写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/606-9a5dd5cb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

傷の手当

傷の手当


 あやまってナイフで指を切ってしまった。
僕は救急パックのようなものを持っていかない。ほとんど使ったことがないので携行するのを何年も前からやめてしまったのだ。
 で、こういう時は、手ぬぐいを破いて包帯を作り、ヨモギを薬草に使う。高山帯に行ってヨモギがない時はダケカンバの樹皮を使う。ヨモギは草に水をつけてそれををしぼって傷口に塗るだけだ。
 ナイフでけっこうザックリ切ったけれど、午前中歩いているうちに傷口はふさがってしまった。市販薬よりもよっぽど強力なのである。ヨモギはヤブ蚊よけにも役立つし、ヤマビルにくわれたときの血止めにもなる。大量のヨモギをテントや焚き火のまわりで燃やしてくすぶらせておけばよい。ヤブ蚊はさーっといなくなってしまう。

 日本手ぬぐいというのは山では、非常にいいものなのである。軽いし、濡れても絞れば薄いのですぐ乾く。タオルではこうはいかない。包帯にもなるしバンダナにもなる。帽子がない時は「ほっかむり」すればいい。岩魚を刺し身にする時に身をふく時にも役に立つ。岩魚はあまり水で洗ってはまずくなるのだ。

 日本の古来からの文化、自然の恵みものを大事にしたい。なんでもかんでもすぐ金を出して揃えてしまうというのはやめようーこの考えはほんとのところのエコにちがいない。みんなが少しばかりの「快適さ」(=に感じるけれどもほんとはそれほどでもないこと)をけづっていこうということではないかな?とか思ったりします。

2008.06.05[Thu] Post 09:58  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

傷の手当 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/606-9a5dd5cb
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。