ソフトメーカー、雑誌等含めて、彩度やコントラストが高めの設定に流されているように思うのは僕だけだろうか?デジカメのハードウエア内部で高めに設定された彩度というのは(単純に彩度を上げているわけではなくてメーカーの好みによって色座標軸も変えているので)後で直しようがない。後で彩度を上げるのは簡単だが。コンパクトタイプならばそれもしょうがないような気もするけれど、少なくともプロ仕様のものはニュートラルな設定をきちんと残してほしいと思う。
 
2008.06.23[Mon] Post 10:17  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

山桜5

ヤマザクラ


何日も山を探し歩いて、これはという山桜をいくつか撮ったけれど、それでも何かいまひとつ心にひびくものが足りない。まあ良しとするか、「もう終了だ」と思いながら2週間近く歩き続けて足腰も手の握力も限界で悲鳴を上げ始めていたころ、ふと深呼吸して空を見上げた時にこの光景を見た。あっ、これはなんと心が吸い込まれる光景だろう。見上げて息を吐き出すとともになにかしら心の中のわだかまりのようなものすべてが抜けていくように感じられた。
 これだなと思った。
 撮り終えて、深奥のブナの森の真ん中で胡座(あぐら)をかいて一服した。カタカタカタっというアカゲラのドラミングが遠くの空から響きわたっていた。この時、明日は山を降りようと決めたのである。

(しかし実際カレンダーに採用したのはこの写真ではありません。別の趣の、もっといいかなあと思えるものがあったのです。)
2008.06.21[Sat] Post 09:24  コメント:2  TB:0  ヤマザクラ  Top▲

山桜4

ヤマザクラ


ほんの一瞬だけど風がやみ、湖は鏡面になってヤマザクラを映してくれた。
2008.06.20[Fri] Post 09:16  コメント:0  TB:0  ヤマザクラ  Top▲

Leopardはどうか?

最近OSはLeopardを使い始めたのだけれど、このなかで特にクイックルック機能は使える。
これは、
アプリケーションを起動せずに、その内容をすぐに見ることができる、
というちょっと驚くべき機能だ。古いパソコン世代には信じられない。
フォルダの中に写真があったとすると普通は小さいサムネールでしかないわけで、この内容を確認するには普通は何かブラウザーとかを起動しなければならないわけだが、Leopardならその必要がない。写真を、一つでも複数でもいいから選んで、スペースバーを押すだけだ。おどろくほど簡単に瞬時に開く。しかもフルスクリーンにもできる。Photoshopのアプリケーション上と色味もおんなじだ。おどろき。WINでは絶対こうはいかない。やっぱりマックかなあと思う。
 Spacesという機能もあって、これはデスクトップをいくつものディスプレイがあるかのように使えるようにするものだが、これも使い勝手がよい。ファイルをいくつも開いた場合に非常にアクセスしやすい。
 ただし、Leopardはメモリーが大量に必要だ。MacPro標準の2GBではお話にならない。すぐレインボーがぐるぐる回ってしまう。僕も最初は2GBのままで一週間ほど使ってみたが、なんだクワッドコアZeonもたいして速くないじゃないかと思っていたが、メモリーを8G増設して計10GBにしてみたところ、見違えるほど速くなった。このOSのファインダーはメモリーを大量消費するということなのだろう。
 DPPもLightroomも問題なく使えてます。MacProもようやくZeonになって本領発揮してきたようでかなり速いです。MacbookProとはケタちがいという感じ。
 

2008.06.19[Thu] Post 17:34  コメント:2  TB:0  コンピューター  Top▲

ヤマザクラ

2008.5.2/山湖に映えるオオヤマザクラ

 
 
2008.06.19[Thu] Post 09:15  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

山桜2

ヤマザクラ

EOS1DsMark III/ EF70-200mmf4L IS USM

新緑の盛りにオオヤマザクラが満開になっているのは、この地ではめずらしい。風景としては見事だけれど、冬枯れ時にヤマザクラという定番の景色が気候変動によってこれから少なくなるのかもしれないと思うとなんだか寂しい気もする。
2008.06.18[Wed] Post 09:24  コメント:0  TB:0  ヤマザクラ  Top▲

山桜

ヤマザクラと新緑、それにもう一つの課題(秘^^)があって今回のキャンプは一ヶ月にもおよんだのだけれど、今年の気候は例年とちがって3つの課題が同時期に集中してかなり焦った。例年ならまだ冬枯れの時期にヤマザクラが咲き、その後ブナが芽吹きまたしばらくして今度は別の種のヤマザクラ(カスミザクラ)が咲く。それが今年は4月に異常高温が続いて3つほぼ同時期に来たところが少なくなかった。あせったあせった。
ヤマザクラ

オオヤマザクラ /EOS1DsMark III/ EF400mmf5.6L USM

八甲田のヤマザクラはオオヤマザクラが主流で、関東以南のヤマザクラよりも色が濃いことからベニヤマザクラと呼ばれたりします。エゾヤマザクラとも言います。


ヤマザクラに開花時期が2週間以上もずれる別種があるということをわかっている人は少ない。
2008.06.17[Tue] Post 11:03  コメント:0  TB:0  ヤマザクラ  Top▲

アテルイの怒り

今回の岩手・宮城内陸地震はそういう気がしてならない。

 震源地のあたりは、南部人にとってメッカのようなところと言っていい。

 古代、大和朝廷の侵略に対抗して立ち上がりこれを次々と撃破し陸奥国(道の奥ーみちのく)の楽土を築いた英雄ー阿弖流為(アテルイ)たちがこの地で最後の決戦を戦ったところだからだ。胆沢のあたりー磐井川から北上川(かつて日高見川と言った)にかけて一万の蝦夷(えみし)の民たちは5万の大和朝廷軍を幾度も粉砕した。のちに坂上田村麻呂に敗北するのだけれど、阿弖流為たちが闘いとったのは美しい自然とそれと共存して平和に暮らす蝦夷の誇りであったのである。大和朝廷の奴隷の道を断ち切る闘いであった。

(ちょうど今僕は、高橋克彦の「火焔」と熊谷達也の「まほろばの疾風」を読んでいたところで、それを参考にしています)

 またこの近くには平泉もある。これもまた、奥州藤原氏が大和朝廷に対抗して楽土を築いた地でもある。
 さら時代を経て、秀吉の時代には、九戸城において南部藩士5000人が10万の秀吉軍に反旗をひるがえしてろう城して戦い抜いたところでもあるわけだ。

 アラハバキの神という蝦夷の民俗信仰の神が奉られているのもこのあたりである。

 アテルイたちが戦い守ろうとしたのは、みちのくの豊かな自然とそこに暮らす人々の生活であったと思う。
 近年の仙台近郊の開発のスケールは度を過ぎていると思うのは僕だけではないはずで、東北自動車道をゆけば東京をすぎて仙台あたりで第二の大渋滞がおこるのは誰もが知っている。

 もちろん、天災は人知を越えたものであって抗しようがない。それでも山や自然を痛めつけてきたのは人間の度を越えた開発なのだということを僕らは何度も反芻し見据えなければならないと思う。

 被災者の救援が速やかでありますように。磐井川ぞいに僕のカミさんの実家があり先日田植えの手伝いに行ってきたところでした。さいわい被害はなかったようです。

**「火焔」おもしろいですよ、興味があったらぜひ読んでみてください。
2008.06.16[Mon] Post 11:17  コメント:2  TB:0  環境問題  Top▲

ハウチワカエデの花

ハウチワカエデ


ワイン色に近い濃い赤の花を咲かせていたのはハウチワカエデです。(イタヤカエデは黄色い花)
八甲田あたりの標高の高いところではハウチワカエデの方が多いようです。

 山から降りてからずっと忙しかったので、よけいにこういう花を見るとほっとします。
2008.06.13[Fri] Post 14:29  コメント:0  TB:0  カエデ  Top▲

カモシカ

カモシカ

カモシカ

カモシカ

2008.4.30/ EOS1DMark III/


 長沼から赤沼へ登る途中でカモシカと出会った。青森の友人一人と同行していた時のことだ。
途中、道を見失ってコンパスをたよりにさまよっていて、ちょっと一服しようと腰をおろしていた時だった。まるで山の神様が導いたみたいでしたね。カモシカの匂いに誘われて道に迷ったんでしょう(笑)。迷ったと言っても僕にしてみれば1時間くらい道草食ったぐらいの感覚なんだけど、久しぶりで奥山まで入った友人には心細い思いをさせてしまったかもしれない(苦笑)。カモシカは、この一ヶ月で4回も目撃したけれどこの一頭がもっともかっこ良かったですね。ヤツは2分くらいじっと立ち止まっていた。白い毛並みの美しいカモシカでした。

 ***カモシカとは、ニホンカモシカのこと。いわゆるシカ(シカ科)とはちがう種で、ウシ科ヤギ亜科と言って見た目もヤギに近いかな。シカよりも標高の高い山岳地帯に生息する。キコリとかマタギ達は、「アオ」とか「アオジシ」とか呼んだりする。「シカの食害」で植生に被害が出て関東以南では問題になっているけれど、カモシカは樹幹の樹皮を食べ尽くすというような食べ方はめったにしない。冬でも小枝の樹皮くらいしか食べない。主に葉っぱを食べる。ミズのムカゴも好物でこれだけは僕と争ったりする(笑)。
 カモシカの毛皮は、保温性が高く水も通さないので外套としては上等だったそうですけど、今は天然記念物ですから手に入りませんね。残念。



2008.06.09[Mon] Post 17:27  コメント:0  TB:0  カモシカ  Top▲

経験値を越えた雪融け大増水

ブナが芽吹き峰走り始めた頃、季節外れの「猛暑」に見舞われた。この季節に山中で連日20℃を越えるなんて。川の本流は午後になると雪融け水で大増水となって水位が何10センチも上がった。まるで集中豪雨の後のようだった。こんなのはちょっとお目にかかったことがありません。

 信じられない光景をひとつ。以下。雪融け水が異常に流れ込んで、湿地帯が川と化している。
増水


川は、源流部でも本流ではかなり増水した。朝は平気で渡渉できたのに午後になると増水していて立ち往生してしまうというドシロートのような判断ミスを犯してしまう。経験値を越えた異常気象であることは疑う余地もない。
増水


2008.06.07[Sat] Post 10:46  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

ブナの芽吹き_春の息吹き3

芽吹き

2008.4.02/EOS1DsMark III/EF70-200mmF4L IS USM

芽吹き

2008.5.2/ EOS1DsMark III/ EF400mmf5.6L

芽吹き

2008.5.2/ EOS1DsMark III/ EF70-200mmf4L IS USM

新葉

2008.4.26/ EOS1DsMark III/ EF400mmf5.6L



2008.06.06[Fri] Post 09:40  コメント:0  TB:0  新緑  Top▲

傷の手当

傷の手当


 あやまってナイフで指を切ってしまった。
僕は救急パックのようなものを持っていかない。ほとんど使ったことがないので携行するのを何年も前からやめてしまったのだ。
 で、こういう時は、手ぬぐいを破いて包帯を作り、ヨモギを薬草に使う。高山帯に行ってヨモギがない時はダケカンバの樹皮を使う。ヨモギは草に水をつけてそれををしぼって傷口に塗るだけだ。
 ナイフでけっこうザックリ切ったけれど、午前中歩いているうちに傷口はふさがってしまった。市販薬よりもよっぽど強力なのである。ヨモギはヤブ蚊よけにも役立つし、ヤマビルにくわれたときの血止めにもなる。大量のヨモギをテントや焚き火のまわりで燃やしてくすぶらせておけばよい。ヤブ蚊はさーっといなくなってしまう。

 日本手ぬぐいというのは山では、非常にいいものなのである。軽いし、濡れても絞れば薄いのですぐ乾く。タオルではこうはいかない。包帯にもなるしバンダナにもなる。帽子がない時は「ほっかむり」すればいい。岩魚を刺し身にする時に身をふく時にも役に立つ。岩魚はあまり水で洗ってはまずくなるのだ。

 日本の古来からの文化、自然の恵みものを大事にしたい。なんでもかんでもすぐ金を出して揃えてしまうというのはやめようーこの考えはほんとのところのエコにちがいない。みんなが少しばかりの「快適さ」(=に感じるけれどもほんとはそれほどでもないこと)をけづっていこうということではないかな?とか思ったりします。

2008.06.05[Thu] Post 09:58  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

春の息吹き2_湧き水と苔

苔


苔


苔はふつう、春から夏にかけて特に梅雨期に濃い緑を時間をかけて増殖させていくのだけれど、雪融けの早い時期にこれだけ濃い苔を現出させているところはめずらしい。冬の間も(外気温と比べて)あたたかい湧き水をたたえていたという証左だと思う。
苔


この時期、雪融け水は気温が上がる昼近くになって出てくる。朝早い時間帯にこんこんと流れているのは湧水である。コップにすくってみるとまったくにごりのないきれいな水でした。柔らかくて旨い湧水でした。
2008.06.04[Wed] Post 10:00  コメント:1  TB:0    Top▲

春の息吹き1

冬枯れの季節は、八甲田では12月から4月末までほぼ一年の5ヶ月を占めていたのだけれど、ここ20年ではっきりと様変わりしてきた。温暖化の影響で一ヶ月は短縮してしまったのではないか?
 早すぎる春=短すぎる冬に驚いてしまうのだけれど、それでも春の訪れにウキウキするのは人間も自然の一員に違いなく、その息吹きに共鳴しているということなのだろう。
 
苔

苔

2008.4.19/EOS1DsMark III/EF24-105mmf4L


 苔の前にしゃがみこんで見ると春が芽吹いている。冬でも枯れなかった湧水の近くではやはり他よりも早く春が訪れるようだ。
2008.06.03[Tue] Post 10:27  コメント:0  TB:0    Top▲

巨木の森7

巨木ミズナラ

2008.4.26/EOS1DsMark III.EF17-40mmf/4L

これはブナではなくミズナラの巨木。
入山して一週間で、ようやく芽吹いてきた。それでも例年より2週間も早い。
2008.06.02[Mon] Post 10:00  コメント:0  TB:0  巨木・奇木・古木  Top▲

巨木の森6

巨木

2008.4.18/EOS1DsMark III

 これは(ブナではなく)トチノキの巨木。トチノキはわりとドカンと真っすぐのびていることが多いのだが、これはめずらしい。
2008.06.01[Sun] Post 17:14  コメント:0  TB:0  巨木・奇木・古木  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。