写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

やませって、そんなに寒いんですね。5度ですか、驚きました。
2007.07.20[Fri]  投稿者:ksmt  編集  Top▲

ksmtさん。おひさしぶりです。
やませがなければ10度くらいで済んでいると思う。日中は12、3度あります。歩いていれば快適な気候です。
2007.07.20[Fri]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/439-bf746d09
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

現地から3

曲者「やませ」(太平洋からの冷たい偏東風)にやや苦戦気味です。
北八甲田は晴れているし十和田市街も晴れ間が見えるのに、ここ南八甲田だけがすっぽり厚い雲に覆われている。
毎晩シトシトとテント場に冷たい雨が降る。困るのは、干した靴下が乾かないこと。連泊するとほんとに困る。歩く時は濡れてたって構いはしないが寝るときはまずい。夜は5度cくらいになりますからね。(やませが吹くと7、8度寒くなったりします。十和田の実家ではいまだにストーブをたいていました。)あと、焚き火に苦労するのと、岩魚があまり出て来ないこと。
だけど、南八甲田の自然の特殊性を再認識したような気がしますね。こうやって、夏も静かに水を呼び込んでいるのですね。
実は、南八甲田は北八甲田とは形成過程からもちがうのです。火山活動が何十万年も早く終わったのは南八甲田の方なのです。そのせいで北にはない多くの貴重な植生が見られます。
それはともあれ、物事はなかなか思い通りにはいきませんね。撮影計画は変更に次ぐ変更です。
でも、
思い通りには行かないけれど、いや!だからこそ、思いがけない写真が撮れています。面白いですね、これも。


2007.07.19[Thu] Post 20:02  コメント:2  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

やませって、そんなに寒いんですね。5度ですか、驚きました。
2007.07.20[Fri]  投稿者:ksmt  編集  Top▲

ksmtさん。おひさしぶりです。
やませがなければ10度くらいで済んでいると思う。日中は12、3度あります。歩いていれば快適な気候です。
2007.07.20[Fri]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

現地から3 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/439-bf746d09
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。