写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/535-7cdb2790
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

連爆_6

遡行はまだ終わらない。
晩秋の日はすでに傾きかけている。
そして最後の滝(と思われた)。
ほんとに最後にもっとも大きな滝があった。
下から見える部分で13mくらいだが、奥につれて狭くなり3段4段の滝が隠れている。

「これは無理だな」

あきらめと安堵の交錯した気持ちがふと湧いてくる。

あそこを突破するのは、夏に100%シャワークライミングを覚悟しなければ無理だろう。高巻くにしても両岸は絶壁で、かなり下ってからでなければむずかしい。

すごいなあ。
こんな支流で撤退を余儀なくされるとは。
感謝と畏怖の念に満たされて、滝の正面の岩に腰をおろした。
U川の滝


U川の滝

U川の滝



帰り際に突如として(別れを惜しむかのように)強い日が射してきた。

U川の滝



その強い日差しは、滝にスポットをあてた後、一瞬にして左に流れて崖を照らしながら登って行った。山の神様が、日があるうちに早く帰れと言っている。
2007.12.16[Sun] Post 10:05  コメント:0  TB:0    Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

連爆_6 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/535-7cdb2790
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。