写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1302-ce2116a3
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

十和田・八甲田の神話のような人

きょうは、十和田・八甲田の神話のような人=太田吉司さん(大町桂月に「山の神様」と呼ばれた)のお孫さんに会ったのだ。
それは驚くべき出会いだった。

今、焼山(奥入瀬川沿い)にスタジオを建設中なのだが、全く資金の乏しい貧乏な写真家は、できるだけ自作でやろうと取り組んでいる。

そこで、材料を探しに行ったのだが、その店主が僕の写真集を購入してくれていた方で、しかも太田さんのお孫さんと友人なのだという。
なんと言う!
僕はずっと、吉司さんの血筋の人を探していたのだ。これぞ邂逅というのだろう。

十和田湖に初めて魚を放流した話とか(驚きだ!#ヒメマスは和井内だが)、まさしく神話のようなことをいくつも聞いてきました。

素晴らしい一日。
スタジオ建設の取り組みが間違っていなかったのだという思いも強くなった。

十和田湖
2012.2.17 十和田湖のしぶき氷  

今年の十和田奥入瀬の青氷はここ数年来最高の出来です。
六ヶ所再処理工場まで62.5km。

2012.02.20[Mon] Post 20:06  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

十和田・八甲田の神話のような人 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1302-ce2116a3
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。