写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

長沼も赤沼もとってもきれいですね。長沼は春ですか? 黄瀬やちの木道、わくわくしますね。春が待ち遠しいです。
それにしても、「死体」はクマですよね。
2007.11.28[Wed]  投稿者:こけ  編集  Top▲

クマじゃないです

こけさん、おはよう。
クマじゃないんです。人でした。
左欄「月別アーカイブ」の2007年1月をたどれば記事があります。
心臓弱い人は見ない方がいいかも。
安易に山で自殺しようと思うなという警告をこめて書いたつもりです。
たいへんでしたよ、こっちは。4時間かかるところを往復して警察の検死にたちあったわけですから。
 
2007.11.29[Thu]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/520-340c371a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

山上湖への道_1

 十和田湖も山上湖と言ってもいいかもしれない。
十和田湖
十和田湖(ジナーP4×5 ニッコール135mm )

蔦六沼も山上湖に充分に値する。どれもがバラエティに富んでいて美しい。
長沼
蔦六沼のひとつ、長沼。

赤沼
赤沼
赤沼となると、深田久弥もとりあげているが、山上湖としてのすべての条件を満たしている上に、別格の透明度と美しさから格上の湖と言っていい。横沼もアプローチが深く神秘性のある湖だ。

それでも、僕が、八甲田の格別な山上湖をあげよと言われれば、黄瀬沼をあげる。

 櫛が峰、駒ガ峰、乗鞍岳という南八甲田の主峰群に囲まれた高層湿原の真っただ中に位置する。隣接する黄瀬萢は日本最大級の高層湿原で数多くの池塘が点在する。それどころか、この沼自体が巨大な池塘なのではないかと思われる。
黄瀬萢
黄瀬萢
黄瀬萢木道
黄瀬萢の木道
黄瀬萢の池塘
黄瀬萢の巨大な池塘

 アプローチの深さもこの湖の神秘性を高めている。
 かなりの健脚でも4時間はかかるし、猿倉の登山道から沼へ降りてゆく道は2mをゆうに越えるネマガリタケの薮漕ぎが1時間も続く。苦労してたどり着いた分、眼前に飛び込んでくる湖の雄姿は特別なのだ。

 乗鞍から下るルートならばもっと苦闘しなければならない。薮の密生度がちがう。足元すら見えないのでかがみながら、わずかなケモノ道のような痕跡をたどるしかない。誰もが早く抜け出したくなってゲンナリするだろう。赤沼から赤倉岳へのコース、櫛が峰から十和田湖へのコースと匹敵して登山道としてはある意味で日本最強のコースかもしれないね。こんな素敵なコースを整備しろという意見には僕は反対だ(笑)。もっともそれは「登山道としては」の話であって、登山ルートをほとんどたどらない僕としては、一週間も野営しながら南八甲田をゆけばかならず一度や二度はもっと絶望するような薮地獄に迷い込んでしまうのは多々あるのだからたまらない。何度経験しようとも慣れっこなどとは言えない。雪山でホワイトアウトに遭遇した時と同じぐらいにゾッとする。2m先が前後四方まったく見えないのだからホワイトアウトと状況はいっしょなのである。しかもホワイトアウトとちがって待っていても視界が良くなることはない。ネマガリタケのタケノコはクマの好物でもあるし、薮漕ぎの最中にけものの臭いがしてきた時にはクマの恐怖とも闘わなければならない。耳と鼻を最大限に効かして、ひとりで歌でもうたって、平泳ぎのようにタケをかきわけながら愉しんでとにかく前に進むしか方法はない。

 人間なんてほんとに微力だと思い知るのはこういう時である。

 ネマガリタケは南八甲田の最奥部では3mにも達するものもある。その太さは親指とひと差し指で輪を作ってもつかみきれない程にもなる。一時間格闘しても200mしか進めない時すらある。そんな薮をクマならけた違いのスピードでずんずん進んでゆく。まともに格闘したらクマに人間はかないっこないのだ。時々ニュースでクマを撃退したというのがあるけれど、よっぽどへたっていたクマや子グマで、でなければ誇張された話ではないかと思う。

 黄瀬沼へ行くにはもうひとつの最難関のルートがある。
黄瀬川源頭部
黄瀬川源頭部

黄瀬川を遡行することだ。僕がこの7月に踏破したコースだ。川で野営しながら丸二日要するコース。大小24の滝やゴルジュを越えなければならない。松見の滝の上流はクマの営巣地でもある。現実に滝の上下で僕とクマは接近遭遇した。去年死体を発見したのもこのあたりだ。直登できない滝を巻いてゆく時、滑落寸前まで行ったり、滝壺に落下したりもしたコースでとても人にはすすめられないが(笑)、覚悟があるならこれほどワクワクするコースはない。

黄瀬沼へ続く。



2007.11.28[Wed] Post 20:21  コメント:2  TB:0  湖沼  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

長沼も赤沼もとってもきれいですね。長沼は春ですか? 黄瀬やちの木道、わくわくしますね。春が待ち遠しいです。
それにしても、「死体」はクマですよね。
2007.11.28[Wed]  投稿者:こけ  編集  Top▲

クマじゃないです

こけさん、おはよう。
クマじゃないんです。人でした。
左欄「月別アーカイブ」の2007年1月をたどれば記事があります。
心臓弱い人は見ない方がいいかも。
安易に山で自殺しようと思うなという警告をこめて書いたつもりです。
たいへんでしたよ、こっちは。4時間かかるところを往復して警察の検死にたちあったわけですから。
 
2007.11.29[Thu]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

山上湖への道_1 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/520-340c371a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。