写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/633-238c6230
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

春の源流を遡上する

残雪の沢

2008.5.10

残雪がまだ深いこの季節に沢を遡上するのは危険が多いが、今年は20日以上も雪解けが早い。ならば行ってみよう。いつもと違う風景に出会えるかもしれない。慎重に足下をたしかめながら登って行った。
残雪の沢

4月25日に入った時、この川は完全に雪の下にあった。2週間で2mも雪が融けたのだ。こんなのは普通はありえない。今年の異常気象は度を超えている。
残雪の沢

これだけの雪解け水があるのに水が濁らないのは奥山の自然の深さなのだろう。ブナの森の保水力の強さと一方で湧水の多さのおかげだ。芽吹きの淡い緑と澄んだ水の色に心が洗われるようだ。ミズバショーを縫うように岩魚が走った。ワクワクとして爽快な気持ちに包まれた。5ヶ月に及ぶ冬を越して生き物たちが躍動し始めた源流の春。この後、1時間あまりの遡行でこの沢は高田大岳の中腹で完全に雪の中に伏流してしまった。


2008.07.15[Tue] Post 12:39  コメント:0  TB:0  源流  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

春の源流を遡上する のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/633-238c6230
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。