写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

思い出すのは、、。湯あたり。

私の小さい頃、年中家族行事で四万温泉の湯治場に1週間泊り込むとゆうことをしていました。
母は本をどっさり、父は渓流散策、私と弟は雪遊びと町散策。
よく二人で帰り道迷子になりましたが、ちゃんと大人を見つけ、宿にたどりついていましたが今では考えられない。。。
弟とと、見つけた遊びの中で、温泉リレーってゆうのがあって、どんどん見つけた温泉は入っていく。
その時に湯治場に行くとおじいちゃんおばあちゃんたちが必ずよって来て、長々話相手になってくれました。
当然、湯あたりおこして、脱衣所で立てなくなってしまい、弟と、知らないおじいちゃんおばあちゃんに引きずられ部屋にたどりついた。
湯治場なのに寝込んでしまった、情けない話です。
2006.01.17[Tue]  投稿者:crescent  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/122-f7294f24
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

雪に埋まる一軒宿-谷地温泉

谷地温泉


一軒宿の谷地温泉にたどりつく。看板がりっぱになっている。以前はほんとに湯治場だけでさびれたいい雰囲気の、ほんとに秘湯という温泉だったけれど、最近外資が入ったらしくて、観光客も泊めるようになって少しまとも?な宿になってきた。なんだかさみしい。前は混浴だけだったけど今は女性専用風呂もある。総ヒバ作りで風呂は文句なし。あずましい。入湯料¥350というのもこの辺では一番安くてうれしい。蔦温泉¥500、猿倉温泉¥700、酸ヶ湯¥600、だったかな?谷地温泉

スレッド:四季 ー冬ー / ジャンル:写真

2006.01.17[Tue] Post 14:21  コメント:1  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

思い出すのは、、。湯あたり。

私の小さい頃、年中家族行事で四万温泉の湯治場に1週間泊り込むとゆうことをしていました。
母は本をどっさり、父は渓流散策、私と弟は雪遊びと町散策。
よく二人で帰り道迷子になりましたが、ちゃんと大人を見つけ、宿にたどりついていましたが今では考えられない。。。
弟とと、見つけた遊びの中で、温泉リレーってゆうのがあって、どんどん見つけた温泉は入っていく。
その時に湯治場に行くとおじいちゃんおばあちゃんたちが必ずよって来て、長々話相手になってくれました。
当然、湯あたりおこして、脱衣所で立てなくなってしまい、弟と、知らないおじいちゃんおばあちゃんに引きずられ部屋にたどりついた。
湯治場なのに寝込んでしまった、情けない話です。
2006.01.17[Tue]  投稿者:crescent  編集  Top▲

TRACKBACK

雪に埋まる一軒宿-谷地温泉 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/122-f7294f24
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。