写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

8月22日撮影会

午前5時スタジオ集合。赤沼です。電話で申込ください。
スポンサーサイト
2012.07.31[Tue] Post 11:42  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

沢田の巨岩


photo by iPhone
2012.07.31[Tue] Post 06:35  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

9月の展覧会おしらせ

おしらせ

日時:2012年9月14(金)15(土)16(日)午前10時〜午後5時(最終日は午後4時)

場所:黒石市津軽伝承工芸館[大ホール] TEL 0172-59-5300
(十和田方面から行けば、八甲田を越えて乗が倉大橋を渡り10分くらいです。高速ならば黒石インターを降りてすぐ)

大ホールの壁面をめいっぱいに使わせていただくことになりましたので、特大パネルで数十点展示する予定です。未発表ムービーも上映します。ご期待ください。
2012.07.27[Fri] Post 15:26  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの神様_8

巨木
2012.7.16 下北半島で新たに発見されたヒバの巨木。「脇野沢の千年ヒバ」を見た後のこと。帰り道、「あの木はちょっとデカイぞ」と東北巨木調査会の高渕氏と黒石の石澤氏に声をかけた。近づいて二人で計測してびっくり。幹周り6m51cm!いきなり「千年ヒバ」も、先々週発見した第2位のヒバも超えて新たに国内第2位だ。「しかもこの木は(神様の象徴である)窓木がふたつある!」2度びっくりだ。

巨木

どんな風に合体したのか、なんとも異様な姿である。神様が二人宿るヒバの巨人だな。高渕氏に命名を催促されたので「窓木が二つだから、双窓のヒバでいんでねの?」と言っておいた。石澤さんが「双窓(ともまど)と読んだ方がいい」と言う。なるほど!さすが書家は違う。

下北も奥が深い。

巨木


2012.07.26[Thu] Post 06:08  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

持続可能な自然に思い至らない人々

ゼンマイ
2012.5.4 ゼンマイ

ゼンマイは、見分けが案外と難しい。似たものが多い。このように綿帽子に覆われているのが特徴だ。

しかも、男(胞子葉)と女(栄養葉)がある。食べるのは綿のついた女の方!

山のルールとしては全部採ってはいけない。特に食べる方の女を残さなければならない。そうしなければ全滅するよ。最近とくに山に入って来る業者風の山菜採りは滅茶苦茶だ。根こそぎ採ってゆく。跡形もない伐採の後。馬鹿だ。今年採れればいいのか。

持続可能な自然に思い至らない人々。たった山菜採りにもかいま見る。原発を推進する人々となんら変わらない。
2012.07.25[Wed] Post 11:30  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

焼山スタジオの前庭

スタジオ
2012.07.23[Mon] Post 19:41  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

エゾアジサイが咲いてます

エゾアジサイ
2012.7.23 エゾアジサイ 惣辺

焼山の近辺ではちょうどエゾアジサイが咲き始めました。エゾアジサイとヤマアジサイの違いがよくわからんけど、不思議だなあ。この写真の中だけでも3種のアジサイがあるように見える。虫もシネグレだね^^;
今週の塾は、アジサイを撮るのもおもしろいね。今週の写真塾:25日(水)午後2時〜、28日(土)午後2時〜、です。
2012.07.23[Mon] Post 14:43  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの神様_7、脇野沢の千年ヒバ

巨木2012.7.16 脇野沢のヒバ

金木(津軽)のヒバの神様から下北へ飛んで、脇野沢の千年ヒバへ。これも素晴らしかった。
とても巨木が育つとは思えないような急斜面にそびえている。その背景がいい。

巨木

この斜面にこの太さは圧倒的だ。
そしてなによりも、ゾクゾクするこのヒバの森全体の雰囲気こそ素晴らしい。

巨木


金木の神様が孤高の巨人だとするならば、この森には神々の群像がある。1本だけなら12本ヤスにかなわないだろう。だけどこのヒバの森は、群像で圧倒している。

巨木


妖怪もいた。

巨木

ここには2度迷って3時間半かかってようやくたどり着いた。海側からのアプローチは、震災の影響で崩落していて通れない。山側から入るしかない。
2012.07.22[Sun] Post 06:16  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの神様_その6

巨木

最後に撮った時レンズに水滴がついて。
巨木に宿るもの、かな?!
2012.07.20[Fri] Post 14:20  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの神様_その5

巨木
ヒバはヒノキアスナロともいう。
2012.07.20[Fri] Post 14:00  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの神様_その4

巨木
2012.07.20[Fri] Post 13:52  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの神様_その3

巨木


2012.07.20[Fri] Post 13:41  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの神様_2

巨木
2012.7.16 12本ヤス_2
2012.07.20[Fri] Post 08:37  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの神様_その1

巨木
2012.7.16  青森県/金木

巨木論_巨木は人間への抵抗である

巨木とは何か?ということを考えて来たのだが、、
巨木は、多くの場合、用木として使えないあるいは伐採する時に危険である、という理由で残されて来たのだ。三頭木も窓木もあるいはアガリコも伐採が困難だし危険すらともなう。たぶんそれでも伐採した人が事故で死んだりもしたのであろう。そうこうして”神様であるから切るな”という神話が生まれたという経緯と類推できる。

 とするならば、巨木は、人間の攻撃に対して抵抗したのだ。人間の自然破壊への抵抗の象徴ではないか。


 ヒバの神様、連載します。
2012.07.19[Thu] Post 08:31  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

奥入瀬川岩魚の放射能検査

岩魚

岩魚

2012.7.18 奥入瀬川 岩魚

この岩魚は残念ながら食べられない。放射能検査にまわすためだ。

_MG_0245.jpg

検査の誤差をできるだけ少なくするためミキサーにかける。惜しいけどしょうがない。東電に賠償請求したい。検査機器は、TSTST(東北支援東京写真家チーム)のカンパ金で購入しました。

検査機器:堀場Radi PA1000+簡易検査キット

岩魚の採取場所:奥入瀬川焼山の桂月橋上流。
日時:2012年7月18日午前5:30

kensa.jpg

検査結果
検出せず。NDです。
ただし、簡易検査のため正確とは言い切れません。さらに堀場の取説によると、検出限界値は約100Bq/kgですので、安心できる検査値とは言い切れません。
川魚は実際,公的機関の検査においても高い値がでています。栃木の渡良瀬川では160Bq/kg(2012.7.3水産省の報告)。ほかにも、山形、群馬、宮城、東京(多摩川)、新潟でもアユやヤマメやウグイに検出されている。(太平洋側の海魚はもっと出ていますが)

こういう検査は、ほんとは行政がしっかりと対応すべきです。県や市に予算がないという問題ではない。そう考えている人がいたら危機意識にまったく欠けている。現状認識を必死になって高めてください。数年後には何百万の命にかかわる問題なのですから。

それでも、簡易とはいえNDだったのはひと安心かな?

こういう話をすると、「だいじょうぶだよ」とか「気にし過ぎだよ」とか言う人がいますが、何を根拠に言っているのでしょうか?

政府ですか?新聞ですか?テレビですか?学者ですか?

3.11以降これらのひとたちに何度だまされてきたと思っているのですか?メルトダウンを3ヶ月隠蔽したのは政府とマスコミです。ただちに健康に影響はないと言ったが、福島では何万人も被曝し健康被害がたくさん報告されている。何万人も次々と避難場所を移動して逃げ惑っているのが現実。福島第一原発が放出したセシウム137は、 広島原爆の168倍の量。チェルノブイリでは百万人が深刻な健康被害に会い一千万人以上が被曝した。それをICRP(原子力の平和利用の立場の国際原子力委員会)がその事実を隠蔽したのだ。原発推進のためにならないから!

それでもだいじょうぶだよとなぜ言えますか?! 愚か!

3.11以降、”沈黙していることが賢い”と考えるのは、もはや野蛮なくらいに愚かです。
2012.07.18[Wed] Post 18:24  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

自然の造形は無限にクリエイティブだ

キノコ
2012.7.14 奥入瀬 ミクロのキノコ

自然の造形は無限にクリエイティブだ。人の創造力をはるかに超えている。
2012.07.18[Wed] Post 11:45  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

神様がふたつ宿るヒバの巨木_国内最大級発見

巨木
2012.7.16 ヒバの巨木

きのうは雨の中、津軽_下北半島をフェリーで横断してヒバの巨木を見て歩いた。日本一の巨木だ。先週、第二位を見つけた。そしてきのうはさらにそれを上回るヒバを発見した。雨の中、3時間歩き回ったかいがあった。それは「窓木」という神様を象徴するものがふたつもある驚くべき巨木だった。巨樹・巨木の会調査員(高渕氏)が同行したのですぐに認定されると思う。「双窓木のヒバ」かな?「12本ヤス」の一位は変わりません。これはやっぱりすごいです。詳細写真は後日に。
2012.07.17[Tue] Post 14:04  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバ埋没林は津波の痕跡である?!

ヒバ埋没林

ヒバ埋没林

ヒバ埋没林

ヒバ埋没林

ヒバ埋没林

ヒバ埋没林

ヒバ埋没林

ヒバ埋没林

「東通り村は昔、津波に襲われて集落が消えたという言い伝えがある」
というデーリー東北の記事を見て、ハッとしたので、写真を探してみた。
猿が森ヒバの埋没林の写真だ。去年の6月に撮影したものだ。

埋没林に隣接して射爆場がありその並びに原発がある。

東通原発

まいづるそうが美しい。
まいづるそう
2012.07.15[Sun] Post 07:48  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

蛇は神様の使いだと言うが、、

蛇
2012.5.1 カナヘビ

どうも蛇が僕と会いたいらしい(笑)。別に蛇は怖くないが不気味だな。先日、秋田の阿仁(マタギの里)に行った時(7月1日)も一日で4種の蛇を見た。最初、安の滝でヤマカガシを見つけた。帰り道、カナヘビのような小さいのを見つけた。足はない。黄色い首輪のような模様があってめずらしい蛇だった。次にカナヘビを見た。最後にアオダイショウを見た。しっぽを踏んだら靴先をかまれたがもちろん靴の上からだからなんともないが。山歩き何十年もやっているがこんなのは初めてだ。どったら知らせだべ?
2012.07.14[Sat] Post 20:50  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

落葉広葉樹の森は豊かな森

キノコ
2012.6.24 ワカオイ(美味しい)

キノコ
2012.6.23 ワカオイ

キノコ
2012.6.23 不明 ゼリー (食べられます)
キノコ
2012.6.23 キクラゲ

落葉広葉樹の森は豊かな森です。キノコはこれからが本番。
2012.07.13[Fri] Post 15:06  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

透き通るような純白のキノコ_美しい

キノコ
2012.7.9 透き通るような純白のキノコ 南八甲田
2012.07.12[Thu] Post 08:08  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

南八甲田の森をゆく/ひさしぶりだ

原生林
2012.6.23 南八甲田

まだ一歩踏み込んだレベルだが、なんだかしらないけどワクワクするね。戻り切らない体調には少ししんどいが(苦笑)
2012.07.11[Wed] Post 08:08  コメント:0  TB:1  日誌  Top▲

十和田湖の原生林

奥入瀬渓流(や十和田湖)の源はまだまだ深い。南八甲田側のソスベ川や小幌内川、あるいは反対側の惣辺川、山で言えば御鼻部山、あるいは十和田山まで足を伸ばせばたっぷり原生林が残っている。ただし林道沿いや登山道だけを歩いていたらその深さはわからない。ましてや車で通るだけではほとんどわからないさ。せめて歩いてください。

原生林

巨木
2012.6.23 十和田湖 カツラの巨木

2012.07.10[Tue] Post 14:08  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ヒバの巨木_国内最大級/下北半島で発見

巨木
2012.6.30 ヒバの巨木

これは、黒石の石澤さんとブナの巨木を見に行った時に偶然発見したのだが、計測すると6m40cmもあってびっくり。脇野沢の「千年のヒバ」を22cmも超えている!

巨木

巨木

ヒバの巨木がたくさん残されている森でした。
六ヶ所再処理工場から45km、東通原発から29km、大間原発(建設中)から25km。核と美しい自然は共存できません。
2012.07.09[Mon] Post 10:34  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

苔撮影会

苔2012.7.7 奥入瀬

苔撮影会は今週土曜日14日午前8時イワキスタジオ集合です。お申し込みはお早めに。
2012.07.08[Sun] Post 18:46  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

展示作品入れ替えました


焼山のイワキスタジオ展示作品半数を入れ替えました。見学はオープンですが、電話予約を入れて下さい。090-3317-7918
2012.07.08[Sun] Post 09:50  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

蝦夷(エミシ)のつわもの安倍 貞任の夢_東北独立

巨木
2012.6.17 深浦町

安倍 貞任は、蝦夷(エミシ)軍を率い、黄海(岩手)の会戦で大和の征夷軍(源義家ほか)を壊滅させた東北の英雄。この杉は、安倍 貞任の末裔を名乗る安東一族が育てたであろうと言われている。
アテルイ_安倍 貞任_奥州藤原と続く東北独立の夢の片鱗を見た。

2012.07.07[Sat] Post 20:08  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

東北古代史をつらぬく巨木

関の甕(かめ)杉と古碑群
深浦町にある。幹周8.6m。日本最北の杉の巨木(全国巨樹・巨木林の会)。古碑には「安倍」と刻まれているから安東一族によって建てられたものか、もしくは阿弥号の記もあるので時宗の縁かもしれない。菅江真澄の記録にもある。安東氏は言うまでもなく安倍貞任の子孫を称していた豪族。それは当然、十三湊(とさみなと)、さらに奥州藤原ともつらなることを意味する。非常に興味深い。

巨木
2012.6.17 深浦町 関の甕(かめ)杉と古碑群
2012.07.06[Fri] Post 19:07  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

写真塾と撮影会の予定

写真塾 7月の予定
7月11日(水曜日コース第2回)午後2時から
7月14日(土曜日コース第2回)午後2時から

撮影会の予定
7月14日(土曜日)午前8時イワキスタジオ集合。午前中で終了の予定。「シダの”雲海”と苔を撮ろう」奥入瀬渓流域から少し入ったシダの密生地帯に入ります。徒歩20分程度。塾生以外も可。塾生、一般ともお申し込み必要です。電話もしくはメールで。

苔
2012.07.06[Fri] Post 10:35  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

津軽のいちょう_4

巨木
2012.6.17 いちょう
2012.07.05[Thu] Post 14:39  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。