写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/583-a7e449cc
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

冬の山行食

野食


ソーセージの水煮、アルミ缶の地酒を飲み干した後に味噌汁、サカタのアルファ米にスパゲッティ用の明太子ソースをかけたもの。
 キャンプのはじめの頃はけっこう贅沢な食なのだ。冬は山菜も岩魚もキノコもなにもないので野宿を重ねるにつれだんだんと侘しくなってゆく(笑)。
 日本酒も初日だけの贅沢。重量がかさむのでアルコール度数の強いスコッチとか焼酎の方が多い。しかも今回はマグカップを忘れてしまったので入山前に、カップの代用にするためにコンビニでこのアルミ缶のにごり酒を買ったのだ。にごり酒を飲みたかったというのもある(笑)。
 サカタのアルファ米は究極の携行食かもしれない。これは2食分入っている。お湯を注いでジップをしめておくだけで15分でできる。水でも30分でできる。これにスパゲティ用のソースを使うとけっこういけるというのは僕のアイデアである。明太子が一番いける。イカ墨やバジルソースでもまあまあだ。これが2食分あるというのが使えるのだ。朝にお湯を注いで半分だけ食べる。残りはジップをしてポケットにしまい込んでおく。昼ごろ、これに水を入れてポケットに入れたままで30分ほど持ち歩くのだ。そうするとまた少し生温いメシにありつけるというわけだ。昼はこれにごま塩だけとか味噌だけとかつけて食べるわけだ。昼はそんなもんでじゅうぶんだ。
 もっともアルファ米を使うのは冬が多い。火が焚けないことが多いからね(夏は焚き火をして米を炊く)。コンロでも炊けないことはないが気温が低すぎてガスを消費しすぎるので×だ。3分でできる細めんのスパゲッティとか乾麺の方が早くできていい。

 山で野営を続けると、食というのは生死に直結するものだという、街ではすっかり忘れかけていることを思い出させてくれる。というか、普段いかに飽食なのかという事実に気がつく。去年の7月、長雨に山中深く閉じ込められて野営を続けていた時、最後のころは携行した食料は米とごま塩しかなくなっていたけれど、岩魚も捕れたしミズもフキも野イチゴも採れた。だから下山をあせったことはなかった。南八甲田の山は豊かなのだとつくづく思う。酒とタバコが切れたのでしかたなく山を降りた(笑)。僕もまだまだ俗物であるか^^;
2008.04.01[Tue] Post 10:31  コメント:0  TB:0  キャンプ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

冬の山行食 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/583-a7e449cc
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。