写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

核のゴミ

使用済み核燃料でさえ、しっかり処理できずに地中深く埋めて、未来の子孫たちに処理を押し付けている現状
核廃棄物一時貯蔵施設も、自分たちが生きている間は取り出すことないのに
まるでほんの少し置くだけのような表現

多少の不便も慣れれば、それが当たり前になること、今回の被災で学びました。
2011.03.27[Sun]  投稿者:ikko  編集  Top▲

No Subject

復旧ではなく、色々な面で色々な意味で、新しい社会で復興しなければならない、というのは全く同感です。
メディアが早くも情緒的な報道一色になりつつある状況を見るにつけ、「喉元過ぎれば」にならない様に心がける事も、個人ができる事の一つではないかと思っています。
2011.03.27[Sun]  投稿者:ts  編集  Top▲

遺伝子を考える・・・ 遠景的発想

面白い考察に出会いました。放射線を軽く乗り越えて地球創生の時代から続く「遺伝子の旅」を考えると、我々人類は今思っている以上にタフかもしれない・・・ 問題は、純粋な「心」で過去からメンメンと受け継がれた強靭な「遺伝子」にどうアクセスするか?!  参考までに以下の情報を貼り付けます。 希望が見えるかもよ・・・私はこれにかけようと思い始めています。

>東京工業大学の准教授である松本博士(http://www.nr.titech.ac.jp/~yoshim/matsumoto.htm)(http://www.nr.titech.ac.jp/~yoshim/Matsumotos_Laboratory/song_ben_yan_jiu_shihomu.html)です。
学歴と論文の実績では、今テレビに出ている多くの解説者の中でも、最高の部類の方でしょう。
この方の解説には、他の解説者と違い「逆に」難しい用語や数値データは一切なく、
1.自分の「遺伝子」(先祖たちの流れ)を信じてください。
2.あなたの遺伝子は、すでに完璧な“お守り”なんです。
3.恐れずにニコニコしていれば大丈夫です。
と言われます。これはただの根拠の無い発言ではなく、彼の長年の研究テーマは
「放射線と遺伝子(すべての根本です)の関係」と、「放射線による治療」なのです。机上だけではなく、大学病院においても多くの患者さんの実例を研究されています。
学問を突き詰めますと、ムダが落ちて逆にシンプルな考えに行き着くのです。
2011.03.28[Mon]  投稿者:北のFarmer  編集  Top▲

No Subject

みなさんコメントありがとうございます。
バタバタやってたり、ネット不通のところに居たりで返信が遅れてしまいました。

こんなこと書いていいのだろうかと自問自答しながらいつもやってますが、みなさんの声に励まされています。少しづつみんなで変わっていければいいですね。これからもよろしくお願いします。
2011.03.28[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.03.31[Thu]  投稿者:-  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1069-d1503aa8
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

やり直そう

無事帰京しました。
東北道を80kmで12時間省エネ運転で来て、首都高に入ったら、後ろからガンガン煽られた。ほとんどは100km以上で飛ばしていた。
省エネはまだ一部にしか浸透していないと感じた。マスコミはセンセーショナルな報道しかしていない。エネルギーの大量消費社会というものを変えていかない限り、原発を容認せざるを得ないのだ。なんだかんだ言いながら政府はなんとかしてくれるだろう、と現実に眼をつぶっているうちは何も変わらない。
極論すると、復旧しても意味がないと思う。前にもどったらまた同じことが起こる。新しい社会を再建しなければならないんだ。

セシウムは30年、プルトニウムは1万2千年汚染が続くそうだ。誰にこんなものを使う権利があるのか。この世で一番長生きする生き物は樹木でそれでもせいぜい千年だが、人間はとんでもないモンスターを作ってしまった。封印しよう。大丈夫、多少電気が足りなくたって生きる楽しみはいっぱいある。そんなの無理だじゃないんだよ。長い時間をかけてゆっくり作っていこうということさ。三陸の人たちはゼロから作り直そうとしている。僕らも歩調を合わせるように少しづつやり直せばいいんだ。
2011.03.27[Sun] Post 11:48  コメント:5  TB:0  未分類  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

核のゴミ

使用済み核燃料でさえ、しっかり処理できずに地中深く埋めて、未来の子孫たちに処理を押し付けている現状
核廃棄物一時貯蔵施設も、自分たちが生きている間は取り出すことないのに
まるでほんの少し置くだけのような表現

多少の不便も慣れれば、それが当たり前になること、今回の被災で学びました。
2011.03.27[Sun]  投稿者:ikko  編集  Top▲

No Subject

復旧ではなく、色々な面で色々な意味で、新しい社会で復興しなければならない、というのは全く同感です。
メディアが早くも情緒的な報道一色になりつつある状況を見るにつけ、「喉元過ぎれば」にならない様に心がける事も、個人ができる事の一つではないかと思っています。
2011.03.27[Sun]  投稿者:ts  編集  Top▲

遺伝子を考える・・・ 遠景的発想

面白い考察に出会いました。放射線を軽く乗り越えて地球創生の時代から続く「遺伝子の旅」を考えると、我々人類は今思っている以上にタフかもしれない・・・ 問題は、純粋な「心」で過去からメンメンと受け継がれた強靭な「遺伝子」にどうアクセスするか?!  参考までに以下の情報を貼り付けます。 希望が見えるかもよ・・・私はこれにかけようと思い始めています。

>東京工業大学の准教授である松本博士(http://www.nr.titech.ac.jp/~yoshim/matsumoto.htm)(http://www.nr.titech.ac.jp/~yoshim/Matsumotos_Laboratory/song_ben_yan_jiu_shihomu.html)です。
学歴と論文の実績では、今テレビに出ている多くの解説者の中でも、最高の部類の方でしょう。
この方の解説には、他の解説者と違い「逆に」難しい用語や数値データは一切なく、
1.自分の「遺伝子」(先祖たちの流れ)を信じてください。
2.あなたの遺伝子は、すでに完璧な“お守り”なんです。
3.恐れずにニコニコしていれば大丈夫です。
と言われます。これはただの根拠の無い発言ではなく、彼の長年の研究テーマは
「放射線と遺伝子(すべての根本です)の関係」と、「放射線による治療」なのです。机上だけではなく、大学病院においても多くの患者さんの実例を研究されています。
学問を突き詰めますと、ムダが落ちて逆にシンプルな考えに行き着くのです。
2011.03.28[Mon]  投稿者:北のFarmer  編集  Top▲

No Subject

みなさんコメントありがとうございます。
バタバタやってたり、ネット不通のところに居たりで返信が遅れてしまいました。

こんなこと書いていいのだろうかと自問自答しながらいつもやってますが、みなさんの声に励まされています。少しづつみんなで変わっていければいいですね。これからもよろしくお願いします。
2011.03.28[Mon]  投稿者:wak  編集  Top▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.03.31[Thu]  投稿者:-  編集  Top▲

TRACKBACK

やり直そう のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1069-d1503aa8
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。