写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

巨木の森も....

どうも....しばらくぶりでした
最近とみにやなニュースで、2100年には白神のブナ林はなくなる...との予測がスーパーコンピュータにより発表されてました
日本の森も着実に変化してきているのでしょうね
その辺、伝えてください
2008.05.31[Sat]  投稿者:shin  編集  Top▲

>shinさん

ブナの衰退は深刻ですね。
去年も、ブナシャチホコの食害という事件があって、夏頃にブナの葉っぱの大部分が枯れ落ちるという被害が広範囲で発生しています。
「これは定期的に発生するものだ」としたり顔で報道するマスコミはかなり問題ですね。「定期的に発生」するものだけれども、その規模が自然的なサイクルの規模を越えて甚大になっていることが大問題なんだけれど、それを伝える視点と足で検証する姿勢がない。
 写真家サイドも問題ですよ。地上波デジタルの映像なんてもっとひどい。「美しく」見える画像に処理するというのが主眼で、あれはもうドキュメンタリーじゃないですね。
 この問題は、そのうち「自戒」の意味も込めて時期を見定めながら書こうと思ってます。
2008.06.02[Mon]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/601-f1af6c0d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

自然が与えてくれる二つのもの

ミズバショー

2008.4.19/EOS1DsMark III

 不安をおぼえるような、あるいは自然への畏怖の念を抱かせるような古老の巨木達の写真ばかりを連載していると息苦しくなるのかもしれないので、少しなごむような写真をのせました。これは次の日に歩いて撮った風景。

 きれいな写真ややさしさを感じさせる写真だけを撮るのでは片手落ちで、それではきちんと自然の風景を伝えることにはならないという気持ちが僕の中にはあるので、きれいな写真美しい写真ばかりオンパレードという現状に対するアンチの気持ちが少し出過ぎているのかもしれないね、最近の僕は。

 ただ僕の中では、自然の中にある相対立する両面の本質=美しさと厳しさ、人間が自然に対して抱く両面のもの=癒しと畏怖、というものをバランスをとって伝えていこうという気持ちがあるんですが、現代人は疲れているから厳しいものを見たくない、癒しと美しさだけを求めているのかなあと思ったりもしますが。

ミズバショー


 深い霧の森を歩いていてスーッと前方のモヤが明るくなってそこだけ神々しく日が射すことがある。いつも一瞬なのだがこの日はカメラを構えられるぐらい長く続いた。流れるようなライティングが遠方のミズバショーまで照らして遠ざかりフェードアウトしていった。完璧なショーを見ているようだった。
2008.05.29[Thu] Post 17:54  コメント:2  TB:0  ミズバショウ  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

巨木の森も....

どうも....しばらくぶりでした
最近とみにやなニュースで、2100年には白神のブナ林はなくなる...との予測がスーパーコンピュータにより発表されてました
日本の森も着実に変化してきているのでしょうね
その辺、伝えてください
2008.05.31[Sat]  投稿者:shin  編集  Top▲

>shinさん

ブナの衰退は深刻ですね。
去年も、ブナシャチホコの食害という事件があって、夏頃にブナの葉っぱの大部分が枯れ落ちるという被害が広範囲で発生しています。
「これは定期的に発生するものだ」としたり顔で報道するマスコミはかなり問題ですね。「定期的に発生」するものだけれども、その規模が自然的なサイクルの規模を越えて甚大になっていることが大問題なんだけれど、それを伝える視点と足で検証する姿勢がない。
 写真家サイドも問題ですよ。地上波デジタルの映像なんてもっとひどい。「美しく」見える画像に処理するというのが主眼で、あれはもうドキュメンタリーじゃないですね。
 この問題は、そのうち「自戒」の意味も込めて時期を見定めながら書こうと思ってます。
2008.06.02[Mon]  投稿者:iwaki  編集  Top▲

TRACKBACK

自然が与えてくれる二つのもの のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/601-f1af6c0d
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。