写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/562-f6d447af
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

厳冬の沢へ

冬の沢


2008.1.7AM7:00

夜が明けて晴れていたので森の奥へ入ることにした。
この雪なのでラッセルに苦労するだろうけれど、でも雪のおかげで薮漕ぎがなくなるわけで、
歩きだけを考えたら冬の方が楽かもしれない。
問題は天候と雪崩なのだ。
沢雪崩は、実はけっこうやっかいだ。
これぐらいの小川ならまだ雪屁を注意すれば済むけれど、峡谷に入れば雪崩の頻発地帯になる。
非常に危険でマタギや山人なども厳冬期には谷へけっして降りるなと言ったりします。十二分の慎重さが必要です。

冬の沢


ひんぱんに突風が舞うが、10分ほど我慢して待っていたら一瞬だけ風がやんだ。
風がないとまるで別世界のようで、雪に埋もれていても暖かさを感じる柔らかい風景が垣間見える。
獣の足跡があちこちに見られる。うさぎの足跡とはちがうので、キツネ、狸、テンの類いの小動物なのだろう。
クマやヘビやヤマネなどはすでに冬眠していると思うが、これらの動物は厳冬期でも頻繁に活動しているのがわかる。
この、足跡から野生の生態を追跡していくことをアニマルトラッキングと言います。機会があればじっくりやってみたいなあ。

冬の沢



2008.02.13[Wed] Post 19:22  コメント:0  TB:0    Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

厳冬の沢へ のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/562-f6d447af
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。