写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

Bakkoishi4

_MG_9275.jpg

_MG_9365.jpg

_MG_9349.jpg

_MG_9424.jpg
2011.5.31 Aomori


私たちは、大自然に畏怖すべきだということを忘れていたのだ。3.11大震災は、そのことを私たちにつきつけた。

婆古石大明神は、縄文の心を伝える神様にちがいない。国家神道に弾圧された東北の神々。

(『峡谷に宿るもの』東奥日報社刊 岩木登写真集 ”11年7月12日発売)
(写真展「峡谷に宿るもの」7/21~7/27 キヤノンギャラリー銀座)
スポンサーサイト
2011.06.30[Thu] Post 15:06  コメント:1  TB:0  日誌  Top▲

Bakkoishi3

IMG_1690.jpg

_MG_9431.jpg

_MG_9386_20110629194439.jpg

_MG_9292.jpg
2011.5.31
誘われるままにBakkoishiを訪ねた。東北最高のパワースポットだな。レンズの水滴も煙も意図したわけではない。
2011.06.29[Wed] Post 19:47  コメント:1  TB:0  日誌  Top▲

Bakkoishi2

_MG_9360_20110629193620.jpg

_MG_9281.jpg

2011.5.31
2011.06.29[Wed] Post 19:37  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Bakkoishi

bakkoishi
2011.5.31 aomori
2011.06.29[Wed] Post 19:31  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

写真集発売のお知らせ

book.jpg

B4変形120ページ 東奥日報社刊 ”11年7月12日発売

ようやく発売にこぎつけました。展覧会場で販売します。



TSTST(東北支援東京写真家チーム)の報告サイトは、こちらです。
http://tstst.blog101.fc2.com/

7月は、8,9.10に現地入りする予定です。


2011.06.28[Tue] Post 13:06  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

明日から青森

日曜日までの滞在。
新幹線で。
2011.06.23[Thu] Post 20:08  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

JPS会報に紹介されました。

今月号のJPS(公益社団法人 日本写真家協会)の会報に支援活動情報として紹介されました。十和田市現代美術館でのチャリティ展の模様とTSTSTの活動の記事を執筆しました。写真は「4.11大槌町」を載せました。
2011.06.18[Sat] Post 14:41  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

『風景写真』7-8月号掲載

6月20日(月)発売の『風景写真』7-8月号、 巻頭特集「よみがえれ!美しい東北」に、2ページ見開きで掲載されています。
来週は、青森です。
2011.06.17[Fri] Post 15:08  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

南リアス線の朝焼け

南リアス線
2011.6.04 

「再建しよう東北 支えよう東京」 東北を支援するTSTSTの活動報告ブログは、こちらです。
http://tstst.blog101.fc2.com/
2011.06.16[Thu] Post 14:37  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

TSTST奔走中

東北支援東京写真家チームTSTST奔走中です。
先週第4次支援、宮古の避難所に衣装ケース376個届けました。小西チーム。
今週また、第5次隊、宮古と大船渡に物資、パソコン、それからJPSの呼びかけに応えて、被災した大船渡の写真スタジオ支援に入ります。小城チーム。

TSTSTの報告サイトはこちら。http://tstst.blog101.fc2.com/

2011.06.15[Wed] Post 17:18  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

下北の地酒「関の井」を飲みながら現地支援報告会

酒飲みの僕が、摩訶不思議な絶品と言うからまちがいない青森の隠れた銘酒、関の井。棟方志功も惚れ込んでマッチ箱に自分の版画を提供したという逸話もある。
 わいわい飲みながら、東北支援活動の報告会をやります。大船渡でのコーヒーサービス、物資配給、大間原発「あさこはうす」訪問、あさこはうすハガキプロジェクトの提案、ほか。TSTSTのメンバーだけでなく一般の方の参加も歓迎します。

会費¥1000 酒とつまみ代

2011年6月16日 · 19:00 - 22:00 あす夜です。

ガリバースタジオ
東京都
渋谷区恵比寿1-26-15 尾花ビル3F 090-3317-7918


_MG_9173b.jpg
2011.5.29 南八甲田 ブナ 「森の神」

2011.06.15[Wed] Post 14:13  コメント:1  TB:0  日誌  Top▲

写真展「峡谷に宿るもの」ご案内

写真展7.21

2011.7.21~7.27 キヤノンギャラリー銀座
   8.18~8.30    ”     仙台
   9.8~9.14     ”     梅田

新しい写真集「峡谷に宿るもの」を発表できる予定です。
2011.06.14[Tue] Post 18:03  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

TSTST第三次隊の報告が上がってます

東北支援東京写真家チームの現地支援第三次隊の報告が上がってます。前編、後編あります。
リポートは今回、初参加の米田智子さんです。

http://tstst.blog101.fc2.com/
2011.06.13[Mon] Post 18:21  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

きょうは慶應大学カレンダーの撮影です。

全日、スタジオ在中です。
2011.06.13[Mon] Post 09:03  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

_MG_0089.jpg

おとといは、冬物ウエアの撮影を、エアコンなし、扇風機でこなした。モデルさんには少しがんばってもらいました。お疲れ様。
2011.06.11[Sat] Post 11:37  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

原子力という科学者の夢

a9185D3.jpg
2011.3.10 震災前日の南八甲田

科学技術とは、人間が自然を支配するためのもの、であったのではないかという疑念はぬぐえない。
原子力という科学者の夢(好意的に見てそうしておく。事実を操作し「科学的だ」と強弁する欺瞞的な科学者などいくらでもいるから。)
人類の繁栄という科学者の夢には、他の生き物たちへの配慮はない。あらゆる生き物たちの母である地球への配慮は何もない。

このたった60年で三倍に膨れ上がった人類の人口。地球の表面を変えてしまった人間の活動。

生き物でもある地球の自浄作用が働いているとしたら、人類の人口は、元の1/3まで減らなければならないのではないかとも思えてくる。

自浄作用ならまだ仕方ないかもしれないと思う。だけど核問題は違う。プルトニウムー核分裂は本来地球にないものだからだ。自浄作用を越えた破壊にまで至るのか。みんなが人ごとのようにいつまでも考えているならきっとそうなるのだろう。
2011.06.10[Fri] Post 15:24  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

下北半島の自然は深い

下北の生き物たちは、飼われている牛や馬もみな異常に元気です。柵に寄ると駆け寄って来る。
ん?誰かを見て興奮したのか?!^^;
_MG_2274.jpg

_MG_9653.jpg


_MG_2270.jpg
2011.6.01
2011.06.10[Fri] Post 13:04  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

TSTST活動報告が更新されました

http://tstst.blog101.fc2.com/
2011.06.10[Fri] Post 10:51  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

南八甲田_森の神



風ひとつない。2011.5.29
2011.06.08[Wed] Post 17:43  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

三陸鉄道南リアス線陸前赤崎駅

_MG_0018b.jpg

大船渡湾を一望できる無人駅は、のどかで美しい駅だったのだろう。南リアス線は未だ全線不通だ。復活したらぜひまた来てみたい。

_MG_0024b.jpg

_MG_9980.jpg
2011.6.04

東北支援東京写真家編集者クリエイターズチーム(TSTST)のサイトはこちらです。
http://tstst.blog101.fc2.com/

TSTSTのメンバー専用ページが、フェイスブックにあります。ここではアップされていない多くの情報があります。ごらんください。入会希望であれば、メールをください。iwakino@mac.com



2011.06.08[Wed] Post 09:12  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

大船渡_震災3ヶ月後

大船渡
2011.6.04 大船渡

津波からおよそ3ヶ月がたった大船渡駅近くの街。満潮のせいなのか先日の台風のせいなのかわからない。街が水に浸っている。港の向こうから日が昇る美しい時間帯なのに異臭が立ちこめる残骸の街。

大船渡

2011.06.07[Tue] Post 14:26  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

下北半島北部の海

_MG_2344b.jpg

国際環境NGO、コンサベーション・インターナショナル(CI)は、日本列島で生物多様性を保護する必要性が高い地域として232カ所を選び、発表した。その中に下北半島北部の海が含まれる。KBAは、IUCNレッドリストの絶滅危惧種に分類された種が生息・生育するなどの危機性と、限られた範囲にしか分布しない種が生息・生育するなどの非代替性を指標とした国際標準的な手法により選ばれる。日本での選定にあたって、哺乳類、爬虫類、両生類、魚類、トンボ類の計103種が生息地する範囲を対象として、CIなどさまざまなNGO/NPOや研究者が協力して全国調査を実施した。
_MG_2323b.jpg

大間原発や六ヶ所再処理工場が稼働すれば、この海に放射能汚染水が放出されて、あわびも昆布も大間のマグロも風間浦のヒラメもウニもホタテも食えなくなる。
2011.06.06[Mon] Post 18:43  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

大船渡現地入り第三次支援活動_1

_MG_0108.jpg

末崎地区ふるさとセンターわきの市営グランドの仮設住宅へのりこんで勝手に配布を始めました。(正式に行政を通せば、公平さとかなんだかんだで配布が遅れます)

_MG_0110_20110606102142.jpg

またまた青森の七戸の農家(土岐さん)の好意とスウェーデンSAS職員有志のみなさんの贈り物、長芋です。それから土岐さん手作りのリンゴジャムがバケツ大の大容量タッパにいっぱい!各家庭に「タッパを持ってきて!配るから」と言ったら、大量のジャムがあっと言う間にさばけてしまいました。それから、三本木高校同窓の先輩、佐藤文哉さんからいただいた魚肉ソーセージ500本!

_MG_0114.jpg

家もパソコンも流された娘さんに、「パソコン使う?」と聞いたら、「え~っ!」って大喜び。「ノートパソコン?すご~い!!」
渋谷「サムデイ」の酒友、建築家の石原信さんの提供です。

_MG_0117_20110606102335.jpg

小城さんもニコニコ。物資があっという間にさばけて支援する側もみんなうれしい。

_MG_0133_20110606102426.jpg

盛駅そばの食堂に個別訪問。前回のカナリアホール炊き出しの時に、メンバーの菊池くらげさんが食堂のおかあさんと話をしていたのがきっかけでした。津波で一階が水浸し、もう店を閉めようと思っていたけど、もういちどやり直そうと思い直したという。水とかソーセージとか食器用洗剤とか置いてきました。

_MG_0128.jpg

_MG_0127.jpg

おかあさんもおとうさんも大喜び。開店めざして頑張ってました。開店したらこの店で宴会やりに行きますよ。

_MG_0124.jpg

被災の中心地、赤崎地区ともあまり片付いてませんでした。まだまだ支援を続けよう。

続く。
2011.06.06[Mon] Post 10:28  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

大間原発敷地内で一人、買収と迫害をはね返してたたかう人

IMG_1801.jpg

緑色の部分、ほんとに大間原発敷地内のどまんなかにその人は生活していた。

IMG_1779.jpg


鉄条網に囲まれた私道をずっと奥まで進む。原子炉まで250m!

IMG_1781.jpg

IMG_1788.jpg

ソーラーパネルや風力発電で電気を自前で用意しているそうだ。(電力会社が電線をひいてくれるわけがない)

IMG_1790.jpg

小笠原厚子さん(56歳)。母、あさこさんの遺志をついで孤高に闘いつづけている素敵な青森県人に出会った。

IMG_1802.jpg

このログハウスも母とふたりで建てたそうだ。知り合いの業者に頼んでも原発推進派の圧力でみんな逃げ腰になっていって自分たちでやるしかなかったという。なんて素敵で強いお母さんだったろう。

厚子さんはきさくな人でした。おいしいドリップコーヒーをいれてくれました。

P6013926.jpgphoto by Emiko Kato

先客が居て、ニューヨークの通信社ブルーグバーグの記者とカメラマン。

彼らと話をしたけれど、何と発信するのかわからない。6月5日の青森県知事選は世界中が注目していることを忘れないようにしよう。青森から、発信できる。脱原発の最先頭に立てる。もちろんその逆を世界に発信されるのかもしれない。無関心を装う多くの人々が原発の危険性に目をつぶり、ただ”あさこはうす”だけがひとり立ち向かった、と報道されるのかもしれない。
大間で稼働させようとしているフルMOX燃料を使用する世界初の原発は、事故を起こす可能性が高い。初めてというのはトラブルはつきものだからだ。だけどこの事故だけは許されないのだ。毒性が数倍高いフルMOX燃料の事故なら福島の事故レベルではすまなくなる。青森県の人はちゃんと考えて知事選に投票してください。

自民党も民主党も原発推進ということははっきりしている。民主党の岡田幹事長などは福島第一原発が危機的状況の真っ最中に、「大間原発は推進する」と断言した。僕も共産党は30年来嫌いだったが、ここは共産党にとりあえず入れるしかないだろうと思う。今の核危機はそういうレベルを超えている。イデオロギーとか政党とか人柄とか言ってる場合ではない。生活そのものができなくなるのだから。原発を容認する候補は落とさないといけない。原発事故が起こったら政策も人柄も何も関係なくなるということを考えてください。

もし反原発知事が青森に誕生し、大間は建設ストップ、六ヶ所は核燃料の搬入禁止、港湾使用を許さないとしたらどうなるか?

 日本の原発は使用済み核燃料の持っていき場所がなくなり、停止せざるを得なくなる。核燃リサイクル事業は破綻すると思う。
そもそも、もう六ヶ所核燃貯蔵は満杯に近い。だからフルMOX燃料の大間原発を急いで稼働させようとしている。ほらね、大間の安全性などたいして考えていないのだ。とにかくリサイクルさせないと核のゴミというウンコがどこもかしこも満杯になってしまったのだ。とりあえず東京から離れている最北端の地で多少の放射能が出ようが処理するしかない、と為政者と電力に巣くうハイエナたちは考えている。そんなことを許していいのかよく考えてください。それよりもこの汚くよごれたひとたちは金に目がくらんで先行きを見誤っている。六ヶ所や大間で事故が起こったら東京が無事であるわけがない。この国の、空も土も海も回復不能に汚されてしまうのだ。そんな想像力のかけらもなくし感性もひからびてしまった人たちは退場してもらおう。
2011.06.02[Thu] Post 22:15  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。