写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

十和田湖夜景

十和田湖夜景
2012.9.26 十和田湖

先日の写真塾撮影会の一コマです。EOS5DMarkⅢ 単焦点レンズ

まだ星を撮るには早い時間だったのですが、この後、雲が多くなってだめでしたのでこの写真ということで(苦笑)
それでも新しいセンサーのカメラ、明るいレンズ、高感度撮影、ベストな設定をすればここまで写ります。ネットのカラースペースはsRGBなのであまり星は見えませんが、本データAdobeRGBだともう少し星は見えてます。

星空撮影会はまた次回に告知します。

次回写真塾撮影会は、10月10日、八甲田山の紅葉です。2時間程度の登山道を登って山頂付近の紅葉を狙います。
一般の参加申し込みも受け付けます。
スポンサーサイト
2012.09.27[Thu] Post 21:03  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

苫米地ヤス子さんの収穫祭

十和田市相坂(おさか)、今年も収穫祭がおこなわれました。
ヤス子の天手子米 http://ameblo.jp/tenteko-blog/

大黒舞いを踊って稲刈りスタートって、こんなのはじめて見たな。いいね。

苫米地ヤス子

苫米地ヤス子

苫米地ヤス子

苫米地ヤス子


遠くに十和田三山(戸来岳(ヘライダケ)、十和利山、十和田山)が見える
苫米地ヤス子

この地方独特の乾燥の仕方。津軽の一本棒をたてたやり方ともちがうし、岩手のハセ掛けともちがう。稲が地面についている。土についてた方が乾くそうだ。ここの風土に適しているのだろう。
苫米地ヤス子

10月になるとこういう風景が見られる。(2010.1.21)
苫米地ヤス子

昼はせんべい汁でした。
苫米地ヤス子

ヤス子さん、終始ご機嫌。周囲の反対を押し切って苗を育てる時から無農薬という自然農法を10数年前から続けている。核燃リサイクルにも一貫して反対している。消費者に直接販売しているそうです。僕も買いました。ほんとに美味しいし安心して食べられます。
苫米地ヤス子


笑顔もファッションも素敵でした!

苫米地ヤス子
2012.09.24[Mon] Post 11:09  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

星空撮影会26日に延期

先日は天候不良でしたので、撮影会は26日に再設定しました。参加お申し込みはまだ余裕があります。
2012.09.21[Fri] Post 09:04  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

十和田湖で銀河を撮ろう!

星空

2012.9.14 十和田湖

黒石津軽伝承工芸館展は無事終了しました。協力してくださった皆さん、会場に足を運ばれた皆さん、どうもありがとう。

明日は、星空撮影会です。

星空の撮影は、第一に澄んだ空、人口光のない暗闇という条件が絶対必要です。
僕はこっちに移り住んで、あらためて再確認したのですが、十和田湖は星空撮影に最高の環境です。外周がずっとブナの森に囲まれていて周囲の都市圏(青森、十和田、黒石など)の灯をさえぎっていること。観光施設の照明が少ないことも好条件です。青森や十和田の街灯が入る八甲田山頂よりもいいかもしれません。

もうひとつは、撮影と現像のスキルが必要です。カメラ設定をまちがえればどんな好条件だろうとうまく写りません。撮影会でその辺をレクチャーします。ぜひ参加してスキルを盗んでください。

星空

撮影会は明日午後4時にスタジオ集合。電話・メールでお申し込みください。
2012.09.18[Tue] Post 08:24  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

素晴らしいボランティアスタッフ



津軽伝承工芸館展示作業。ボランティアスタッフ素晴らしい!宮大工、表具師、工芸作家!展覧会は明日から。

会場で全作品販売します。
2012.09.13[Thu] Post 14:02  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

星空の撮影会は19日

今月の撮影会は、9月19日、星空の撮影_十和田湖に決定。申し込みはお早めに。一般枠(塾生以外)は残り少しです。

撮影会に必要なもの:三脚、レリーズ、できるだけ明るいレンズ、夜食、防寒着。
イワキスタジオ午後4時集合。夜10時ごろまでかかります。遠方の方はスタジオ宿泊してもかまいません。参加費:一般の方¥4000、
徒歩は、ほとんどありません。
雨の場合、20日に延期。
2012.09.12[Wed] Post 22:29  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

展示作業中



津軽伝承工芸館展は、あさってから3日間です。
2012.09.12[Wed] Post 17:15  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

十和田湖

十和田湖
2012.9.4 十和田湖

少し朝早く出かけると美しい十和田湖が見えます。一大観光地だけれど、それでも十和田湖は奥が深い。懐が深い。俗化しているのはほんの一部だけ。
2012.09.09[Sun] Post 21:04  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Arts Cube奥入瀬の展示、日時変更

開催日時の変更があります。
日時:10月13日から11月30日まで
会場:星野リゾート奥入瀬渓流ホテル内Arts Cube

「暗門の回廊/ゴルジュ」の三次元展示他を考えています。
2012.09.09[Sun] Post 15:36  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

「森の神」はまだ成長している

巨木
2012.9.5 森の神 

また成長したような気がする。
2012.09.07[Fri] Post 12:29  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

展覧会のお知らせ

1) 秋のつがる2012手しごとアート展

9.14、15. 16 午前10時~午後5時(最終日は午後4時)
津軽伝承工芸館大ホール
主催 津軽伝承工芸館、小嵐山・黒石温泉郷活性化協議会
実行委員会 TEL,FAX0176-52-3621(石澤眞人)

僕は壁面いっぱいを使って、作品50点を展示します。
「原生の鼓動」からアンコール40点に加えて、2012新作「北の森に宿るもの」を10点展示。
パネルサイズは最大で165cm×110cm

津軽伝承工芸館
Sig_Densyo_Main.jpg


2) 奥入瀬渓流ホテル 十和田市現代美術館Arts Cube プロジェクト 岩木登作品展 20点前後を展示予定
10.1から1ヶ月展示

星野リゾート奥入瀬渓流ホテル
keiryu_hotel.jpg

Arts Cube奥入瀬
DL000021.jpg


3)新宿ゴールデン街 バー「10月」店内企画展示 「北の森に宿るもの」
10/16~10/31 初日在廊予定
十月ロゴ・地図

2012.09.05[Wed] Post 19:34  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

峡谷に宿るものを感じた不思議な一日

月光夜北八甲田峡谷(2012.8.31)には、”宿るもの”を感じますね。

8.31付けの30日夜の撮影失敗始末記を参照してください。

この失敗こそは、ブルームーンナイト31日の月光夜北八甲田峡谷を撮影できた布石だったのです。失敗していなければ、翌日北八甲田に出かけなかったわけですから。

不思議なエピソードはまだ続きます。

30日の夜中23;30に撮影に失敗してスタジオに戻った僕は、翌朝5時に起きて、すらすらと撮影始末記を書いた。それをブログとフェイスブックにアップした。

書き上げたのが朝8;00頃です。その時に、スタジオの庭で、でかいカモシカを見た。真っ黒い今までみたこともない巨体のカモシカでした。下に写真。ほとんど写っていませんが、わずかに黒く動きのある物体らしきものがわかります。
なぜ撮影ミスしたかというと、カメラ設定が前夜の満月夜に合わせてISO4000,、マニュアルF5.6、15秒にしていたのを、一発目にシャッター切ったのです。これが大間違いだった。これは当然露出オーバーで写らない。それはいいが、15秒というのが致命的だった。15秒間次のシャッターを切れないわけです。僕はイライラしながら待つしかなかった。その間、巨大な黒いカモシカは庭でずっと僕の方を見ていた。そしてようやく15秒経ってシャッターが回復した。その瞬間にカモシカは走り去ったのです。その後姿をわずかに写したのがこの写真です。あー、どうにもならなかった。
まるで神様のような姿態。神様は写真を撮らせてくれないらしい。
_MG_2472.jpg

スタジオの窓枠と庭に張ったロープが写っている。下は拡大写真。

kakudai.jpg

ISO4000、シャッタースピード1/320、f4.0で切っています。ピントが甘いのでわかりにくいが、速いシャッタースピードで木や葉っぱは止まっているが、黒い物体だけは動きブレがある。
下は春先5月に庭へ来たカモシカ。これと同じカモシカなのかどうかはわからない。

カモシカ

まだエピソードは続く。
撮影に失敗した夜、僕は他の4人のメンバーと別れたのだが、黒石から来てくれたサポートメンバーのひとり、石澤さんから電話があったのは、この直後でした。僕が三脚を車の中に忘れているという。それがあって夕方に黒石まで三脚をとりに出かけたのです。そして、その帰り道に、あの峡谷のシーンに出会ったのです。

エピソードはまだ続く。
黒石の帰り道、フェイスブックのコメントを思い出した。十和田のナベちゃんからの情報で「31日はブルームーンだから、もういちどトライしてみれば」というコメだった。それをふと思い出して、そか、ちょっと車をおりて三脚を立ててみよう。それがきっかけになりました。ナベちゃんに感謝。

峡谷に立ったら、見る見る絶景が開けていったのです。

エピソードさらにアフターがある。
次の日の夜、そのナベちゃんから電話が入った。北西の空におかしなものが浮かんでいるという。星でも飛行機でもない光る物体だという。子供とふたりで確認しているという。で、僕も高台の「湯の台」へ上がってみた。ところがこちらは雲が多くて確認できませんでした。

不思議な一日でした。
2012.09.04[Tue] Post 13:11  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

月光夜の北八甲田峡谷

八甲田
2012.8.31 月光夜の北八甲田峡谷
2012.09.03[Mon] Post 08:27  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Beat Itで盆踊り

としょりもわらさんども8ビートにのって草間弥生の周りで盆踊り。たまげだはんかくさい十和田の夏(^ ^)

2012.09.02[Sun] Post 12:52  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

北八甲田高田大岳月光夜奇景

八甲田
2012.8.31 北八甲田高田大岳月光夜
右遠くの明かりは十和田市街の灯を長時間露光でひろったもの。沼の水が満月に照らされて昼のように見えるが星も浮かんでいる奇妙な風景だ。
2012.09.01[Sat] Post 11:01  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

この秋は三連続展覧会

この秋は三連続展覧会

9.14~9.16 黒石市津軽伝承工芸館
秋のつがる手しごとアート展大ホール「原生の鼓動」プラス「北の森に宿るもの」50点展示

10.1~ 奥入瀬渓流ホテル内十和田市現代美術館プロデュースアートキューブ 岩木登作品展

10.15~10.31 新宿ゴールデン街バー「10月」店内展示「北の森に宿るもの」
2012.09.01[Sat] Post 08:43  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。