写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/114-39d004b1
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

三浦敬三-伝説の八甲田ガイド

三浦敬三さんが亡くなられました。享年101歳でした。
敬三さんは、かつて八甲田の山岳ガイドをしていたんですよね。僕はガイドを頼んだことはないけれど、敬三さんがいたら頼んでみたかったなあ。
 追悼をこめて三浦敬三氏の八甲田について書かれたの文を紹介します。
「十和田湖・八甲田・奥入瀬」昭文社から
「......、ここ数年の間に、私はヨーロッパやオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、さらにヒマラヤ、最近ではキリマンジャロなど30数回の旅に恵まれた。そのすばらしい岩峰と氷河、それらは全く驚嘆すべきものだった。こうして歩く度毎に私はこれらの山々と十和田周辺とを比較してみる。ヨーロッパやヒマラヤの山々は、森林限界を遥かに越え、....きびしい荒々しい、...するどく胸に迫り胸に迫り魅了されるものである。だが、絢爛たる十和田の秋、新緑の頃の奥入瀬の心の底までにじむような自然それは暖かい、うるおいにみちたものだった。こうした日本的な美しさは、冷厳なヨーロッパのそれと匹敵するものであろう。いつも私はヨーロッパの景色と較べて日本のはどうかと問われるが、その度毎に、十和田、奥入瀬のうるおいのある美しさは世界でも稀に見るものではないかと思ってますと答えているが、これは決して誇張ではない。.....それは日本の誇るべき風景であり、その美しさはいつまでも保持されて行かねばならないものだ。」
 今年の冬は記録的な寒波です。八甲田も、秋も熟さないうちに一気に真冬に突入してしまいました。落果しないうちに雪に埋もれてしまった樹々。異常気象が心配です。敬三さんも案じて逝ってしまったにちがいない。合掌。
雪果実

マユミの実。真弓というくらいで昔、この木で弓を作ったらしい。

スレッド:気になるニュース / ジャンル:ニュース

2006.01.08[Sun] Post 12:00  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

三浦敬三-伝説の八甲田ガイド のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/114-39d004b1
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。