写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/386-9ce46e1f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

入山準備その2

北日本の天候荒れているようですね。これでまちがいなく八甲田山にもドカンと雪がふるでしょう。そろそろ入山するぞと言った矢先でした。タイミング合ってきましたね。僕の方の準備も煮詰まってきました。

  一番大事なのは、身体の準備ですね。これを怠けると痛い目に会う。
トレーニングが必要。
 僕もあんまり好きじゃないんだけど、やるしかないと痛感した出来事があって、やるようになった。

 山中で体力使い果たして往生したことがあった。それも崖を登っている途中のことです。しかも薮の真っただ中。
 足腰や腕力もヘナヘナでしたけど、一番ひびいたのは握力でしたね。握る力がなくなって登れなくなってしまった。
 早朝から歩きづめで10時間近くも消耗したせいもあるんですけど、やはり三脚とカメラを持ち歩くのに握力を使い果たしたんですね。草付きや低木やネマガリタケの斜面を登るには、4本の手足で2点支持、3点支持で登っていくんですが、握力がないとそのうちの2本が使えませんから、絶望的なんですね。

 ゼイゼイ登りながらそのうち夜にもなって疲れ果ててて,結局僕はどうしたか?
観念したんですね。ロープを出して、低木にくくりつけてすべり落ちないように確保して寝ることにしたのです。
 タープを一枚持ってましたから、それを身体に巻き付けて寒さをしのいだ。ロープとタープのぐるぐる巻きという悲惨な野営!
 写真撮ればよかったなあ!そんな余裕なかったよ(笑)。雨が降らないように祈りながら寝た。素晴らしい夜でした(苦笑)。

 そんなことがあってから、入山前は酒は控えめに体力もつけてからという心がけをするようになったのです。

 で、きのうちょっと多摩川沿いを走ったりしましたが、全然ダメですね。ああ、先がおもいやられる!

 スタジオで、コーヒー入れるあいまにスクワットやるべが...。

 冬

2007.03.12[Mon] Post 11:32  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

入山準備その2 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/386-9ce46e1f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。