写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

南八甲田滝登り

連瀑帯

 帰京。さんざんの天気でした。一週間ずっと、えんえんと冷たい雨。雨をぬって行動できたのは2日だけであった。

 思い起こすとカレンダー撮了までの一年間は実に天候に恵まれたなあと思う。

 高一の息子が同行。百mにもおよぶこの小連瀑帯を登って、4つの滝を越えて源流まで踏破しました。
最後までよくついてきたと思う。もっともお助けヒモ(一mのシュリンゲ)で何度か引き上げたけれども。それは仕方がない。ベテラン登山家であってもそれなしではひとりでこのコースは踏破できないと思う。身長も体力も16歳にしてとっくに僕を越えているが、滝の直登などは特別の筋肉と技術が必要だからだ。

 この連瀑帯登りはまるでパズルを解くように楽しい。ざっと見上げて、どのコースをたどるのか4.5手先まで読んで登ってゆく。踏破できない大岩や淵にあたったりするとやり直すわけだ。滝登りは基本的に4本手足のうちの3点支持で、常に一歩一足づつしか進めない。着実に進むしかないわけだ。ショートカットや一足飛びはありえないのだ。それがきっとおもしろい。浅瀬歩きは逆に一歩一歩着実がいいとは限らない。そればっかりだとかえって疲れるし、時間もかさむ。スピードを殺さずにスタスタと小岩を渡り歩く技術があるとけたちがいに速くて疲れないのだ。薮漕ぎはどうか?これはもうひたすら忍耐しかないかな?源流遡行はこのように三つの脳と
体力を発揮することが必要なのだ。東京でゲームにばかり熱中している息子に「どう?」と聞いたら「うん、おもしろい」と言っていた。薮漕ぎはさすがにこたえたらしくときおり悲鳴をあげていた。雨中の薮漕ぎは、レインウエアが暑いしサウナ風呂のような中を2mから3mにもなるネマガリタケをかき分けかき分け進むしかないのだから誰でもこたえるさ。ゲームみたいにリセットなんてできない。突き抜けるしかないのだ。それを経験させてやろうと親はもくろんだけどさすがの親も少しこたえたなあ(苦笑)。ブナ林に抜けた時は上下汗びっしょりのビショビショで雨中で湯気が立ち上っていた。
滝登り

滝の側面ほぼ90度の壁を登った。

滝


スポンサーサイト
2008.08.29[Fri] Post 17:37  コメント:9  TB:0    Top▲

あすから南八甲田

行ってきます。10日くらいの予定です。ブログ休みます。スタジオの方も留守にします。ではでは。
2008.08.20[Wed] Post 13:50  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

深夜の無灯火トレッキング

月夜

2008.4.20 北八甲田

晴れた満月の夜は、ヘッドライトはいらないほどに明るい。思い切ってライトを消してみる。最初真っ暗で不安をおぼえるが、じきに眼が暗闇に慣れてくる。それどころか驚くほどの明るさなのだ。
月夜
ジッと立ち止まる。ケモノのような気持ちになってまわりを見渡す。しばらくジッとみていたけれど、残念ながら動物はこなかった。誰か人でも来たらおもしろいのにとさえ思った。もっともこんな山中深く真夜中にひとりで歩いている人間はいないと思うが。僕にはケモノのような感情があるのだろうか(笑)。


2008.08.14[Thu] Post 17:34  コメント:7  TB:0  星空  Top▲

山の装備_靴

山の靴
ベースキャンプの車の中には、靴が何足も入っている。これに冬はまた別だ。
川歩きがメインの僕にとって、靴がある意味一番大事であとはあまり気にすることはない(冬は別だが)。

 アタックするコースによって使い分ける。

 一日で帰るんだったら、左上の渓流タビとか沢タビでいい。遡行が3日以上も続くようだと、これではつらくなる。靴がやわらかいので、岩にぶつけたりしてツメをはがしてしまったり、捻挫になったりするからだ。

 そういう長期の場合は、上真ん中の沢靴とかにする。つま先とかかとが保護されているのがいい。

 上右は、ゴアテックス仕様で、ソールがスパイクとフェルトを交換できるタイプ。森を歩くのがメインでたまに川にも入る場合はこれがいいが、沢がメインの場合は、水に浸かった場合は乾きが遅くかなり重くなる欠点がある。泳ぎも無理がある。源流遡行は泳ぐしか踏破できない場所もある。

 右下は、釣り長。濡れたくない場合はこれが一番。重いのが欠点で長期には向かない。泳ぐのも無理。

 左下は、スパッツ。常時使用する。源流の遡行は、必ずどこかで高巻き(森への迂回)を余儀なくされるので必須だ。これがないと薮こぎ時にズボンがぼろぼろになる。沢専用のスパッツもあるが、締め付けがきつくて血行が悪くなる。長期には絶対に向かない。

 ワラジという選択もあるけれど、いいワラジに会ったことがない。一日ともたずに切れてしまうから×。それにヘビは素足に反応するので咬まれるおそれもある。マムシはそこらじゅうにいる。

 で、結局、よく使うのは、沢靴だ。唯一の欠点は底がフェルト固定なので薮こぎ時にすべること。これの対策のために「ピンソール」という着脱式の軽アイゼンのようなものを使っている。これはかなり有効だ。薮ですべるというのは軽視してはいけない。斜面でネマガリタケを踏むと滑り台のようにズルッといくし生死にかかわる。滑らないと疲労度もだんぜん違ってくる。

 ぼくが使っている沢靴は、モンベル製のサワートレッカーというやつ。ピンソールは「カモシカスポーツ」で取り扱っている。
ウエアなんかなんでもいい。化繊のものが乾きやすくていい。レインウエアだけは重要。防水と通気性の高いものを選ぶ。これもへたをすると生死にかかわる。蒸れるようなカッパで汗びっしょりで夜に冷えてくるとけっこうやばい。雨降ってもたき火ができる僕は死なないけど、夏でも凍死例があるというのはこういう時だ。

 少しおどしが入ったけど(笑)、な~にだいじょうぶ!沢靴さえあれば清流に行けますよ、みなさん。ウダウダ言ってないでたまには川へ行こう^^;


追記 前記の光の軌跡の正体ですが、
三日月です。
2008.08.07[Thu] Post 13:04  コメント:3  TB:0  山の装備  Top▲

神様のライティング

星空
山の神様の凝りに凝ったライティングとしか思えない光景だが、ただ見ているだけではこれは見えてこない。写真家の想像力があればその仕掛けがぼんやりと浮かんでくる。ここを工夫すればきっとこんな感じになるという想像。そういうのはほとんど半分くらいはずれるのだが、これはいい方向にはずれた。これは何かの軌跡なんですが、この現れ方が予測とかなり違った。なんだかわかりますか?
2008.08.06[Wed] Post 14:19  コメント:6  TB:0  星空  Top▲

満月の夜空

星空
2008.4.20PM7:41 EOS1DsMark III / ISO400


これは、別の視点で満月の夜にねらったもの。
星の写りはわるくなるけれど、冠雪した山を浮かび上がらすには満月の明るさが必要なのだ。
寒さをがまんすればこんなに美しい夜はない。晴れた夜、満月が照らす残雪の八甲田。
2008.08.04[Mon] Post 10:58  コメント:2  TB:0  星空  Top▲

デジカメのノイズと深夜の怪しげな行動

デジカメのノイズには主に、
*高感度にした場合のノイズと、
*長時間露光した場合のノイズ、とあって別の現れ方をする。
最近のデジカメは、高感度ノイズの方はかなり改善されてきたけれど、長時間露光の方はまだまだ足りない。
 長時間露光のノイズの問題はいまだにやっかいなのである。例えば、Canonの1D系には長時間露光ノイズリダクション機能のon/ofがついているが、onにすると撮影時間が倍になってしまう。星空の撮影などでは普通の1時間の露光をリモートタイマーなどで設定すると、実際には2時間になるのだ。どういうことかと言うと、シャッターは1時間で閉じるのだが、その後シャッターを閉じた状態でデジカメの赤ランプが点灯したままさらに1時間何やら処理をしているのだ。おそらく同じ露光時間でシャッターを閉じたまま(つまりノイズだけ)撮影して、それを実画像から除去するという作業をしているのだろうと思う。
 これが星空写真の撮影を難儀なものにしている。バッテリーも時間も食ってしまう。2時間もたてば雲がかかってきたり雨が降ったりもする。2時間寝て待ってもいいけど、寝てる間に雨にやられればカメラがおじゃんになってしまう。結局徹夜になる。暗闇の山中でひとりだからその待ち時間がとほうに長い。酒を飲めればいいのだがそれをあまりやると眠くなる。酒とコーヒーのちゃんぽんという不思議なことをやらかす。ラジオを持参するようになったのもただその時間つぶしのためだ。NHKの「ラジオ深夜便」のファンになってしまった(笑)、きっと近くのけものたちは、あの人間はいったい何をしているのだろう、と不安になって様子をうかがっていたにちがいない。
2008.08.02[Sat] Post 13:38  コメント:4  TB:0  デジカメ  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。