写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

今度は、三島の画廊で写真展

今度は、美術系の画廊での展覧会です。新展開かな?どんなお客さんが来てくれるのか楽しみ。
「原生の森と水の回廊」展
GALLERY エクリュの森 (静岡県三島市大宮町2-16-21伸和ビル1F 055-976-2320 http://www.ecru-no-mori.jp/)  2011.11.5~11.26
スポンサーサイト
2011.10.30[Sun] Post 22:13  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

次回展覧会の「原生の森と水の回廊」展のご案内

_MG_3592.jpg
GALLERY エクリュの森 (静岡県三島市大宮町2-16-21伸和ビル1F 055-976-2320 http://www.ecru-no-mori.jp/)  2011.11.5~11.26

22日間の長期開催です。

連続して12月は、
モンミュゼ沼津・沼津市庄司美術館(http://www18.ocn.ne.jp/~monmusee/)において 2011.12.3~12.25の開催です。
「原生の森と水の回廊」と題して、「原生の鼓動」から「峡谷に宿るもの」までにいたる南八甲田をめぐる写真の集大成の展示になると思います。(展示作品、写真集、ポストカード、CDROMほか販売)

開催二日目午後にギャラリートークを予定しています。
2011.10.28[Fri] Post 19:22  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

科学者の傲慢

ゾウのおり
「ゾウのおり」と呼ばれる三沢基地米軍の通信施設。六ヶ所村の再処理工場や中間貯蔵施設などは目と鼻の先だ。その上空で戦闘機や爆撃機が毎日飛び交っている。



 例えば、僕は、7月に20日間、南八甲田の源流の川原でひとり野営を続けたことがあるが、
そこでは毎日のように雨が降り、草木を育てているというのが眼の前で展開されていて、雨というのは慈雨であり、それを降らせている天というのは全てのものの母であるというのに何の疑問も持たない。

 全ては自然の恵みであるということを人間は時々忘れているのではないか?

 所詮、人間は自然の一部であるに過ぎない。知恵や科学すらもが自然の恵みものである。芸術すらもがそうだ。

 だから僕は時々、科学者の傲慢というものを考えてしまう。「原子力の夢」などは、その最たるものだ。

 科学技術とは、人間が自然を支配するためのもの、であったのではないかという疑念はぬぐえない。人類の繁栄という科学者の夢には、他の生き物たちへの配慮はない。あらゆる生き物たちの母である地球への配慮は何もない。

 このたった60年で三倍に膨れ上がった人類の人口。地球の表面を変えてしまった人間の活動。

 生き物でもある地球の自浄作用が働いているとしたら、人類の人口は半分以上減らなければならないのではないかとも思えてくる。

 自浄作用ならまだ仕方ないかもしれないと思う。だけど核問題は違う。プルトニウムー核分裂は本来地球にないものだからだ。自浄作用を越えた破壊にまで至るのか。みんなが人ごとのようにいつまでも考えているならきっとそうなるのだろう。


青森中央学院大学での講演会は無事終了しました。参加者、関係者のみなさん、感謝に堪えません。ありがとうございました。
2011.10.22[Sat] Post 08:46  コメント:2  TB:0  未分類  Top▲

青森の自然の独自性について

青森の自然の独自性について

今日は、講演会があります。午後3時から。青森中央学院大学新町サテライトキャンパスにて。「青森の自然の独自性について」
2011.10.20[Thu] Post 06:07  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

フェイスブックのページはこちらです

フェイスブックのページはこちらです。https://www.facebook.com/iwakino
2011.10.12[Wed] Post 00:52  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

時代をリードする写真家たち

http://ns-eyes.sod.ne.jp/時代をリードする写真家たち
紹介されています。
2011.10.09[Sun] Post 07:02  コメント:2  TB:0  未分類  Top▲

講演会のお知らせ_青森市

講演会のお知らせ
青森中央学院大学・新町サテライトキャンパス
10月20日午後3時~5時
「青森の四季の美しさ」について

青森市の新町通りに10月に開設したばかりの大学の情報発信施設です。1階がカフェ風で、2階で講演を行います。午後1時から、連続公開講座の開講式と青森中央学院大学教授内山清氏の挨拶があり、その後のトップバッターの講演ということです。1階のカフェには、写真を何枚か展示し、写真集(「峡谷に宿るもの」「南八甲田の森をゆく」「原生の鼓動+ 十和田市現代美術館展図録」)の販売もおこないます。
2011.10.08[Sat] Post 11:13  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

八甲田が見える水辺の風景_ムービー




正面に八甲田連峰、背後には小川原湖、六ヶ所村。虫の声、鳥の声、静かな川風。幸福な時間とはこういうものなのか。美しくのどかな故郷も汚染されれば二度と戻ってこない。­2011.09.24 青森県
2011.10.07[Fri] Post 18:40  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

無責任な言い分

それでも原発は必要だという人たちへ。

私たちの住む東京で核廃棄物の貯蔵を引き受ける覚悟はありますか?
私の故郷、青森県_六ヶ所村には6000トンの核のゴミが全国の原発から集められてきて満杯状態です。むつ市にさらに使用済み核燃料中間貯蔵施設が建設中です。

オリンピック誘致以前に、お台場に核廃棄物最終貯蔵施設を誘致したらどうですか?補助金と交付金が沢山出ますから、お金の心配はいりません。

人ごとのように話す「それでも原発は必要だ」という貴方の話は、無責任というものです。

原発
使用済み核燃料プール

原発
低レベル放射性廃棄物

原発
六ヶ所村再処理工場

悲劇の下北半島。1200年も続く中央による蝦夷(エミシ)征伐と言ったら笑うのか。
会津藩士たち1万7千人あまりがが下北半島に移住させられて斗南藩としたは明治維新のことだ。大間と東通の原発、むつ市の中間貯蔵施設、、六ヶ所村の再処理工場、ウラン濃縮工場、低レベル放射性廃棄物埋没センター、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター、三沢には米軍基地がある。笑う前に東北と青森の歴史と現実を知ってほしい。

2011.10.05[Wed] Post 12:10  コメント:4  TB:0  日誌  Top▲

南部地方の農地風景

_MG_5679-1b-1.jpg
十和田市郊外
2011.10.04[Tue] Post 17:56  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。