写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1864-9a809669
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

南八甲田のツキヨタケは発光パワーもちがう

ツキヨタケ2014.9.21
発光パワーもちがうんだろう南八甲田のツキヨタケ。
見た眼では、薄ら白く見えるけれど露光をかけると緑に発光する。

きのうは星が見えて絶好だった。
暗闇に慣れてくるとツキヨタケは、うっすらと白く浮かんでくる。
森の中にひとり。
慣れてきた眼でまわりを見渡すとほんの小さく光るものが動いている。
近づいてみる。
5mmくらいのムカデのようなカタチの虫がいて、尻尾のあたりが光っている。
ホタルの幼虫だろうか?少しカタチがちがうように見える。
カメラは2台露光中で撮影できない。それに動いているから撮影は難しいだろう。
この森は、結構の山中で、夜はケモノの世界だろう。
一時間の露光中は、熊が寄ってこないようにタバコを吸っていた。
美しく幻想的な夜の森。白く光るツキヨタケはケモノたちの照明灯になっているのだろうか?
白く見えるのだろうか?人よりもすぐれた視力でカメラのように緑に見えるのだろうか?

ツキヨタケ

ツキヨタケ

マネしないで下さい。暗闇の森の中へライトひとつで入るのは自殺行為です。ライトを数台用意してポイントごとに置いて入らないと必ず迷います。僕もそうやったのに迷いました^^、それでも慣れてるからもどれましたけど、普通ならパニックを起こしますね。
2014.09.21[Sun] Post 12:52  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

南八甲田のツキヨタケは発光パワーもちがう のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1864-9a809669
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。