FC2ブログ

写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

全タイトルを表示

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

冬の厳しさ、夏の厳しさ

ネマガリタケ
IMG_1341
ネマガリタケ

 見ればわかるように、南八甲田源流部のネマガリタケ(上写真)は、”ただの”クマ笹とはこれだけ違う。高さも人の背くらいにしかならない”ただの”笹薮とちがってネマガリタケの薮は、2mをゆうに越え、3mを越すところもある。こんなものがいたるところで密集しているのだから南八甲田の原生の自然が守られてきたのだと思う。
 このネマガリタケは、奥地ほど太くなってくる。森林の生態学的に言えば”マント帯”というところに生えている。つまり森の周辺部とか川と森の境目とかである。だから登山道や林道を外れたり、川から高巻きするれば必ず遭遇する。僕の経験でも2時間漕ぎ続けても越せない”薮地獄”としか言えないところが何カ所もあった。そういうところはまったく先が見えないから真冬の吹雪よりも息苦しいかもしれない。
2011.01.18[Tue] Post 10:40  コメント:2  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

この太さ!

沢田んぼにいたる最短近道をつけた時の笹薮が下の写真でした。それに比べるとネマガリタケの太さは異様です。密集地帯だと掻き分けて進むのも困難では・・・ こんな藪は見ただけで後ずさりしますね、間違いなく。(笑) 原生の森の周りにこんな植物帯があるなんて知りませんでした。 土の香りはどうなのかしら? 爽やかだろうと想像しますが、嗅いで見ないとこればかりは? 土の香りも教えてください。
2011.01.18[Tue]  投稿者:北のFarmer  編集  Top▲

>北のFarmerさん

土の香り、ですか?
さすが農業やってる人は発想点がちがいますね。
「爽やか」とは少しちがいますね。
もっと複雑系です。キノコだったり腐葉土だったりピート(泥炭)の香りだったりの入り交じったもやもやした匂い、かな?
爽やかなのは、立った時の緑の香り、地面は、枯れたものや死んで養分になったものの香りが混じってる気がします。
2011.01.20[Thu]  投稿者:wak  編集  Top▲

TRACKBACK

冬の厳しさ、夏の厳しさ のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1017-5dbaab09
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲