写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

みなさん、よいお年を!

北八甲田
北八甲田 2010

大震災があって、原発が爆発して、母が他界して、南八甲田彷徨決算の写真集を出版して、被災地東北支援活動のチームを結成して、写真展全国巡回をして、、、年末に倒れてしまいましたが、つくづく大変な一年だったと思います。多くのみなさんに支えられて、この大変な一年でなければ得なかったであろう貴重な経験をさせていただきました。みなさんどうもありがとう。みなさん、よいお年を!(喪中につき、賀状は控えています)

スポンサーサイト
2011.12.31[Sat] Post 07:45  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

あしたの森訪問

_MG_4596.jpg


「東北町あしたの森」に行ってみると、やぎが来てました。

_MG_4597.jpg

一関出身の鈴木さん、寒風の中、えさをやり。

_MG_4584.jpg

「あしたの森」にはゲストハウス一棟が完成して、薪ストーブも入って快適な感じでしたよ。WWOOFの参加者を募集しているそうです。

wwoof(ウーフジャパン)のページ

http://www.wwoofjapan.com/main/index.php?lang=ja
2011.12.28[Wed] Post 14:27  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

しばれでらぁ



毎朝、車を始動するのが一仕事。10分くらい暖機しないとフロントガラスの氷結がとれない。
青森滞在中です。
体調をくずしたようで休養してます。毎朝、近くの温泉に行ったりしてのんびりしてます。210円だから安いもの。朝昼晩と自炊。これも近くの道の駅で仕入れて。毎朝、近くの農家が納入している新鮮なもの。何よりも生産者名がわかるという安心感がうれしい。青森にいればわからないかもしれないが、東京では産地偽装ものが多くて消費者は不安をかかえているんです。

温泉のおかげか、右手の痺れは、とれてきました。

まだ時々、眩暈と偏頭痛。
2011.12.28[Wed] Post 07:11  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

森の家を手づくりした人



田中さんという。僕の友人の中野くんが最初は手ほどきしたそうだが、その後は全部ひとりで作ったそうだ。すごい。
2011.12.27[Tue] Post 17:59  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

SPEEDI六ヶ所核燃事故の場合

2011.12.27[Tue] Post 08:40  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

25日最終です。

_MG_3631.jpg

モンミュゼ沼津・沼津市庄司美術館

期間:2011年12月3日(土)~12月25日(日)


住所
〒410-0863 沼津市本字下一丁田900-1
TEL 055-952-8711
Web http://www18.ocn.ne.jp/~monmusee
休館日 月曜日
開館時間 10:00~17:00
2011.12.21[Wed] Post 22:44  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

晩秋の山湖

赤沼
2011.10 南八甲田

惹かれますね、寂れゆく景色。
2011.12.20[Tue] Post 09:57  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

森と野生動物やキノコたちがもっとも汚染されるということを忘れてはならない。

_MG_3254D3b.jpg
2011.10 南八甲田
ここから少し離れているが、睡蓮沼での計測:0.01mcSV/h
計測日:8月
計測機器:HORIBA PA-1000Radi
計測場所:屋外 地表 5cm
γ線のみの計測 
「測ってガイガー」サイトかの情報。
とりあえずほっとしている。チェルノブイリの経験では、森と野生動物やキノコたちがもっとも汚染されるということを忘れてはならない。
2011.12.19[Mon] Post 12:49  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ほんづなし首相とはんかくさい国

「発電所の事故そのものは収束に至ったと判断される」っておいおい、ノダって”ほんずなし”だったのがあ~(青森弁:ほんずなし、ほんつけなし、とも言う。ほん(帳面)も付けられないばか)

「再稼働に全力をあげる」と言う電力会社社長。福島では、何十万人もが家を逃げ出して避難し今も放射能の恐怖に怯えているというのに。

それをロボットのようにただ垂れ流すメディア。

他人事のように知らんふりを決め込むはんかくさい国民。
(はんかくさい"とは、青森弁で、どうしようもないばか、恥知らず、という意味だ)
2011.12.17[Sat] Post 07:39  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

来週から青森

きょうの撮影の現像片付けたら行きます。ヤレヤレ、ようやく行けるかな?一番の問題は、費用の捻出だった(苦)
2011.12.15[Thu] Post 23:42  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

三戸の郷土料理

_MG_3690.jpg
里芋のすっぽぬき、というらしい。旨いです。
ボアベールの「伝承しナイト」の様子は、フェイスブックに詳細アップしました。
http://www.facebook.com/groups/tstst/
2011.12.13[Tue] Post 14:46  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

現代青森料理とワインのお店「ボアベール」

きょうは、西新橋の川口シェフが主宰する現代青森料理とワインのお店「ボアベール」http://www.bois-vert.jp/で、
青森の伝承料理を紹介する「伝承しナイト」の2回目”三戸町”に行ってきます。シェフの川口カズノリさんの料理は絶品、心も熱い。出身は大阪なんだけど、青森に惚れ込んで店の名前まで変えたという経歴の人です。


http://boisvert.seesaa.net/article/237654668.html
2011.12.12[Mon] Post 11:33  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

IWJシンポジウム&パーティに参加



早川由紀夫氏と武田邦彦氏。
Independent web journal(岩上安代表)のシンポジウム
鈴木宜弘、矢ケ崎克馬、孫崎亭、首藤信彦、高橋博子、
ゲスト
田中優、福島みずほ、松田美由紀、岩井俊二、藤波心ほか。
2011.12.11[Sun] Post 12:46  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

けさの日経新聞文化欄(最終ページ)に紹介記事

けさの日経新聞文化欄(最終ページ)に紹介記事。モンミュゼ沼津・沼津市庄司美術館/岩木登写真展。
2011.12.10[Sat] Post 14:18  コメント:2  TB:0  未分類  Top▲

反原発熱気ムンムン!

IMG_0399.jpg
NO NUKES EVENT

代官山 晴れたら空に豆まいて
出演:甘茶/Frying Dutchman /越路姉妹

「HUMAN ERROR」がブレイクしている。斉藤和義の「みんなウソだったんだろう」もヒットしたが、それを超える勢いだ。反原発の痛烈なメッセージ。



越路姉妹もよかった。立ち見席でびっしり満員でした。反原発熱気ムンムン!

(スライドショーの写真は僕が提供しました)
2011.12.09[Fri] Post 20:48  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ガイガーカウンター購入

TSTSTで購入しました。SOEKS-01Mガイガーカウンター。ロシア政府公認、CEマーク付き。最新版バージョン1CL。10秒で測定して12回連続測定し平均値をだします。夏ごろに比べて\10000以上安くなって\13.900アマゾン。

測定報告は、TSTSTのフェイスブックページhttp://www.facebook.com/groups/tstst/で随時おこなってます。
2011.12.08[Thu] Post 13:18  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

アシスタント募集

アシスタント募集
一日のみ。12月15日am9時~pm6時ぐらい。残業ありえます。
女性モデルを使ったウェアのカタログ撮影における、主に撮影セッティングの作業。男女年齢問わず。特別の専門的な経験は不要ですが、カメラ歴はある程度必要です。
場所:杉並のスタジオ
時給@1000、昼食付き

急遽欠員が出たので一名募集します。メールiwakino@mac.comください。
2011.12.07[Wed] Post 11:44  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

そんなもので撮れるものか。失礼だ(僕に対してではない)

_MG_3637.jpg
モンミュゼ沼津美術館にて展示中。「松見の滝」(135cm×90cm )

落差90m、両脇の断崖の高さは200mにおよぶ。南八甲田源流回廊の核と言ってもいい。
アプローチは3時間半かかる。日中に出かけようという半端な気持ちなら帰り道は日が落ちてしまう。

この滝の写真は(おそらく僕がはじめて撮ったであろう他の滝やゴルジュとちがって)何人かの写真家のものが残されているのだけれど、はっきり言わせてもらうとどれもこれもしまりがないと僕は思っていた。八甲田の「竜神様」に失礼だろう、と。こういう言い方はたしかに僕の物言いの方が失礼だが、だけど僕はそういうことを言っているのではない。僕は誰それの写真家に向かっているわけではない。自分と山の神様との関係において話しているわけだからお許し願いたい。

南八甲田最高の神を、最高の状態で、壮厳な姿を撮らなければ失礼なのだという自分に対する縛りをかけたのだ。

滝の轟音が響き渡る滝壺の川原で、僕は3日間テントを張って待ち続けた。もちろんひとりだし、三日間だれも来ない。この滝の核心は、とりわけ右側の断崖の険しさとスケールにある。それを撮るには、ガスがたちこめることがどうしても必要だった。ガスと言っても幾十もの種類がある。ただ霧が発生すればいいというものではない。

ただぶらっと一日だけ行って、
”ようやくたどり着いた。いいねえ、すごいねえ、カシャ。よし撮れた”、、、なんて、
そんなもので撮れるものか。失礼だ。(という意味です。もちろん写真家が作品として発表する地平というレベルのことですよ。一般の人は好きなように撮ればいいさ)

自分で言うのもなんだが、この時の竜神様は素晴らしい。
2011.12.06[Tue] Post 18:03  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

オマタタツロウ「原生の鼓動」を吹く

沼津市庄司美術館における演奏です。
最後に、ゴルジュの写真をテーマに即興を吹いてくれた。これは一曲目。

2011.12.04[Sun] Post 09:20  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

あす開催沼津市庄司美術館で展示作業

9.jpg

11.jpg

14.jpg

13.jpg

広いです、この会場。ぐるっと回廊のようにひとまわりする。メインのスペースは、長辺165cmの大きなパネルで埋めています。さらに2階にも展示スペースがある。

3.jpg

5.jpg

7.jpg

8.jpg

写真ギャラリーの3倍以上の広さだと思います。2009年の十和田市現代美術館展を凌駕するかもしれませんね。おかしな気分ですが、自分の写真というよりは青森の自然に圧倒されてます。
明日はオープニングセレモニー、あさってまで会場でお待ちしております。どうぞご高覧ください。

会場で、写真集「峡谷に宿るもの」、写真集「南八甲田の森をゆく」、十和田市現代美術館展図録「原生の鼓動+」、ポストカード各種販売いたします。
2011.12.02[Fri] Post 18:13  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。