写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/574-80796fd2
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

冒険してみよう

 こういう物言いをするとなにかカッコ悪くて恥ずかしいかのような風潮が最近ありませんか?そつなく安全にだけ生きていこうというちぢこまった生き方。

「リスクを冒さない人生って楽しいのか?」とオシム監督が、思い切って攻撃に参加しようとしない選手に向かって言ったそうです。

 まったくその通りです。

 僕はこの一年、リスクをともなう撮影行を何度か試みました。

 たかが写真だけれど、厳しくも美しい自然の、見る人の心を動かすような写真を撮ろうとする時に、ただ安全にだけ行動してそういうものが撮れるのだろうか?
 人があまり入り込めないところだからこそかつて見たことのない風景がそこの存在するわけだし、そういういまだきちんと記録ー表現されていない未踏の風景があるのならそれを撮影することは価値あるものにちがいないと僕は思う。
 そこらへんにどこにでもある見慣れた風景を、技術とセンスとかいうものだけで表現する写真があったとしても決して否定はしないが、それだけでははっきり言っておもしろくないじゃないですか。
 言い方を変えると、
自然というのはもっと奥深いのよ、もっと奥深く入ってきてごらん、もっと見せてあげたいほんとうの美しい、驚くほどの多様で豊かな姿があるのよ、と山の神に誘われたような気がしたのかもしれないですね。
 安全にだけ生きようとして、挑戦も冒険もカッコ悪いかのような、そんなヘタレの言い訳の類いだけは吐くまいと僕は思う。だから誰々に対して言っている訳ではなくて自分に対する戒めなのです。大事なところで勇気を出し冒険する心がなければ決して山の神様はその美しい姿を見せてはくれないのだと。

 僕がいつもそういう勇気ある決断を下しているかというと決してそうではなくて、逆に躊躇した決断をいっぱい犯していて後々何度も後悔しているからこそ、勇気を出さなければならない瞬間が必ずあると考えるようになったのだと思う。

 山では規則や倫理というものは何もない。山と自分だけの関係がある。注意を怠れば事故や遭難に見舞われるという緊張関係がある。自然と調和できれば楽園に住むような平和的関係になる。
 平和も緊張も全て、自分ひとりの判断、心がけ、準備などがもたらすものである。言い訳などできないし、その関係に曖昧さなど入り込むはずもない。
 幸運であったとか不運であったとかそういう要素はあまりないと思う。
 運不運の要素が大きいように思える雪崩ですらそういう要素が入るのは事故が起こった後の段階の話であって、事故以前にほとんどの場合、判断、心がけ、準備を怠らなければ避け得ると思われる。雪崩が起きる地形、気象などの条件というものは限られている。その条件というものを全て消していけばほぼ事故を回避できる。

 たぶん理論的にはまちがっていない。

 それでも不確定要素は必ず入り込んでくるものだということは否定できない。それを否定するほど僕も傲慢ではない。疲労が重なれば判断力もにぶるし、疲れていてついコースをショートカットしようとか危険なコースを選んでしまうとかして危険を自ら招き入れることは僕もさんざん経験している。

 やってはいけないという頭ごなしの規則とか倫理というものはないのだ。だけれども「やってはいけない」ことをすれば身を以て罰せられるし、窮地に陥るのだ。机上の論理や学説などは何の役にもたたないし有害ですらある。

 そういうことを僕は理解しているつもりだ。それでも理屈というのはいつでも言い訳なんだよね。理論というのはいつでも現実の歴史から遅れて構築される。そういうことは特に山ではもっと直裁的に現れる。科学や理論ではなくて本能や直感が大事なんだ。野生動物たちに科学や理論などありっこないがきちんと危険を回避できるんだから。人はそういう野生の力を失ってきたんだよね。それは「科学」という言葉を持ってして本能とか直感というものを排除することによってよけいに加速されてきたのだと思うわけです。

 理性や経験を否定するわけではけっしてなくて、野生の力もどこまで取り戻せるのかどうかも試してみようと思ってるわけです。まあ、思い込みと言われてもしょうがないけど僕自身はそういう力を幾度か感じたことがあります。根拠を示せと言われてもどうにもならないのでまあ適当に笑ってください。そういうことも考えながら今回も入山してきます。ではでは。

滝の氷結






2008.03.06[Thu] Post 13:56  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

冒険してみよう のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/574-80796fd2
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。