写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/220-be7ff287
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

霧の森をひとり歩いてみよう

霧の森


      深い森を歩いていていつの間にか霧に覆われてしまうことがある。

 カサコソと自分の足音だけが森全体に静かに響き渡る。

  枯葉を踏む音が森の奥まで響き渡っている。その時にはじめて(!)深い静寂のなかにたったひとりで居たのだと気づきかすかに怖のく。それもたった一瞬だ。再び歩き出して贅沢な孤独の時間を踏みしめている。

 誰一人立ち入らないブナの深林へひとり踏み込めば、森の神様と対話する時空に偶然と陥る時がある。

 音を聞いて静寂を知る。ほら!僕は弁証法をなんなく理解した。矛盾する対立物を措定してはじめて状況を具体的に提起できた。

霧の森

スレッド:写真にコトバをのせて / ジャンル:写真

2006.05.22[Mon] Post 12:19  コメント:0  TB:0    Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

霧の森をひとり歩いてみよう のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/220-be7ff287
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。