写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1926-544cc899
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

カモシカとの不思議な交流

不思議な体験だった。
カモシカは歩くのを止めて立ち止まって、じっと僕を見ている。また時々ウロウロしたりこっちを見たりするけれどそこを動こうとしないのだ。

なんでだろう?

そのうち、驚くべき行動をとった。両足をあげて地にたたきつけるようにドンドンと繰り返したのだ。

あっ!こいつ威嚇しているのか?

きっとそうだ。あっち行けと言っているんだ。

そうか、ここが寝床なのか?

しかもお腹に子供を宿しているらしい。それであまり動こうとしないらしい。

わかった。そういうことだ!!

僕との距離は40mくらいだ。30分くらい付かず離れずて追跡してきたけれど、ずっとそれくらいの距離を保ってきた。彼女は僕に気づいているけれど、時々振り返ったりはするが急いで逃げるわけでもない。薮とシダの谷をひとつ越えてきた追走劇は、驚きの結末だった。寝床まで案内するなんてありだろうか?

日も暮れ始めていたし、突然の追走だったのでヘッドライトもない。暗くなったら僕の方がやばいから残念だけとお別れだ。
彼女に向かって、わかった、わかった。じゃあね。ありがとう。へばなと言って別れたんだ。
素晴らしい体験をした。あずましぐ幸福な時間だった。谷を登り返すのにえらいへっちょ吐いだ。こったらに来てらったのがぁ?帰り道はえらい遠かった。
(ちゃんとした写真はそのうちどこかでオープンします)

カモシカ
2015.07.20[Mon] Post 20:45  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

カモシカとの不思議な交流 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/1926-544cc899
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。