写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/372-1d88573c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ダケカンバの竒木

ダケカンバ


ダケカンバがねじ曲げられたように変形して、また上に伸びてます。雪のせいですね、きっと。
豪雪や強風に耐えて成長したダケカンバはこのように独特なものが多い。その生命力の強さには感嘆します。平地では、直立した樹林帯もある。
 この写真の場所は、笠松峠を越えて酸ヵ湯温泉の方へ向かうあたりです。4月のゴールドラインが開通する頃でも雪のトンネルで6mにも達するという豪雪地帯です。今年は各地で雪不足が伝えられてますけど、酸ヵ湯の今日の積雪はそれでも315cmありました。青森市は20cmなんですけどね。他で降らなくてもここだけは吹きだまりになってドカンと積もるんですね。
 1立方メートルの雪の重さは、しまった雪でおよそ250kg~500kgにもなるそうでから、このダケカンバには何トンもの重量がのしかかったんですね。

**ダケカンバ(岳樺)**
白樺(シラカンバ)とよく似ているが、シラカンバよりも更に高い高度帯に分布する。また、樹皮がシランカバよりもかなり赤茶色がかっている。この樹皮は殺菌作用があるんですね。切り傷なんか作ったりしたらこの皮の柔らかいところをむしって巻いておけば応急処置になります。焚き火の着火材にも使えますね。樹高10~15mくらい、大きいものは30mにも達するものもある。
2007.02.08[Thu] Post 14:18  コメント:0  TB:0  ダケカンバ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

ダケカンバの竒木 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/372-1d88573c
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。