写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/661-b43e04cf
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

赤倉岳、赤沼その七

赤沼
EOS5D 17-40mmF4L

赤倉岳(北八甲田にも赤倉岳があるのでここは南部赤倉岳とも言われる)は、標高1280mしかないが、登頂は薮が深くかなり厳しい。右側からも左側からも行けるが、赤沼の奥からまっすぐ登ると標高800mくらいで断崖にぶちあたっていけなくなる。そこからトラバースする手もなくはないが、薮が密集している上に巨岩もゴロゴロころがっていて難解。落石の跡もある。森の巨岩帯は異様な光景であった。なぜ撮らなかったのかと悔やむ気も残るが、当時はそれどころではなかった。1時間も苦闘して横に100mしか進めない状況でとてもカメラをザックから取り出す余裕がなかったのだ。結局その日、僕は赤沼の岸で野営することになった。
  モリアオガエルのガッ、ガッ、ガッ、ガッ、、、という鳴き声がやかましい夜だったが、奴らも盛りついててしかたねえなとひとり寝酒を飲む(苦笑)。

赤沼


2008.09.24[Wed] Post 13:52  コメント:0  TB:0  八甲田山歩きの旅  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

赤倉岳、赤沼その七 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/661-b43e04cf
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。