写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

岩木さん、こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。
私は、八戸に主人の転勤で東京から来ました。
私は30年間岩木さんのスタジオがあった町で暮らしていました。
自然なんて無縁の町です。
それでも、八戸に来るまであの場所が大好きでした。
でも、今では決して終の棲家にはしたくない場所になりました。

初めて奥入瀬にドライブしたときの感動は、今でも忘れられません。
それから奥入瀬にハマってしまい、1年に何度もドライブ旅行に来ています。
そして遅ればせながら、昨年、八甲田の美しさにもハマってしまいました。
そして先日、蔦沼の沼巡りをしました。
今までアウトドアとは無縁だった私が、歩道がある程度整備されていたので、気持ちよく散歩出来ました。
沼巡り、暑くて過酷でしたが、とてもとても気持ちよかったです。
緑の中にいる時間がとても贅沢でした。

私は休屋のビジターセンターにお金をかけるのならば、もっと自然観光の方にかけるべきだったのではないかと思っています。
十和田の自然は本当に素晴らしいのに、住んでいる方がそれを活かせていないと思います。
生意気言って申し訳ございません。
でも、大好きになった十和田の魅力を全国の方にもっと知って欲しいと思います。
アートは一度見れば満足するかもしれませんが、自然は四季それぞれの表情があり、何度でも見たくなるものです。
リピーターを増やすためにも、身近に触れられる自然がもっと増えてもいいと思います。

岩木さんの写真集で、大好きな八甲田の未知の場所を見る事ができ幸せです。
これからも、お体に気をつけて、ステキな写真を撮り続けて下さい。
寝る前に、岩木さんの写真集を見て眠るのが日課となっています。

長文、失礼いたしました。

2014.07.16[Wed]  投稿者:ぴーんちゃん  編集  Top▲

No Subject

ぴーんちゃん、丁寧なコメントどうもありがとう。
県外から来た人も同じような感想を持ってくれていたのを知って、
うれしいです。ありがとう(*^_^*)
2014.07.16[Wed]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1823-c53f329c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

すぐそこにある絶景

大倉沢
2014.7.15/十和田

きのうの沢歩き。焼山からすぐそこの渓流と滝。
ナメ床がつなぎになっていて、歩きやすい気持ちがいい。
初心者でも行ける。3連続する滝はそれぞれにみどころがある。
決めました、来週の写真塾はここ!
この滝は、F2(2番目のfall)です。
素晴らしい。

大倉沢

大倉沢

一枚岩のナメ床を歩いてゆくと見えてくるF2。
水に浅くつかりながらトレッキングしているようなもんです。快適沢歩き!

大倉沢

こういう一級の自然資源が十和田にはたくさんあって、保護と開発のバランスを考えて、一部は観光資源としてしっかりと整備すべきではないか(従来の十和田湖・奥入瀬のお決まりコースだけではなくて)?
そこに奥入瀬活性化計画の基本を据えるべきである_「温泉、花、アート」や「休み屋開発」だけでは、間違った方向の感は拭えない、
ということを、去年秋開催の公聴会で話したつもりだが、市にはとどかなかったらしい。
僕よりも以前からそういう方向で意識を持って取り組んできた人たちが奥入瀬に何人もいるのに、その人たちの意見や経験を真摯に聞こうという取り組みがまるでないのはどういうわけか?帰り道でたくさんおちてた空き瓶のゴミひとつ拾いながら美しい川を降りてきた。来週はゴミ袋をたくさん持って行こう。
2014.07.16[Wed] Post 09:32  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

岩木さん、こんにちは。
初めてコメントさせて頂きます。
私は、八戸に主人の転勤で東京から来ました。
私は30年間岩木さんのスタジオがあった町で暮らしていました。
自然なんて無縁の町です。
それでも、八戸に来るまであの場所が大好きでした。
でも、今では決して終の棲家にはしたくない場所になりました。

初めて奥入瀬にドライブしたときの感動は、今でも忘れられません。
それから奥入瀬にハマってしまい、1年に何度もドライブ旅行に来ています。
そして遅ればせながら、昨年、八甲田の美しさにもハマってしまいました。
そして先日、蔦沼の沼巡りをしました。
今までアウトドアとは無縁だった私が、歩道がある程度整備されていたので、気持ちよく散歩出来ました。
沼巡り、暑くて過酷でしたが、とてもとても気持ちよかったです。
緑の中にいる時間がとても贅沢でした。

私は休屋のビジターセンターにお金をかけるのならば、もっと自然観光の方にかけるべきだったのではないかと思っています。
十和田の自然は本当に素晴らしいのに、住んでいる方がそれを活かせていないと思います。
生意気言って申し訳ございません。
でも、大好きになった十和田の魅力を全国の方にもっと知って欲しいと思います。
アートは一度見れば満足するかもしれませんが、自然は四季それぞれの表情があり、何度でも見たくなるものです。
リピーターを増やすためにも、身近に触れられる自然がもっと増えてもいいと思います。

岩木さんの写真集で、大好きな八甲田の未知の場所を見る事ができ幸せです。
これからも、お体に気をつけて、ステキな写真を撮り続けて下さい。
寝る前に、岩木さんの写真集を見て眠るのが日課となっています。

長文、失礼いたしました。

2014.07.16[Wed]  投稿者:ぴーんちゃん  編集  Top▲

No Subject

ぴーんちゃん、丁寧なコメントどうもありがとう。
県外から来た人も同じような感想を持ってくれていたのを知って、
うれしいです。ありがとう(*^_^*)
2014.07.16[Wed]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

すぐそこにある絶景 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1823-c53f329c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。