写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

青森ヒバの怒り

ヒバ
青森ヒバ/2012.7.16

ヒバは、腐食に強くシロアリを寄せ付けず湿気にも強いうえに加工もしやすいという無類の良材である。それゆえに乱伐された。天然のヒバ林は青森ですら下北と津軽のほんの一部でしか見ることができない。これ以上の自然破壊は許されない。

ほとばしる生命力の枝振りさ怒りと悲しみば感じで見ろ

皆さん、よいお年を!
スポンサーサイト
2012.12.31[Mon] Post 12:33  コメント:3  TB:0  日誌  Top▲

大雪です、焼山。


2012.12.26/我が家



2012.12.26[Wed] Post 07:08  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

奥入瀬枯色

奥入瀬
奥入瀬枯色/2012

今年は、十和田湖とともに奥入瀬を見直し歩いた。きれいで爽やかな奥入瀬ももちろん撮ったけれど、一方でずっと探し歩いたのは枯れた風景だった。なかなか見つからなかったけれど、これはその中の数少ない一枚。

まあほんとは体調がすぐれず奥地に入れないのが直接の理由だが、それでもそのおかげで別の境地へ踏み入れたのかもしれない。
2012.12.24[Mon] Post 18:27  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

十和田湖2012


十和田湖/瞰湖台2012

今年は十和田湖を見直した年でもあった。
2012.12.24[Mon] Post 08:35  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

厳寒期はカメラにも防寒着を!

カメラ

9日ぶりに青森へ戻りました。戻った時は今期最高の冷え込み。いいね、なかなかの歓迎ぶりだ(笑)

厳寒期はカメラにも防寒着必要ですよ。自作防寒着を引っ張りだしてきました。5年ぐらい愛用のもの。バッテリーの持ちがまず第一に違ってきます。
2012.12.21[Fri] Post 19:26  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

十和田湖の北極星_世界の終わり?

星空十和田湖の北極星 2012.9.14

これが北極星。現在の地球はこれを軸に回転している。
だから、この方向にカメラを向けて長時間露光すると次のように写る。

星空

この地軸は不動ではない。縄文時代_紀元前2500年前はもっと東側にあった。

有名なマヤ暦では、2012年12月23日が現世界の終わりだと記されている。マヤ人(なのかもっと前の文明なのか?)は、異常なほどの執念をもって天文観測を行っていたことでも有名だ。そのマヤ暦は、近代ヨーロッパのユリウス暦よりも正確だった。一年を365.2420日とはじきだしていたのである(ユリウス暦は365.25日)。その誤差0.0002。
なんのために?この世界の終わりを計算するために。

さて、12月23日は、地軸がずれるのか?
2012.12.05[Wed] Post 20:52  コメント:1  TB:0  日誌  Top▲

窓に冬がしばれで、る。

焼山
2012/焼山
2012.12.04[Tue] Post 19:15  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

雪の結晶

雪
雪の結晶が見られる美しい冬の季節になりました。
降雪の日は、空間線量が高くなります。福島原発事故でまき散らされた放射能塵は今や日本中を覆っていて降雨降雪の度に落下して線量が高くなるのです。美しい光景なのにこんな話をしなければならない。やめてくれと言ってはいけません。3.11以降の日本の現実を見つめて、おのれと子供たちと未来とそしてなによりも自然を守るために話をしています。

きょうの焼山の空間線量は、(堀場RADI1000計測)で、0.030です。降雪がない時は、0.020前後です。東京の(東葛をのぞく)平均はおよそ0.08〜0.09ぐらいです。福島はその10倍から20倍を超えるところがざらにあります。

青森も少なからず汚染されてしまったけれども、まだわずかな汚染で済んでいる。この現実を見つめよう。政府・東電がすすめている汚染を薄めて日本中に拡大するというような犯罪行為を食い止めなければいけません。放射能は封じ込めるしかないのです。拡大することではありません。青森で食い止めよう。そういう意識を青森県民みんなが持つことが大事です。


2012.12.04[Tue] Post 10:16  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

天の川と流星

星空
2012.9.7/十和田湖
2012.12.03[Mon] Post 18:58  コメント:1  TB:0  日誌  Top▲

冬の渓流

奥入瀬
2012.11/奥入瀬
2012.12.02[Sun] Post 19:03  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。