写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

熊と遭遇

きのう、熊と遭遇。
惣辺川を歩いていた時です。
川に入って写真を撮っていたのです。この時期、誰も来ないようなところです。
一時間くらい撮影してそろそろ帰ろうと川から上がった時、すごいケモノの匂いがしたのです。
あっ、これは近くにいるなと思った。
かなり濃厚な匂いだからつい最近の匂いだ。僕はかれこれ20数回熊に出会ってるからある程度わかる。
これはかなり緊張した。
顔を見上げてあたりをずーっと見渡した。風もなく静かで何ひとつ動いていないように見えた。歩きながら、渓谷の上に止めた車の方に登りながら、周りを見渡していて、ふっと違和感のあるものを見つけた!
あっ!
居た!
熊の顔。身体が見えない。薮に隠れて、顔だけを出して。
なんて奴だ。賢い。(だから、若くはないだろう)
大きい顔だ。隠れて顔だけ出して覗いているのがわかった。眼と眼が合ったのだ。その間、一、二秒。
熊の行動は速かった。眼とが合った途端に動いて立ち去った。(この辺も賢いと思う)
ふーっ、やれやれ。僕も歩きだした。足元を見ると山ブドウの実が落ちていた。これか?!これを食べていたのか。そうか、それは邪魔をして悪かったなあ(^ ^)
そんな感じでした。身体全体は薮に隠れて見えなかったけれど、顔の大きさからすると結構大きかっただろうと思います。1.5m以上。
渓流からはかなり入ったところなので、降りては来ないだろうと思います。一応、気をつけて。

熊が居たあたりの風景。


_F5A4242.jpg

_F5A4276.jpg
スポンサーサイト
2015.11.18[Wed] Post 09:28  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

白布の滝断崖

_F5A4498-Edit-3.jpg


_F5A4498-Edit.jpg

白布の滝断崖 / 奥入瀬2015.11.5
2015.11.17[Tue] Post 08:25  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

奥入瀬渓谷最高の断崖

_F5A4218-Edit.jpg

_F5A4219-Edit.jpg

奥入瀬渓谷最高の断崖(と僕は思ってる) 2015.11.3
「この崖の上へ行こう」
と2年前からニワッチと相談しているのだがなかなか二人とも時間が取れなくて、、、
2015.11.16[Mon] Post 08:22  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

濃霧立ち込める奥入瀬 

_F5A4411-Edit.jpg

_F5A4419.jpg

濃霧立ち込める奥入瀬 / 2015.11.4
2015.11.15[Sun] Post 13:54  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

晩秋の森

_F5A4196.jpg

奥入瀬/11.3

鮮やかさが消えて色が深くなりました。
2015.11.14[Sat] Post 11:32  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

岩魚と山女の産卵/奥入瀬

_F5A3961-2.jpg

_F5A3955-2.jpg

岩魚と山女の産卵/奥入瀬 2015.11.2

奥入瀬でも産卵期を迎えている。黒っぽくて腹ビレが白くなっているのが岩魚だが、肌ツヤがなくなっているのでホッチャレ(放精後で疲れ切ったオス。食べても脂身がなくてまずいから”放っちゃれ”と言う)だろう。美しく赤い婚姻色を出しているのが山女。
偶然見つけたがうれしい出会いだった。
2015.11.14[Sat] Post 09:16  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

奥入瀬晩秋の流れ

_F5A3260.jpg

奥入瀬/2015.10.30
2015.11.14[Sat] Post 08:14  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

ムロの中に宿るもの_悪霊のように見える

_F5A3680.jpg

_F5A3680-2.jpg

こんなにグロいのは人の手ではとても作れないだろう自然だけの偉大なる造形だね。

_F5A3680-3.jpg

右眼の中にもケモノが居る

_F5A3685.jpg

「青橅のムロの中に宿るもの」
気になるので、もう一回見に行ってきた。
三年前に奥入瀬で「樹洞の中の弥勒」を見つけた時に僕は”これはインドのシバ神か弥勒菩薩みたいだな、すごい”と思ったけど、
これはいったい何だろう?
なんだかさっぱりわからない、人の想像を超えているものだ。例えるものがないんだなあ。得体の知れないもの。
2015.11.12[Thu] Post 08:07  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

奥入瀬渓流河畔林紅葉

_F5A2754-Edit.jpg

_F5A2747.jpg

奥入瀬 2015.10.28
2015.11.12[Thu] Post 08:04  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

奥入瀬渓流 ここも水が青い

_F5A3208-Edit.jpg

奥入瀬2015.10.30
2015.11.11[Wed] Post 08:39  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

キノコの上から僕を覗くもの。

_F5A0252.jpg

_F5A0252-2.jpg

キノコの上から僕を覗くもの。

現像するまでわからなかった。等倍拡大しても結像してる。
24カット中、一枚にのみ写ってる。
EOS5DS/ EF16-35mm f4L ISO100 f11 1.6秒
2015.11.11[Wed] Post 08:03  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

十和田湖 すごい青だった。

_MG_2406-Edit.jpg

十和田湖2015.10.3
すごい青だった。
2015.11.10[Tue] Post 09:36  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

八甲田山と天の川

_F5A1160-Edit.jpg

八甲田山と天の川/2015.10.15
昨晩は、渓流ホテルでフォレストカレッジの講師をこなして、家に帰ったけどどうにも眠れないのでそのまま誘われるままに山へ。
大岳に天の川が突き刺さっているようで、その下に厚い雲がかかっていて、その雲を何か光が照らしているという幻想的な光景に出会ったのでした。
モモヒキの上にさらにオーバーズボンをはいて、上はセーターにさらにダウンを着て、それでも震えるように寒かった。レンズにもヒーターを付けて結露防止の対策をやった。
2015.11.08[Sun] Post 09:32  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

スーパームーンの軌跡

_F5A0659-Edit.jpg

スーパームーンの軌跡。ちょうど十和田神社上空あたりかな。

2015.10.13
2015.11.07[Sat] Post 09:27  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

南八甲田の滝 2015.10.20

_F5A1789.jpg

南八甲田2015.10.20
2015.11.06[Fri] Post 13:36  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

月輪

_F5A2215-Edit.jpg

Bad Moon Rising♪

2015.10.21
2015.11.06[Fri] Post 13:27  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。