写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

やっぱ川はいい

解禁が待ち遠しくなるような写真ばかりですね
野田知佑さんや本多勝一さんを読むと河川工事に
憤りを感じますが,年に何回しか川遊びをしないアタシはそんな川でも足を浸すと嬉しくなります。
アタシが行くのは南東北ですが,倅等が一緒に遊んでくれた頃^^;堰堤の上からみんなでジャンプして遊んだのを思い出しました。
2006.02.02[Thu]  投稿者:ジェロ  編集  Top▲

>ジェロさん

もっと自然にやさしい河川工事をしてほしいですね。
江戸時代にはもっともっと親水性の高い技術が日本にはあったようです。今のはコンクリをいかにいっぱい使うかというゼネコンサイドの視点だけです。土と水を遮断するコンクリを多用したらどうなるかというと、よしがなくなり、昆虫の産卵場所がなくなり魚のえさがなくなる。水の逃げ場がなくなりより破壊的な洪水の危険性が高まる。河川周辺の環境が悪化する一方です。工夫すればできるのにそれをしていないのが問題なんですね。思想の問題だし、危機意識の欠如の問題ですね。自然を生かすということは人間を生かすということでもあるという思想ですね。
2006.02.03[Fri]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/138-28084f77
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

最終の堰堤を越えて

ダム10

直接越えるのは無理でしたね。もう一度下って高巻く。1時間ほどの高巻きになった。巻いてから降りる場所が40mほどのガケ。20mのザイルを使いながら懸垂下降。
堰堤湖

泥が堆積しているのがわかると思う。これが少しづつ排出されて堰堤の下流に流され川を汚してしまうのだ。堰堤の直下の川の石には泥が付着していてあまりきれいな流れとは言えないものだ。

スレッド:水辺の写真 / ジャンル:写真

2006.01.31[Tue] Post 11:49  コメント:2  TB:0  源流  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

やっぱ川はいい

解禁が待ち遠しくなるような写真ばかりですね
野田知佑さんや本多勝一さんを読むと河川工事に
憤りを感じますが,年に何回しか川遊びをしないアタシはそんな川でも足を浸すと嬉しくなります。
アタシが行くのは南東北ですが,倅等が一緒に遊んでくれた頃^^;堰堤の上からみんなでジャンプして遊んだのを思い出しました。
2006.02.02[Thu]  投稿者:ジェロ  編集  Top▲

>ジェロさん

もっと自然にやさしい河川工事をしてほしいですね。
江戸時代にはもっともっと親水性の高い技術が日本にはあったようです。今のはコンクリをいかにいっぱい使うかというゼネコンサイドの視点だけです。土と水を遮断するコンクリを多用したらどうなるかというと、よしがなくなり、昆虫の産卵場所がなくなり魚のえさがなくなる。水の逃げ場がなくなりより破壊的な洪水の危険性が高まる。河川周辺の環境が悪化する一方です。工夫すればできるのにそれをしていないのが問題なんですね。思想の問題だし、危機意識の欠如の問題ですね。自然を生かすということは人間を生かすということでもあるという思想ですね。
2006.02.03[Fri]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

最終の堰堤を越えて のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/138-28084f77
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。