写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

写真300カット、ヴァイオリンとギターのスペシャルゲスト_3.11十和田

素晴らしいゲストを招いてます。お楽しみに!
夜は、坂本龍一らの呼びかけで全国とつながったキャンドルナイト_Pray for the earth
スポンサーサイト
2012.02.22[Wed] Post 21:57  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

3.11十和田市現代美術館で上映するスライドショー(製作中;(汗)

2012.02.22[Wed] Post 17:55  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

奥入瀬の氷瀑は数年来最高の出来かも

奥入瀬
2012.2.17 奥入瀬    六ヶ所再処理工場まで55km

2012.02.22[Wed] Post 08:33  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

十和田・八甲田の神話のような人

きょうは、十和田・八甲田の神話のような人=太田吉司さん(大町桂月に「山の神様」と呼ばれた)のお孫さんに会ったのだ。
それは驚くべき出会いだった。

今、焼山(奥入瀬川沿い)にスタジオを建設中なのだが、全く資金の乏しい貧乏な写真家は、できるだけ自作でやろうと取り組んでいる。

そこで、材料を探しに行ったのだが、その店主が僕の写真集を購入してくれていた方で、しかも太田さんのお孫さんと友人なのだという。
なんと言う!
僕はずっと、吉司さんの血筋の人を探していたのだ。これぞ邂逅というのだろう。

十和田湖に初めて魚を放流した話とか(驚きだ!#ヒメマスは和井内だが)、まさしく神話のようなことをいくつも聞いてきました。

素晴らしい一日。
スタジオ建設の取り組みが間違っていなかったのだという思いも強くなった。

十和田湖
2012.2.17 十和田湖のしぶき氷  

今年の十和田奥入瀬の青氷はここ数年来最高の出来です。
六ヶ所再処理工場まで62.5km。

2012.02.20[Mon] Post 20:06  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

呼吸する森_7

杉林
2012.2.13 東北町  
二週間近く東北町の杉林に通いつめた。非常に良く管理されてまっすぐに育った杉たち。この町で林業がなりたって、県産材として育てられているという意味だろう。最後の日、わずかながら春を感じさせる日差し。寒いけれど、気持ちのいい呼吸。

核燃もTPPもこの美しい杉林をやがて破壊するということを思い起こさねばならない。六ヶ所再処理工場まで31km。
2012.02.19[Sun] Post 18:24  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

3.11十和田市現代美術館でお会いしましょう

http://new.candle-night.org/jp/311/

「2012年3月11日
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
あの東日本大震災から1年
一人ひとりの思いを胸に
自分なりのやり方で。

でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト」

2012.02.18[Sat] Post 21:43  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

呼吸する森_6

杉林
2012.1.28
2012.02.17[Fri] Post 08:15  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

猛烈な地吹雪

地吹雪

2012.2.2 十和田市大沢田  押し付けられた核のゴミ捨て場まで31km。使用済み核燃料3000トン。



2012.02.16[Thu] Post 09:39  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

呼吸する森_5

杉林
生きている森。巨大なモンスターが静かに息を吐いている。
2012.02.15[Wed] Post 09:47  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

呼吸する森_4

杉林

2012.2.2 東北町 呼吸する森_4   

六ヶ所高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターまで29km

2012.02.14[Tue] Post 10:56  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

呼吸する森_3

杉林
2012.1.28 東北町 六ヶ所再処理工場まで29km
2012.02.13[Mon] Post 08:45  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

豪雪にも負けない黒石こみせ通りの作り





三百年の歴史、素晴らしい。
2012.02.12[Sun] Post 09:08  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

津軽伝承工芸館で展覧会決定

黒石市津軽伝承工芸館館長自宅に招かれ発芽玄米カレーをご馳走になり、白神酵母を使った自家製パンをお土産にいただきました。無茶苦茶美味いので伝承工芸館での展覧会決定しました(^_^)。9月14.15.16の3日間です。黒石は岩木山と八甲田山に囲まれて、歴史と人情に溢れる素敵な町です。
写真:黒石こみせ通り

凄い雪にも負けない作りのアーケード。素晴らしい。
2012.02.11[Sat] Post 20:02  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

杉林厳冬

杉林
2012.2.2 東北町 六ヶ所再処理工場まで29km

2012.02.05[Sun] Post 10:00  コメント:0  TB:-  日誌  Top▲

小川原湖全面凍結

「鉄」写真家の本村さん、十鉄を撮りに来て、我がキャビンを訪問してくれました。せんべい汁で桃川を飲み一泊して、帰京しました。

小川原湖は、17年ぶり?に全面凍結。いよいよ"すがびぎ(氷ひき)漁が始まるらしいが、僕は明日から東京なので見れない。残念!

#すが引き:氷の下を網引きする漁法

小川原湖
2012.1.29 六ヶ所再処理工場まで27km
2012.02.04[Sat] Post 15:26  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

東北町 核燃まで29km 

杉林
2012.2.2 東北町 核燃まで29km 
2012.02.04[Sat] Post 08:43  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

苫米地ヤス子さん

苫米地ヤス子
2012.2.1 十和田市現代美術館前 六ヶ所再処理工場まで40km

十和田市の農家苫米地ヤス子さん。
自然農法 無農薬で米を作り続けている。その苫米地さんがもっとも心配しているのは、六ヶ所原燃再処理工場のこと。事故がなくても稼働するだけで、長年にわたって土壌を改良し苦心の末に育てて来た土と作物がすべて汚染されてしまう。(AERA 2/6号 編集部佐藤章「六ヶ所村・核燃料再処理工場の枚挙 真下には「巨大活断層」http://www.aera-net.jp/
 農作業の合間に反対運動に取り組んでいる。この日は、自ら市長に要望を重ねてようやく実現したガイガーカウンター借り出しの日。「放射能汚染が心配でたまらないなでしこの会」のメンバーとともに現代美術館前で測定会。

心配でたまらなくても明るくて素敵な笑顔でした。
2012.02.03[Fri] Post 15:05  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

水鳥の美しい羽毛

白鳥
2012.1.31 水鳥の美しい羽毛 十和田市/奥入瀬川 核燃まで44km
2012.02.01[Wed] Post 07:48  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。