写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/591-f83f41cd
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

暴風の贈り物

4月28日、とんでもない暴風が吹き荒れて、ベースキャンプのテントが壊れてしまった。
まあベースキャンプに使っていたのは、山用ではないしたいして頑丈とは言えない代物だったけれど、ポールが中の芯ごとアルミまでぽっきりと何カ所も折れてしまうとは思わなかったなあ。
 それほどの破壊力を持った暴風だった。
 僕は暴風を前日の午後から予想していたので、テントの中に川から拾い上げた大きな石を6個も入れて対策をとっていたのだ。もしそれをしていなかったらテントごと僕も吹っ飛んでいたかもしれないね。
 暴風は滞在中に2度襲ってきた。後日新聞報道を読むと、平野部で風速27mと出ていたので、このあたりでは瞬間的に30mから40m近くにも達していたかもしれない。最近の嵐は激化していて恐ろしい。これもまちがいなく温暖化の影響だろう。3月にもジッツオの三脚が折れるという目に会っている。
テント

テント


結局、このテントはジ・エンド。奥地で使う携行用のテントをベースに張った。
テント


下が、今回買い替えたソロ用のテント。ダブルウォールで1.2kgという
すぐれもの。インナー、フライシートの一体型設計なので設営も撤収もすばやい。Hilleberg製。一般テント素材の4倍強度がある引き裂き強度12kgを誇るKerlon1200を使っているので強度も十分。アライやモンベルの同クラス製品の倍くらいの値段がするけれど、まあ僕の場合、年間の1/4くらいはここに「住む」わけだから、家賃と思えば安いとも考えられる^^;
テント


暴風の後、ブナ林で。
ちょっとお目にかかったことのない風景。冬芽と新葉がごっそりと落ちて雪の上にちりばめられていた。
ブナ林の暴風明け





2008.05.22[Thu] Post 13:06  コメント:0  TB:0    Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

暴風の贈り物 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/591-f83f41cd
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。