写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

昨年春、良く行く尻別川の河畔林が大々的に伐採されました。
『邪魔者は排除する』という行政の考えの下で進められたのではないかと感じさせられましたね。
唯一の方向へと進み出したら、何事も危ないですね。
2007.02.07[Wed]  投稿者:Tammy  編集  Top▲

>tammyさんへ

Tammyさん、こんにちは。
尻別川の河畔林が伐採されたんですか?もったいない。
河畔林というのは、だいたいが、開発されたり、氾濫したりした後でようやく復活してきた自然なんですね。何十年もかかって復活した二次林が多いわけです。若木がそろった林姿なんですね。もったいない。犯罪的ですね。
2007.02.07[Wed]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/371-9c18f9ad
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

和に反するものを許さない国民

「近代西洋的な思想」というものに僕は時々かみついているけれど、
かといって日本的なものがベストだとも言っているわけではない。
自然を支配しようという欧米的なものの考え方は破綻しはじめているのはたしかだと思うし、やはり古来の日本的な考え方、自然と折り合いをつけて、つまり自然という全体の一環として人間のありかたを考えていくべきだと思う。それが持続可能な自然と人間社会を作っていくものだと思う。
 それはいい。ただ、生物多様性が大事なんだという考え方にてらしてみると、日本的なもの、つまり「和」という思想というのにも落とし穴が潜んでいると思う。
 それはこういうことだ。
倭の国とか大和とか言うくらいだから、日本人は古来から和を非常に重んじてきたのだけれど、それはいいが、和からはずれた人間には非常に厳しい仕打ちをすること、逸脱することを決して許さないという傾向が強すぎると思う。村八分にされたり、非国民と言われたりする。それはやっぱりかなりまずいと思う。それはいろんなところで弊害になっている。独創的な考えが出にくいとかサッカーだったらストライカーが育たないとか。
 和を重んずる道徳観みたいなものは大事だけれど、個性も認めようというくさびを打っておかないと息苦しい危険なものにもすぐ転じるということを肝に銘じておいた方がきっといい。「美しい日本」とか上の方からやたら言い始めたらちょっと危なくなってきたぞということだね。

 極論すると、和を乱すやつは許さないというのは、多様な生態系という考え方からみても矮小なんだ。なぜ?和を乱すやつはダメという考えは、進歩すること-前に進むというひとつの視点でしかものを考えていないからだ。進歩することはいいと無前提に考えているのは近代以降の人間社会だけであって、自然界とは関係ないことだ。

 和を乱すやつは許さないという周囲の無言の圧力は、日本人なら小さい頃から誰でもいつかどこかで感じて来たことだと思う。
僕は特に、これが小さいころから嫌で息苦しくて、ずっともがいて抵抗してきたような気がする。今の世の中、この傾向がますます強まってきたと思いませんか?「あるある大事典」に」しても、テレビでなにかやるとワーっと群がる。何かミスするとワーっとたたく。

 僕は、自分のホームページのopinionというページで1999年にこういうことを書いていた。

「赤ワインが身体に良いってんで最近そればっかり飲んでいるやつとか、ポリフェノールが老化防止に効くってんでチョコレートをやたら食いはじめたやつとか....。うーん!こいつらバーカじゃなかろうか。マスコミの話はみんな鵜呑みにしてしまうなんて。これも愚民化教育の成果ってわけだ。自衛隊に入れば体にいい、て言えばぞろぞろと入隊し、戦争行って鉄砲撃てば長生きする、ってマスコミがその根拠を学者のお墨付きで報道すればみんな戦争に反対しなくなる、ってのももうすぐだ。...」

 それから8年経って、2007年には教育再生会議とかわけわからんのが出て来てもっと愚民化教育を進めるつもりのようだ。
上から言われたことには礼儀正しく拝聴しなさいと言っているわけで、こんなところで「美しい日本」とか使われたらヘドが出る。教育で再生しなきゃいけないのは、子供達ではなくて、差別体質の大臣や汚職まみれの知事やマスコミをすぐ鵜呑みにしてしまう「おとな」たちではないのか。

2007.02.06[Tue] Post 17:36  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

昨年春、良く行く尻別川の河畔林が大々的に伐採されました。
『邪魔者は排除する』という行政の考えの下で進められたのではないかと感じさせられましたね。
唯一の方向へと進み出したら、何事も危ないですね。
2007.02.07[Wed]  投稿者:Tammy  編集  Top▲

>tammyさんへ

Tammyさん、こんにちは。
尻別川の河畔林が伐採されたんですか?もったいない。
河畔林というのは、だいたいが、開発されたり、氾濫したりした後でようやく復活してきた自然なんですね。何十年もかかって復活した二次林が多いわけです。若木がそろった林姿なんですね。もったいない。犯罪的ですね。
2007.02.07[Wed]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

和に反するものを許さない国民 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/371-9c18f9ad
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。