写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1719-94a1245b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

十和田湖大噴火こそもっとも恐ろしい

富士山など目ではない。十和田湖の大噴火こそもっとも恐ろしい。

前にも書いたが、915年の十和田湖の噴火は、過去2千年で日本最大のものである。というか、同じマグマプレートの白頭山が世界一、十和田湖はそれに次ぐ規模のものだ。富士山など小さい。十和田湖はその6.5倍の規模だ。

 京都延暦寺の僧侶によって平安時代に書かれた『扶桑略記』に「915年8月18日の朝日には輝きがなく,まるで月のようだった.人々はこれを不思議に思った.8月26日になって,灰が降って二寸積もった.桑の葉が各地で枯れたそうだ,と出羽の国から報告があった.」という記述がある.これは十和田湖の噴火を記録したものと考えられる.(早川由紀夫)、、、
(火砕流は六ケ所再処理工場地点にも到達したと早川は言っている)

だそうだ。
1月27日に十和田湖で一日に800回の地震があった。その頃僕は毎日のように十和田湖へ行っていた。「龍の肌」を撮影していたころだ。だろう、ほら、そういうことか?マグマパワーに引き寄せられてたのか!^_^、
冗談はそこまでだが、六ケ所再処理工場は廃止するしかないぞ。

2014.02.28[Fri] Post 19:07  コメント:0  TB:0  未分類  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

十和田湖大噴火こそもっとも恐ろしい のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1719-94a1245b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。