写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1826-869eaaf2
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

高巻きのエピソード_2

高巻きのエピソード_2
クマを恐れて、ルートとしては明らかに厳しいかに見えた右岸に回ったのだ。迂回した右岸は険しくなかなか尾根に届かない。ますます険しくなりそうなのでトラバースすることにした。ところがよけいに斜度がきつくなった。戻るにも戻れない崖まで来てしまった。それでも低木が生えているしネマガリタケもある。なんとか渡れるだろうと思った。3点支持の基本を踏襲して慎重に渡っていたけれど、ぬかるみの土で3点の内の2点が抜けて片手一本でぶらさがってしまったのだ。40mはあろうかという絶壁で、ぶら下がった時は、さすがに生きた心地がしなかった。転落を想像して全身がカーッと熱くなった。
 足を踏み外した衝撃で肩を痛めたけれど、ふりしぼって両手で掴み直し踏みとどまった。握力と気力はまだあった。絶対落ちないぞ!って思っていた。
 足を踏み外したというか、固く締まった土が濡れていてまったくツルツルだったのだ。つま先分の窪地に足をのっけたと思ったらそのままズルッといった。それでぶらさがってしまった(靴が沢歩き用のフェルト仕様なのでよけいに滑った)。気合いが入ったなあ、この時は。ここ30年で最高の集中力だったかな(苦笑)。それで3点支持は無理だから、腕二本だけで、その壁を、木の枝やネマガリタケ数本を掴みながら、死ぬほど慎重に、確保を確かめながら、おそるおそるトラバースした。7mくらい進んでどうやら最難関のところを越えた。それでも斜度70度くらいから60度くらいに変わっただけの話だったのだが、それでも足場もとれて一息つくことができた。
 この数分間、ほんと一生分の冷や汗のほとんど出尽くしたんじゃないのかなあ(笑)もう当分何があっても出ないよ^^;
(ここで油断が生じた)続く
写真;断崖が続く黄瀬川源流
黄瀬川源流
2014.07.18[Fri] Post 08:41  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

高巻きのエピソード_2 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1826-869eaaf2
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。