写真家の山暮らし

Photos of Japan north country and the Photographer’s Journal 南八甲田の麓、奥入瀬川のほとりの山のスタジオからNature Photoを添えて日誌を綴っています。2012.3.11に恵比寿のスタジオをこちらへ移転しました。

最近のtwitter

TwitterPowered by 119

最近の記事+総記事数

FC2カウンター

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter

Follow us on Twitter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/675-6481c78e
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

荒ハバキと日高見の国

東北地方は、古代ー中世ー近世を通じて蝦夷(エミシ)の国と呼ばれていたわけですが、
もちろんこれは中央政府側ー西の国の人々の蔑称なわけです。正式には陸奥の国ということが多いけれど、これもまた、道の奥=みちのく、という言葉の流れからとってつけたと差別的な用語でこれも大和朝廷側の名称なわけです。
 当時の大陸=宋の国の古書には、日本の東北地方のことを「日高見の国」と記されていて、大和の国とは別の国として認識されていた。日本書紀にも出てきます。「武内宿禰が東国を巡視し、東に日高見国がある。蝦夷が住んでおり、土地は肥沃で広大である。征服すべきであると報告した」とあります。

こういう史実をひも解くことは、現在の東北の自然や文化を語る上で、避けて通ることのできない問題を含んでいるからで、まあ、たまにはぼくにつきあって読んでいってください。


蝦夷(エミシ)というのはもちろん朝廷側の蔑称なわけですが、古代東国の人々がなぜこれほどまでに、いわれなきほどの差別を西国の人々から受け徹底的に蹂躙され続けてきたのかというのはかなり疑問なわけです。蝦夷の女たちはことごとく犯され男達は奴隷として捕らえられ孚囚とされて柵の中に閉じ込められた。反抗する者たちは蝦夷(エビス)となって何百年にもわたってゲリラ戦を挑んできたわけです。

これは大和朝廷が、外国を夷荻(野蛮人)と呼んで東夷、西戎、南蛮、北荻として差別した中華思想を模倣をしたというのもあります。チンケな公卿のサル知恵と言ってもいい。これを日本にも適用しようとしたわけです。

それにしても、例えば西方の朝敵、隼人族や熊襲に対するよりもずっと激しい敵意と差別をもってあたったような気がします。それはただ単に、国家統一の過程で暴力的な統一を進めたという政治的理由だけではなく、さらに金と馬という重要な資源奪取という経済的な理由だけでもない、それ以上に理由があったのではないかということです。

なぜか?

一つの推測として、
天孫系=蘇我氏勢力と対抗して破れ、東北に逃れ住んでいた物部氏にも関係しているのではないか?というのがあります。



物部氏は古代において、蘇我氏(前述の武内宿禰などは蘇我氏と言われている)の主張ー仏教を取り入れて天皇を中心とする中央集権国家をつくるべきという意見、に徹底して対抗した勢力と言われている。物部氏は、地方分権もしくは連邦制のようなものを主張し、仏教ではなくて地方の多神教をそのまま残そうという意見だったようです。

物部氏は権力闘争に敗れて東北に逃れるわけです。つまり天皇ー大和朝廷統治を否定した許すべからざる勢力だったわけですね。この物部氏が朝廷に対抗する蝦夷勢力を陰で支援していたというわけです。

物部氏に関係すると言われているのが、東北各地に散在するアラハバキ(荒覇吐)の神という民俗信仰ですね。アラハバキは製鉄と黄金の神様です。製鉄技術は物部氏が持ち込んだ。これは後に南部鉄器につながってくる。強力な蝦夷刀もこの技術のおかげです。金は東北各地で産出していた。義経伝説のあたりで「金売り吉次」という商人が登場しますが、これは代々東北の金山の頭領だったようで、これも実は物部氏そのものではないかという説すらあります。岩木山は実はアラハバキのご神体とも言われています。

安倍氏もアラハバキ信者であったと言われています。衣川に磐神社というのがありますが、これがそうです。この荒神社は、東北各地に100近く存在するようですが、鎌倉政権以降はかなり弾圧されて縮小の道をたどりその後こっそりと隠れるように存在し続けたようです。

この荒神社ですが、僕は今回散歩してそれらしきものを偶然見つけたのです。東山の実家からほんの20分くらいのすぐ近くにありました。
荒ハバキ神社
PowerShot G9

地元では、「荒神様」と言っているがどうも荒ハバキではないかと思います。「火産霊神社」と名乗ってました。火産霊!どうみても製鉄ですね。もちろん真偽は不明。ただの推測ですが。
荒ハバキ神社
口上を読むと、ご祭神として、火産霊神(ホムスミノカミ)、大己貴命オオナムチノミコト(注。これは大国主神オオクニヌシノミコトの別名)、素戔嗚命(スサノオノミコト)、軻遇突智命カグツチノミコト(注。これも火の神)、天目一筒命アメノヒトツツノミコト、国常立命クニトコタチノミコト、とあります。ただこれは昭和以降に立てられた札ですから伝承から近代人が書き起こしているわけで、これ自体はうのみにするわけにはいかないのだけれど。
荒ハバキ神社
境内にはいくつもの岩が列挙してある。
「古峰神社」とは鹿沼市にある神社ですね、たぶん。「大国の神」もある。「庚申」とは干支のことか?庚申は、Wikipediaによると「庚申は干・支ともに金性である」とある。不明。
「黄金山」とあるのは、宮城県小田郡にある黄金山神社のことか?
この神社は東北の神社では重要です。日本で最初に金を産出したとされる小田郡に設けられた神社。天平21年(749)当時の陸奥国守百済王敬福が、小田郡産出の黄金(砂金)900両(約13kg)を朝廷に献上した。この金が世界最大の金銅仏(銅に鍍金して仕上げる仏像)である東大寺の大仏 に使われた。天皇は宣命を発して大いに喜び、年号を「天平」から「天平感宝」へと改めたほどだ。この時期あたりからはげしく大和朝廷側の東北侵攻が始まったわけです。 いやあ、古代史の回廊をめぐっているようでおもしろい。

荒ハバキ神社
これはいったい何だろう?社殿の正面に飾ってあった。鉄製の剣か何かではないか?とすればますます製鉄の神である荒ハバキであるように思える。


荒ハバキ神社
神社のすぐ前に、ぞくっとするようなそれらしい雰囲気たっぷりの古木がありました。遠くから見てすぐハッと気づくほどの異様な気を放っている見事な古木でした。まさしく妖木ですね。素晴らしい。
荒ハバキ神社
別に僕は信者でも何でもないのですが、歴史をたどる上で民俗信仰というのは重要な手がかりだからです。浅はかで的外れな言いがかりはやめるように、ぶ~やのS君(笑)

2008.10.28[Tue] Post 10:25  コメント:0  TB:0  日誌  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET
※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

荒ハバキと日高見の国 のトラックバックアドレス
http://iwakino.blog15.fc2.com/tb.php/675-6481c78e
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。