写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1537-ff9af616
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ふるさとの山、ながめているだけでありがたい山


高田大岳は、南部人にとってふるさとの山です。ただながめているだけでありがたい山です。


日本には他の国にはない豊かで美しい自然、里山と原生の自然が先人たちの努力によってしっかり残されています。その中でも縄文文化を色濃く受け継いだ青森は、最も豊かで美しい自然が残っているのです。
これは私たちが先祖から受け継いだふるさとという宝です。
これを放射能で汚染しつくすことなど決して許されません。
ところが、汚染の事実を隠蔽し、大したことはない、と言い張る人たちがいます。こんなことが、先祖に対してあるいは母なる大地に対して申し訳が立つと思いますか?
この人たちには罰が下ると思います。座して知らんふりをはする人にも罰が下ると思います。それを許せば私たちも同じです。
この危機を乗り越える道をみんなが真剣に探すしかないのです。核を廃絶し放射能を封じ込めるというたったひとつのことに向かってみんながひとつになればそれは可能なのです。

そう思っているから時々僕は、原発と被曝の問題を書いている。

そういう話はよせと、えふりこいで言ってきたやづをわだっきゃはんかくせぇという。ほんつけねぇ!ほづなし!
2013.03.21[Thu] Post 18:49  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

ふるさとの山、ながめているだけでありがたい山 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1537-ff9af616
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。