写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/582-284082d5
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

EOS1DsMark III のテスト

1D Mark III と比べて、はっきりとちがうのは、ライブビューの動作だ。
1Ds Mark III の方は、ミラーショックの影響がまったくないこと。

1D Mark III のライブビュー撮影では、わずかだがミラーショックがあり、画像にもそのブレの影響があるということに僕は気づいていて、今までそのことに注意しながら撮影してきた。
つまりミラーショックの影響がある低速シャッターの場合には、ライブビュー撮影をやめて通常の撮影にもどりミラーアップして撮影してきたのある。例えば、EF24-105mmF4ISの場合ならば、シャッターが1/125より遅いシャッターの場合は通常撮影にきりかえていたのである。

ミラーショックがこれだけ画像に影響を与えているという事実に気がついている人は案外に少ないと思う。これは簡単なテストですぐわかる。スタジオなどでリモートライブビュー撮影を使ってテストをすればいい。自分の手持ちのカメラとレンズのミラーショックの限界点がわかる。
三脚とレリーズを用意し、通常撮影、ライブビュー撮影、ミラーアップ撮影の三点をチェックすればいい。
1D Mark IIIでは、この3点とも撮影結果が異なる。(ミラーアップがベスト、ライブビューはわずかにブレ、通常撮影はかなりのブレという結果)

1Ds Mark IIIでは、ライブビュー撮影とミラーアップ撮影は同じ結果である。


 キヤノンの川名さんに聞いたところによると、この新しいシステムは、シャッターオープンのままレリーズされ、シャッター後幕で遮光する、という機構だそうだ。1Dの時はまだ開発が追いつかなかったらしい。
この改善は、低速シャッターとライブビュー撮影を多用する風景写真家にとっては非常に重要な改善と思う。ストロボでライブビューの場合は関係ないが。

それともうひとつ僕が気がついた部分。
1Ds Mark IIIでは、絞りF11でも回折の影響による画像悪化が見られなかったこと。(EF24-105mmF4L,EF17-40mmF4Lとも。)
他のデジカメ(キヤノンにしろ他のメーカーにしろ)ではほとんどのレンズでほぼ判を押したようにF8が解像のピークでそれを越えると画像がもやっとしてくる。
1DsではそれどころかF11の方がいいように見えるし、F16でもそれほどの悪化は見られない。(100%拡大してわずかに影響が確認できる)

2008.03.31[Mon] Post 17:27  コメント:0  TB:0  デジカメ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

EOS1DsMark III のテスト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/582-284082d5
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。