写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1010-06b67c32
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

神殿のような不思議な岩肌

黄瀬川
2007.7.23 神殿のような不思議な岩肌/南八甲田・黄瀬川源流部

実は今、次期写真集のために2007年以降の八甲田のRAWファイル40000カット全て見直しているのだけれど、不思議なカットを発見した。いままで気がつかなかったのだが、写真右端にまるで神殿の遺跡のような岩肌が写っている。現場ではまったく見落としていた。ここは滝の真上できっと滝壺と正面の岩だけに気をとられていたのだろう。なんというヘマだ。やっぱり黄瀬川はもう一度撮り直すために行かなければならない。7,8月の間、じっくり撮れば3泊4日ぐらいは必要だし、7月の南八甲田は雨期のような天候だから難題である。荷物も負担になる。この川を源流まで遡行するには中小20以上の滝越え、泳ぐ淵も2箇所くらいある。貧乏写真家は大町桂月みたいに人夫を雇うわけにもいかないし、、、。じっくり練ってみよう。

黄瀬川

滝壺の岩壁は素晴らしい。芸術作品のように美しい。

黄瀬川
2011.01.04[Tue] Post 12:58  コメント:0  TB:0  源流  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

神殿のような不思議な岩肌 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1010-06b67c32
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。