写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

曇りが正攻法ですかねぇぇ
2006.12.05[Tue]  投稿者:yamada  編集  Top▲

No Subject

此処まで登ってしまう岩木さんには敬服します。
この眺めは私もみて見たいもんです。この滝の上流を越えて猿倉までを、いつかはやってみたいと もう何年も思い続けていますが、じぐなしのからやぎ
ですから なかなか出来ません。死ぬまで多分このままかも知れませんね。
岩木さんの写真で我慢しましょう。(笑)
2006.12.05[Tue]  投稿者:kunimatu  編集  Top▲

>kunimatuさん

"
しぐなしのからやぎ”ですか^^;いやあなつかしくていい言葉ですねえ。わもおんなじだよ(笑)。

猿倉の源流まで、これ来年の計画たててます。ごいっしょしますか?スケジュールが合えばですけど。
2006.12.06[Wed]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

>yamadaさん

曇りよりもこれだけの遠景だと、大気のクリア度が気になってくるんですね。遠景の解像力が足りないでしょ。カメラの選択もまちがえた。この時はEOS5DじゃなくてolympusE1を持って行ってしまった。こういう時は絶対的な画素数も必要ですね。センサーもフルサイズ、レンズも単玉がいいと思う。こんな崖じゃなかったら4×5でも持って行きたいくらいです。

追伸>kunimatuさん
現地でお会いできたら、このポイントご案内しますよ。ぼくももう一度撮り直さなきゃいけないし。ただし、林道入り口から4時間は覚悟してくださいね。
2006.12.06[Wed]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

貴重な写真

岩木さんしばらくです
まずもっていけそうもない場所が、予感としてあります。世界遺産だってすべて見ることは不可能なので、写真集で楽しみます。南八甲田の、この滝をこの角度から見る.....まずもって僕には不可能そうです。貴重な写真をみせてもらっています。山の経験と体力、写真家の眼差しと豊富な技術をもってやっと可能なのでしょう。毎回楽しみにしています。
私はつい最近、山でこけて16針縫いました。やっと月曜日に抜糸。ますます行けない場所が増えそうです。
2006.12.07[Thu]  投稿者:shin  編集  Top▲

>shinさん

しばらくでした、shinさん。
shinさんなら大丈夫、オレより体力ありそうだもの。今度行きましょ、いっしょに。
2006.12.07[Thu]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/332-74e61b5b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

南八甲田遠望と竜神の滝

滝の中腹まで登って撮ったけれど、僕はどうもまだ納得しないので、また別のところへ向かったのだ。
 これは谷をひとつ越えてまったく別の山からだ。2時間かけて一旦おりて野営し、また次の日、別の山へ登り返したのだ。
竜神


その撮影ポイントは、馬の背の尾根のどん詰まりにあった。幅1mもないような背を崖のどん詰まりまで行ってようやく見えてきた。松の枝にさえぎられて全貌を見渡すのは困難だけれど、おそらくここがこの滝を全貌する最高のポイントだろう。猿倉岳や乗鞍岳も遠望できるすばらしい眺めだった。ただ写真は物足りない。日が高く上がり過ぎている。また来年の宿題ができてしまったかな。

竜神様



竜神



 次に向かったのはあの滝の上です。
(この山の下山ぎわ、薮こぎの途中でけものの臭いがしてぞっとした。いたんだろうなあ、さっきまで熊が。おーい、おーいと声を出しながらそそくさと下山した。))
2006.12.05[Tue] Post 17:27  コメント:6  TB:0    Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

曇りが正攻法ですかねぇぇ
2006.12.05[Tue]  投稿者:yamada  編集  Top▲

No Subject

此処まで登ってしまう岩木さんには敬服します。
この眺めは私もみて見たいもんです。この滝の上流を越えて猿倉までを、いつかはやってみたいと もう何年も思い続けていますが、じぐなしのからやぎ
ですから なかなか出来ません。死ぬまで多分このままかも知れませんね。
岩木さんの写真で我慢しましょう。(笑)
2006.12.05[Tue]  投稿者:kunimatu  編集  Top▲

>kunimatuさん

"
しぐなしのからやぎ”ですか^^;いやあなつかしくていい言葉ですねえ。わもおんなじだよ(笑)。

猿倉の源流まで、これ来年の計画たててます。ごいっしょしますか?スケジュールが合えばですけど。
2006.12.06[Wed]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

>yamadaさん

曇りよりもこれだけの遠景だと、大気のクリア度が気になってくるんですね。遠景の解像力が足りないでしょ。カメラの選択もまちがえた。この時はEOS5DじゃなくてolympusE1を持って行ってしまった。こういう時は絶対的な画素数も必要ですね。センサーもフルサイズ、レンズも単玉がいいと思う。こんな崖じゃなかったら4×5でも持って行きたいくらいです。

追伸>kunimatuさん
現地でお会いできたら、このポイントご案内しますよ。ぼくももう一度撮り直さなきゃいけないし。ただし、林道入り口から4時間は覚悟してくださいね。
2006.12.06[Wed]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

貴重な写真

岩木さんしばらくです
まずもっていけそうもない場所が、予感としてあります。世界遺産だってすべて見ることは不可能なので、写真集で楽しみます。南八甲田の、この滝をこの角度から見る.....まずもって僕には不可能そうです。貴重な写真をみせてもらっています。山の経験と体力、写真家の眼差しと豊富な技術をもってやっと可能なのでしょう。毎回楽しみにしています。
私はつい最近、山でこけて16針縫いました。やっと月曜日に抜糸。ますます行けない場所が増えそうです。
2006.12.07[Thu]  投稿者:shin  編集  Top▲

>shinさん

しばらくでした、shinさん。
shinさんなら大丈夫、オレより体力ありそうだもの。今度行きましょ、いっしょに。
2006.12.07[Thu]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

南八甲田遠望と竜神の滝 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/332-74e61b5b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。