写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

光の神の創造力、作為のない自然の力の美しさ。

水のないただの砂浜かと勘違いするくらいに澄んでいる今の渓流だが、
光が水面に不思議なシルエットを作り出し次々と流してゆく。
飽きることののない極上のアートワーク。
光の神の創造力。作為のない自然の力の美しさ。

奥入瀬

自己顕示欲の羅列ばかりがめだったものを見てざらついていた心も、
こういうのを見てると洗われるね。
2013.11.23/奥入瀬

奥入瀬

枯葉の陰に青とオレンジの光が浮き出ている。不思議だ。
スポンサーサイト
2013.11.25[Mon] Post 20:56  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

儲ければ何でもいいのか!

きのうは嫌なものを見た。あるイベント会場の屋台のトラックの荷台に
福島の米袋。きりたんぽに使ったのだろう。安ければなんでもいいのか。復興支援でもなんでもない。利益が出ればいい。人の健康など知ったことじゃない。日本全国津々浦々、今やまともに健康な人を探すのが難しいくらいになった。チェノブイリでは今の日本よりはるかに厳しい防御対策をとったのに百万人以上の人が亡くなった。今だに何百万人もの人たちが苦しんでいる。被曝の健康被害は3年経って顕著に発現し始める。日本はまだ2年半だ。この先が恐ろしい。考え過ぎでも「放射脳」でもなんでもない。恐ろしい事態は間違いなく数ヶ月たてば隠しようもなく現れてくる。自己防衛徹底するしかないよ。生き抜け!東北人。
2013.11.24[Sun] Post 07:22  コメント:2  TB:0  未分類  Top▲

渓流の水が最もきれいになる季節

奥入瀬

奥入瀬

2013.11.23/奥入瀬 

晩秋から雪が降るまでの間、この季節が最も水がきれいになります。眼が覚めるような美しさ。透明度が高いから普段なかなか見られない光景を眼にします。この時期に渓流ホテルが休業に入るのは残念。

きょうの写真塾。次回は11.27(水)午前9時からです(時間変更になりました)
2013.11.23[Sat] Post 17:38  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

秘密保護法に対する反対声明文 JPS

特定秘密保護法案に対する声明文
政府が国会に提出した「特定秘密保護法案」について、私たち公益社団法人日本写真家協会は、法案の成立を懸念している。
「国民の知る権利」は民主主義の根幹をなすものであり、憲法で保障されている「言論、表現の自由」までが制約を受ける事態が予測され、これを憂慮している。
撮影(取材)行為の前後から発表(印刷物への掲載・展示)に至るまで、政府が介入する道を開くことになり、その結果、「表現の自由」及び「国民の知る権利」が阻害され、日本が過去に侵した戦争への道に走る危険性がある。
写真表現を手段として、私たちの社会や同世代の生きた現代史を伝達することを生業とする写真家にとって、この度の法制化は深刻かつ、真に由々しい事態と危惧している。よって当協会は、この「特定秘密保護法」の成立に強く反対する。
平成25年11月22日


公益社団法人 日本写真家協会
会長 田沼 武能


http://www.jps.gr.jp/news/2013/11/post-40.html
2013.11.23[Sat] Post 13:35  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

枯れ野_夜明け前

枯れ野
枯れ野_夜明け前/南八甲田2013.11.22
2013.11.22[Fri] Post 09:36  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

宵闇の枯れ野/南八甲田

南八甲田
2013.11.18/南八甲田
2013.11.19[Tue] Post 20:29  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

南部赤倉岳の断崖を覆う雲

南部赤倉岳の断崖を覆う雲/2013.11.18
八甲田連峰最大の断崖が雲に隠れているがわずかに見える。
僕は2007年にその断崖の真下から登ったが、とても歯が立たなくてねまりこんだことがある。振り返って立って下を見ると自分の靴しか見えないほどの絶壁だった。別に絶壁を登頂しようと挑戦したわけでもなんでもない。ただ直下の赤沼を撮ろうと気ままに上がってきただけという無謀さだった。登るのはいいけど降りれなくなって右へ右へトラバースしてようやく逃げた。右へ行けば登山道があることはわかっていた。下を向いて歩けるほどのゆるやかな尾根に出てほっとした記憶がある。今でもその時を思い出すと心臓が少し高鳴る未熟者の記憶だ。

赤倉岳
2013.11.18[Mon] Post 23:25  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

コマユミ

コマユミ
コマユミ/焼山2013.11.13 撮影会の一コマ

岩木写真塾撮影会、次回は11.23午前9時からです。時間変更になりました。お申し込みは090-3317-7918まで。一般の方も参加できます。
2013.11.17[Sun] Post 21:09  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

緑を振るい落として枯山幽景を現す

生命の象徴である緑を全て振るい落として威厳を現す。
法量のイチョウ。枯山幽景。まさしく神秘的。

法量のイチョウ
2013.11.15[Fri] Post 08:03  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

黄葉しない イチョウ

”黄葉しないイチョウ”
というのが十和田市の法量にある。推定樹齢1100年のいちょう。
緑のうちに落葉してしまう。
黄色くなるのは10年に一度あるかないかだと思う。
七戸のイチョウは黄葉するから、緯度と寒さの問題ではなくここ特有の理由があるのだろう。緑の落葉じゅうたんもいいものだ。
2013.11.12

法量のイチョウ

法量のイチョウ

法量のイチョウ
2013.11.14[Thu] Post 20:19  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

黒板五郎です^ - ^

東奥日報夕刊


2013.11.14[Thu] Post 07:54  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

デーリー東北紹介記事

2013.11.13[Wed] Post 16:57  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

フォトギャラリー建設を支援してくれた皆さん

建設を支援してくれた全ての人に感謝します。
黒石の書家石澤真人さん、秀子さん、建築家の北山秀美さん、大館さん、
青森の”くべる部”佐々木さん、
弘前の塾生青柳くん、
三沢のお坊さん定岳さん、
八戸の板垣さん、
七戸の土岐さん、
東北町”あしたの森”の大池さん、農ボーイくん、
十和田市”蒼星の森”の中野渡さん、三瓶さん、ネイチャーガイドの丹羽くん、ノースビレッジの皆さん、こけまるめ職人の起田くん、電気をやってくれたサントスくん、”布工房杼”の野崎さん、みのり苑の山本さん、
東京からわざわざ手伝いに来てくれた母良田くん、畠くん、継続的にカンパしてくれた風呂田さん、そしてTSTST(東北支援東京写真家チーム)の全ての仲間たち、
地元焼山のくずまきさん、漆戸くん、内沢くん、隣りの戸田さん、ほか多くの皆さん。
ネイチャーフォトギャラリー”モノオギ小屋”は、まだ完成途上。とりあえず一期完成。どうもありがとう。
2013.11.12[Tue] Post 13:32  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

東奥日報紹介記事

2013.11.12[Tue] Post 08:53  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

モノオギ小屋ギャラリープレオープン

きのうは40名を超える方が集まってくれてギャラリーは昼から夜中まで盛り上がりました。皆さんどうもありがとうございました。
建設に直接助力してくれた人たち及び焼山地区限定の落成式兼プレオープンでした。
市内の方、一般の方には声をかけておりません。あしからず。
*12月7日~12月15日プレオープン展覧会、岩木写真塾展覧会(10時~17時)にてお待ちしております。

ギャラリー

モノオギ室内




東奥日報webニュースは、こちら


2013.11.11[Mon] Post 09:01  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

モノオギ小屋の空

夜空
2013.11.08[Fri] Post 08:13  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

そこらへんの神様

_MG_3364.jpg

_MG_3366.jpg

この奇木は、何度カメラ位置を変えて撮っても右上のハレーションが消えない。背景の杉と太陽の関係なのはわかっているけどちょっと不思議。

この木がよく見えるこの位置あたりに立つと右上遠方に必ず杉林が来る。そこにこの時期は日が落ちる。密集した林で距離関係も丁度良く、だから多少カメラ位置を変えてもどうしてもハレーションが起きるというわけだが、

そういういくつもの重なりが不思議。

それとこの木の変形、育ち方もこの地形に関係してるのかもしれないなあと思う。雪の吹きだまりとか強風の通り道とかね。

/十和田_惣辺(国有林の杉を伐採してブナを植林した三本木高校の植林地あたり。僕も一口寄付したんだけど育ってるかな?)2013.10.28
2013.11.07[Thu] Post 08:04  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

十和田湖の不思議な夕焼け

十和田湖

夕焼け

不思議な夕焼け。久しぶりにゾクゾク。
2013.11.2/十和田湖
2013.11.03[Sun] Post 10:45  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

そこらへんの山、川、空。すごい秋

紅葉

紅葉

紅葉

山は褐色に落ちてゆく。沁みる。南八甲田。2013.10.28

紅葉
2013.11.01[Fri] Post 09:46  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。