写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/622-c01295ef
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

高温続いて異様な森

フキノトウ


この葉っぱは、ミズバショーのなれの果て。見たのが初めての人は信じられないでしょうが、そんなことよりもこれが5/11であるという方が僕には信じられない。こんなのは6月末の光景だ。
下写真は4/23の写真。これ自体も例年より2週間は早いが、その後さらに加速したようだ。5月の連休の八甲田はまるで初夏のような暑さだったからね。これをフェーン現象のせいだとする解説はナンセンスとしか言いようがない。一つ一つの現象だけを取り上げて解説しても意味がない。
ミズバショー


下写真は、2006年6/7の写真。これと比べてもひと月は早いことがわかる。
もちろん、場所がちがうので正しい比較にはならないのは承知しているが、ミズバショーの葉っぱがこれだけ開いたときの写真があまりないのだ。そう!この写真も時期はずれに大きくなってしまったのであえて写真を撮ったわけで、ここ10年で八甲田も急激な温暖化がすすんでいることがわかる。
ミズバショー


今年はフキノトウもあっというまに開いてしまってまるでかわいげがない(苦笑)。2008.5.6ふきのとう




2008.06.26[Thu] Post 11:42  コメント:0  TB:0  環境問題  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

高温続いて異様な森 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/622-c01295ef
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。