写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/307-ce2e1f07
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

嵐の八甲田

嵐を予感させる空を飛んで飛行機で青森空港に着いたのが10月6日午後2時30分。青森はすでに嵐の序章に入っていた。
1時間遅れて八甲田行きの最終バスにもうすでに間に合わない。
 僕は飛行機のタラップで管理者風の女性パーサーをつかまえて、
「八甲田行きの最終バスに乗り遅れたんですけど..」と訴えた。
そのパーサーは、
「タクシーを用意しますけどそれでもよろしいですか?」
と、即座に僕の要望に答えてくれた。

こうして僕は猿倉登山口まで悠々とやってきたのだ。メーターは¥7000を越えていた。
はなからなんというラッキーだろう。バスで行っても¥1620かかるところをタダでタクシーである。

しかし、それから三日間、八甲田は荒れに荒れた。八甲田山観測史上最高の雨量を記録した。
全国でも多くの遭難者を出したのはこの日と翌日である。

僕はたまたま偶然が重なって難をのがれた。
観測史上最高ということは、経験値を越えた気象ということであって、経験値で判断していたとしたら僕は入山していたかもしれない。
不思議な事にこの日は、猿倉登山口の小屋に寝る計画だった。僕はいままで八甲田では一度も小屋に寝たことがない。いつでも野営である(か車で寝る)。なぜ今回だけ小屋泊まりを計画したのか?飛行機が昼便で現地着が夕方になるからだが、じゃあなぜ朝便じゃなくて昼便にしたのか?それがどうもわからない。虫の知らせ?...、また山の神様に感謝しなければならない。


翌日、蔦川へ降りてみた。

およそかつて見たこともない蔦川の大濁流!
高波のような濁流がこの川に押し寄せるなんて!唖然として震えながらシャッターを切った。

蔦川濁流


蔦川濁流2


蔦川濁流3

2006.10.10[Tue] Post 15:44  コメント:0  TB:0  渓流  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

嵐の八甲田 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/307-ce2e1f07
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。