写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/464-6dc7d290
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

きらめくようなナメの楽園

ナメ

ナメ

ナメ

ナメ

ナメ


座る


まるで赤い絨毯のような美しいナメ滝ナメ床が続いた。まるで楽園のようだ。池塘のことを別称「神の田」というが、この峡谷は、これもまた「神苑」にちがいないと思った。この先にP沼にいたる支沢があった。もう源頭はすぐそこのはずだ。それをたしかめて僕はカメラもザックも脇において源流にそのまま座り込んだ。冷たい水がズボンもパンツもずぶ濡れにして身体の細胞のなかまで入り込んでくるような心地よさだった。ついでにシャツも脱いで洗ってしぼって着直した。脱ぐ時に肩に激痛が走って痛めていたことに気がついてしまった。それでも充実感に満たされていた。山の神に何度も感謝したい気持ちだった。あのクマは神様の使いだったか^^;
どう見積もってもベースキャンプにもどる時間切れに近い。僕は引き返すことにした。走るように下らなければ日が暮れてしまう。

2007.08.30[Thu] Post 13:47  コメント:0  TB:0  源流  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

きらめくようなナメの楽園 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/464-6dc7d290
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。